麒麟の翼

「麒麟の翼」のネタバレあらすじ結末

麒麟の翼の紹介: 東野圭吾の同名小説が原作となっている「泣けるミステリー」です。2012年1月28日に公開され、初日二日間で興業収入2億7,640万8,100円、動員21万7,183人を記録し、話題の映画となりました。

映画「麒麟の翼」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「麒麟の翼」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

麒麟の翼の主な出演者

加賀恭一郎(阿部寛)、中原香織(新垣結衣)、松宮脩平(溝端淳平)、青柳悠人(松坂桃李)、青柳武明(中井貴一)、金森登紀子(田中麗奈)、青山亜美(黒木メイサ)、八島冬樹(三浦貴大)

麒麟の翼のネタバレあらすじ

【起】- 麒麟の翼のあらすじ1

とある寒い夜のこと。日本橋にて、苦しそうに橋にもたれかかる男を巡査が目撃する。はじめは酔っ払いかと思われたが、なんと男の胸にはナイフが刺さっていた。
その後、男(青柳武明)は病院で死亡が確認された。どうやら男はナイフが刺さった状態でどこかからこの場所まで歩いてきたようであった。
青柳はなぜ日本橋を目指したのか。そして、誰が彼を殺したのか。加賀と松宮による事件の捜査が始まる。

【承】- 麒麟の翼のあらすじ2

調べていくうちに、この事件直後に警察官から逃げようとしたとある若い男(八島冬樹)がトラックにはねられ、病院で意識不明の状態になっていることが判明した。
今回の事件に関連があるとみて八島の恋人の中原香織と接触、彼の持ち物から青柳が持っていた財布と書類鞄が発見される。
警察側が八島を犯人として捜査を進めていくと、八島の勤めていた工場にて労災隠しがあったことが発覚する。そしてこの工場は、青柳が部長を務めていた会社であった。

【転】- 麒麟の翼のあらすじ3

八島は意識を取り戻すことなく、死亡してしまう。
その後加賀は、青柳の長男(青柳悠人)が中学生の頃に起きたとある事件に注目した。
水泳部にいた悠人・黒沢・杉野の三人は、後輩である吉永を学校のプールで溺れさせ植物状態にしてしまうという事件を起こしていた。
顧問の教師はその事実を隠蔽したが、悠人は吉永への罪の意識がぬぐえない。
吉永の母親が「キリンノツバサ」というブログで吉永の近況がつづっていることを知った悠人は、匿名で母親に応援メッセージを送るようになっていた。
悠人が匿名でメッセージを送っている事を知った青柳は、悠人が過去に起こった何かを隠していることに気付く。

【結】- 麒麟の翼のあらすじ4

青柳を殺した真犯人は悠人と同じ水泳部であった杉野だった。
青柳は、息子の真実を知るために杉野から話を聞こうとするが、自分達の過去を知られる事を恐れた杉野が青柳を刺したのだ。
八島は犯人ではなく、たまたまその場に居合わせた八島が、妊娠している恋人との生活を守るために青柳の所持品を奪って逃げたのだった。
そして刺された青柳が日本橋へ向かったのは、麒麟の翼像を目指すためであった。
かつて「キリンノツバサ」には「麒麟の翼は勇気の翼」と書かれていた。
父は勇気をもって悠人と向き合えなかったことを悔やみ、悠人に勇気を持って罪と向き合ってほしいという思いから麒麟の翼像へ向かったのであった。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「麒麟の翼」の商品はこちら

麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版