トリック劇場版 ラストステージ

「トリック劇場版 ラストステージ」のネタバレあらすじ結末

14年間続いたトリックがついに完結!自称・超売れっ子実力派マジシャン山田奈緒子と自称・天才物理学者上田次郎が初めて海外へ飛び立ちトリックを暴きます!

映画「トリック劇場版 ラストステージ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「トリック劇場版 ラストステージ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

トリック劇場版 ラストステージの主な出演者

山田奈緒子(仲間由紀恵)、上田次郎(阿部寛)、矢部謙三(生瀬勝久)、秋葉原人(池田鉄洋)、山田里見(野際陽子)

トリック劇場版 ラストステージのネタバレあらすじ

【起】- トリック劇場版 ラストステージのあらすじ1

上田はある人物から海外の秘境に行ってレアアース採掘のために力を貸して欲しいと頼まれる。依頼者の会社が採掘権は取得しているのだが、その土地に居る呪術師が絶対に他の土地の者に荒らさせてはいけない、聖なる土地を渡してはいけないと言っているらしく、原住民が立ち退かずに困っていると言うのだ。

【承】- トリック劇場版 ラストステージのあらすじ2

上田は山田に助けを求める。呪術師のことは伏せたまま、タダで海外旅行に行けるとそそのかす上田。喜んでついて行く山田。そこには呪術師と依頼人の罠が仕掛けられていました。トリックを暴こうと奔走する上田と山田。ついに四人の死者が出てしまいます。しかもその四人は全員採掘に関係している人々でした。

【転】- トリック劇場版 ラストステージのあらすじ3

ついに山田はトリックを暴きます。呪術師は呪いで殺したのではなく、豊富な知識を駆使して殺害を行っていました。しかもその共犯は依頼人。村を守るために村人にひどい仕打ちをした日本人を殺害していたのでした。騙すつもりではなく、村を守りたい一心から出た行動だったのです。しかし、トリックが暴かれると同時に呪術師は殺されてしまいます。

【結】- トリック劇場版 ラストステージのあらすじ4

呪術師との約束を守り、山田が後を引き継ぐことになります。予知夢で見ていた火の玉から村人と仲間を守るために山田が一人犠牲になります。山田が行方不明になってから一年後。上田は霊能力者を研究室に募集します、いろいろな人は来ますが、そこにや山田はいませんでした。あきらめ掛けていた上田の前に、山田が現れます。初めて会ったときに見せたマジックを披露するために。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の最大の見所は、エンドロールが終わった後にあります。
上田教授こと阿部寛が、1日が終わる直前に帰ろうとすると、ドア付近に髪の長い女性が立っています。生きていた山田奈緒子こと仲間由紀恵です。記憶をなくした状態で上田教授の挑戦を受けますが、これはテレビシリーズ第1話のシーンと同じシチュエーションです。この場面で、手品を披露している山田を、上田は涙ぐみながら見つめています。これを撮った堤監督が、トリックらしい終わり方といっていましたが、映画とドラマの最初と最後が同じとは驚きました。
最後で、山田の体がぼやけて見せているのは、上田の視点とトリックを掛け合わせた、素晴らしい演出でした。

映画の感想を投稿する

映画「トリック劇場版 ラストステージ」の商品はこちら

【映画パンフレット】 『トリック劇場版 ラストステージ』 出演:仲間由紀恵.阿部寛.生瀬勝久