ソード・フィッシュ

「ソード・フィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ソード・フィッシュの紹介:政府の麻薬取締局の闇資金95億ドルを略奪計画を企む闇組織に、天才ハッカースタンリーは意に反したまま巻き込まれるていく、「マトリックス」のジョエル・シルバーが製作したVFX駆使するサイバーアクションの超大作。

映画「ソード・フィッシュ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ソード・フィッシュ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ソード・フィッシュの主な出演者

ガブリエル(ジョン・トラボルタ)、スタンリー(ヒュー・ジャックマン)、ジンジャ―(ハル・ベリー)、ロバ―ブ(ドン・チーゲル)

ソード・フィッシュのネタバレあらすじ

【起】- ソード・フィッシュのあらすじ1

かつてはNO.1ハッカーとして活躍したスタンリーは裁判で有罪受け高級取りの仕事には就けないまま、妻子にも逃げられ自由気ままにトレーラーハウス暮らしをしていました。ある日そんな彼の元に怪しいセクシーな女ジンジャ―が現れ、仕事を持ちかけます。彼はあまり乗り気ではありませんでしたが、子供との暮らしを夢見ていたので、お金を積まれると言われるままに依頼人へと会いにいきます。

【承】- ソード・フィッシュのあらすじ2

大邸宅で怪しい男ガブリエルに面会するスタンリーは、仕事の依頼がアメリカ麻薬取り締まり局の闇資金95億ドルをハッキングによって海外口座に移すことだと告げられます。スタンリーはその仕事に乗り気にはなれませんでしたが、実はジンジャ―がDEA捜査官であり、捜査の成否は彼のハッキングの成否に掛っていると告げられ、またこれが成功すれば彼が娘とも幸せに暮らせるはずと説得されます。

【転】- ソード・フィッシュのあらすじ3

実はある黒幕の上院議員の密命で行動していたガブリエルでしたが、その大胆な行動にFBIが捜査を開始します。不安を抱いた議員は彼の暗殺を企てますが、逆に殺されてしまいます。もはや計画の目的を失ったはずのガブリエルでしたが、スタンリーに実はすべては対テロ組織立ち上げの資金を得るためだ明かします。それでもスタンリーは納得できないままに、彼らの銀行強盗に巻き込まれていまいます。そして娘を人質にとられた彼は闇資金の海外送金を脅迫され、それを止めようとしたジンジャ―は殺されてしまい、スタンリーは娘を救うため否応なくハッキングによって送金を完了させます。

【結】- ソード・フィッシュのあらすじ4

銀行に立てこもっていたガブリエルは人質に爆弾を背負わせ、バスでの逃亡劇を始めます。四面楚歌の彼にスタンリーは逃亡の可能性がないと諭しますが、彼は聞く耳を持たず、人質を乗せたバスはヘリに吊り上げられダウンタウンへと向かいます。そしてスタンリーは難を逃れ助かりますが、ガブリエルはヘリと共に奈落の底へ落ちてしまいます。彼の遺体も見つかり、スタンリーは娘との生活を取り戻し、事件は一見落着に見えたましたが、実はすべてはガブリエルの計画通りだったのです。彼の死体は偽物で、ジンジャ―も捜査官などではなく生きており、二人揃ってその資金と共に闇に消えていきます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ソード・フィッシュ」の商品はこちら

ソードフィッシュ [Blu-ray]