リミット[Limit]

「リミット[Limit]」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

地中に埋められた棺に閉じ込められた主人公が、限られた条件のもとで必死に脱出を試みる、ワンシチュエーション・サスペンス。監督はスペインの新鋭と言われるロドリゴ・コルテス。

映画「リミット[Limit]」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「リミット[Limit]」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

リミット[Limit]の主な出演者

ポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)

リミット[Limit]のネタバレあらすじ

【起】- リミット[Limit]のあらすじ1

アメリカ人のポール・コンロイはイラクでトラックの運転手をしていたが、突然何者かに襲撃され、気が付くと、棺のようなものの中に閉じ込められていた。棺は土に埋められているようで、ポールは自分のものではない携帯電話やライター、ペンやナイフなどを使って脱出を試みる。

【承】- リミット[Limit]のあらすじ2

携帯電話で、棺に入れた犯人から「100万ドル用意しろ」と言われるポール。友人などの伝手を辿ってFBIへ救援を要請するが、携帯電話を逆探知してポールの居場所を探し出すから待つようにとのこと。その間にも犯人の脅迫が続き、半狂乱になったポールは自分の指を切断した動画を撮る。

【転】- リミット[Limit]のあらすじ3

砂が落ちて生き埋めになろうとしているポールの元に、FBIから連絡が入る。誘拐犯を制圧し、ポールの居場所も聞き出したという。今まさに掘り起こしている、との朗報に、安堵しかけるポールだったが、電話越しには聞こえる棺を開けるような音が、身の回りからは全く聞こえてこない。

【結】- リミット[Limit]のあらすじ4

砂に埋もれながらポールが耳にした音は、携帯電話越しに「すまない、マークが入っている棺だった」と言うFBIの声だった。マークというのは、FBIとポールとのやり取りの中で、FBIが「ポールと同じように拉致されたが助け出した」と言って安心させるために挙げた人物の名前だった。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「リミット[Limit]」の商品はこちら

[リミット] コレクターズ・エディション [DVD]