「16ブロック」のネタバレあらすじ結末

16ブロックの紹介:2006年公開のアメリカ映画。NY市警の刑事が、警察のウラ側を目撃した囚人を16ブロック(16区画)離れた場所に送るだけの仕事を、頼まれたことによって起きる災難を描く。『ダイ・ハード』のブルース・ウィリスを迎え、リチャード・ドナー監督が描くクライム・アクション。

この映画を無料で観る

予告動画

16ブロックの主な出演者

ジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)、エディ・バンカー(モス・デフ)、フランク・ニュージェント(デヴィッド・モース)、ダイアン・モーズリー(ジェナ・スターン)、ダン・グルーバー分署長(ケーシー・サンダー)、ジミー・マルヴィー(シルク・コザート)、ロバート・トーレス(デヴィッド・ザヤス)、オルティズ(コンラッド・プラ)、マクドナルド地方検事補(ブレンダ・プレスリー)、交渉人マイク(ピーター・マクロビー)

16ブロックのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①夜勤明けのジャック刑事は残業を言い渡された。ある証人を118分で16ブロック先にある裁判所まで送り届けること。引き受けたジャックだが、エディが狙われているのを知り、逃亡劇が始まる。 ②エディは悪徳警官を起訴するための証人だった。ジャックも実は悪徳警官の一味だったのだが、目の前の証人を殺したくないと思い、守り続ける。最後は自らが証言台に立ち、ジャックは警官の悪事を摘発した。

【起】- 16ブロックのあらすじ1

「NYPDのジャック・モーズリー、バッジ番号は227。これが遺言になると思う。ダイアンへ、警察の言うことは嘘だ。これが届くといいが…」と、カセットテープレコーダーに録音しているジャックの姿が映ります…。
…アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク。
中年の男性ジャック・モーズリー刑事は、過去に起きた事件で足を負傷してから走れなくなりました。歩く時にも右足をひきずります。
それが原因というわけではないのですが、ジャック警部補は酒びたりの生活を送っていました。勤務中にも酒をあおるくらいです。
その日の夜勤を受け持ったジャックは、突入した部屋で死後2時間経過した死体を見つけ、現場で交代要員が来るまでの見張りをしていました。
夜勤明けのジャックは、後はもう帰って寝るだけと思ったのですが、ダン・グルーバー分署長に呼び出されます。
グルーバー分署長はジャックに「留置所の男を裁判所の検事補のところへ送ってくれ。118分で16ブロック進むだけだ」と命令します。
本来、その役をするのは制服警官のキーナンでしたが、キーナンが交通渋滞にはまってしまったため、臨時でジャックにその役を任せたのです。
非番で超過勤務だと文句を言うジャックに「残業しろ、分署長命令だ」と言ったグルーバー分署長は、代わりに次の勤務は遅出でいいと言い、ジャックは引き受けました。
16ブロック(16区画、1ブロックは通りの区画なので一概に距離を言うことはできない)を車で運ぶだけなので、そう大したものではないと思ったジャックは、留置所に行きます。
運ぶ男は若い黒人男性で、エディ・バンカーと言いました。ジャックはエディを平凡なセダンの後部座席に乗せて運びます。
エディはよくしゃべる男で、ジャックは辟易していました。朝日もまぶしく、渋滞でイライラするジャックに、空気を読めないエディはなぞなぞを仕掛けます。
「車に乗っていると、3人の困った人物に行きあう。1.急病で病院に行きたい老女、2.自分の親友、3.バス停でバスを待つ美女。さあ、誰を助ける?(答えは結部分に)」心理テストも兼ねているそうです。
うるさいエディにうんざりしたジャックは、車を降りてひとり馴染みの雑貨店に酒を買いに走りました。店で呑みます。
実はジャックの知らないことですが、車が警察署を出た時からジャックの車は黒いライトトラック・GMCに尾行されていました。
ジャックが店に入った間に、車の後部座席に乗せたエディが狙われます。戻ったジャックはエディの乗る車の窓を強引に開けようとする男を射殺しましたが、同時に何者かに狙撃され、慌てて車を出します。
狙撃した男を撥ねて(男は軽傷)その場を立ち去ったジャックは、次のブロックですぐさま車を乗り捨てて、エディを連れて歩いて移動しました。
ドミニクの店へ避難したジャックは、警察署に電話をかけて狙撃されたことを告げ、現在地はマルベリーの133番地だと言って、応援を寄越すよう告げます。 この映画を無料で観る

【承】- 16ブロックのあらすじ2

モット通りで無線を聞いたというジャックの20年来の相棒の男性フランク・ニュージェントとジェリー・シューがやってきました。
フランクは、あとはもう自分たちに任せろと言いますが、エディがジェリーの顔を見るなり怯え始めたことに、ジャックは気づきます。
ジャックが何かに気づいたと知ったフランクは、事の詳細を話しました。
エディは悪徳警官を起訴するための証人でした。警官ジェリーが家の近所で子供に暴力行為を働いているのを、エディが目撃したのです。
同じ仲間の警官を助ける意味でエディを引き渡せと要求されたジャックは、エディを殺そうとするジェリーの足を撃って逃亡しようとします。
午前10時までに裁判所に行っておかないとならず、1分でも遅刻したら意味がないとフランクは言いますが、それでもジャックはエディを連れて行きました。
エディは銃の不法所持など軽犯罪ではあるものの、過去にいくつか罪を犯しており、今回の悪徳警官を起訴する証言をすることで、罪の減刑(犯罪歴の抹消)を取り計らわれていました。また裁判所ではジェリーの一件をとっかかりとして、NYPD(ニューヨーク市警察)の悪徳警官を次々と起訴するつもりです。
ジャックとエディが立ち去った後、現場にグルーバー分署長がやってきました。分署長もエディの存在を邪魔に思っています(後に出てくるが、ジャックも起訴されるべき存在。だから事情を知れば素直に引き渡すだろうと思い、分署長はエディ護送の役をジャックに頼んだ)。
グルーバー分署長は、緘口令を敷いても1時間が限度と言います。それまでにカタをつけねばなりません。フランクはじめ「起訴されるべき」悪徳警官たちは、ジャックとエディを追いました。
ジャックは武器調達のために、ある家に行きます。そこにある写真を見て、エディはジャックの妻(または元妻)の家だと思いますが、ジャックは笑います(後に判明、妹・ダイアンの家)。
エディは「どうして仲間を撃った?」と聞きますが、ジャック自身もまだ分からない感情でした。ジャックはやってきた男・ボビーを手錠で柱にくくりつけますが、その間にエディが逃げてしまいます。
エディは地下鉄で逃げようとしましたが、気づいたジャックは追いついて、追っ手からエディを救い出します。
フランクはカナル駅周辺をパトカーで固めようとしました。ジャックとエディは美容院や中華料理店、衣料工場の店の裏口を通って抜けます。時間は8時55分です。
フランクと建物で鉢合ったジャックは、フランクから「そいつは6人の警官の人生を壊そうとしている。エディの人生の半分は檻の中。そんな奴を信じるのか」と言われますが、殺されると分かっていながらエディを引き渡すのを拒否しました。
建物の一室の住人・アジア系の老人が部屋に招いてくれ、ジャックとエディはそこへ避難します。
黒人女性のマクドナルド地方検事補に電話したジャックは「あと7ブロックなのだが、邪魔されている」と訴えました。その後ジャックは負傷した右手を手当てし、エディを着替えさせると、護身のために銃を持たせます。

【転】- 16ブロックのあらすじ3

再び逃亡したジャックとエディは、通りに出てバスに乗り込みました。運転手には警官だと告げ、希望する方向に走ってもらいます。
ジャックとエディが銃を持っているので車内の乗客は一時騒然としましたが、エディが「(ジャックは)警官」と言ったので収まりました。しかしパトカーに追跡されたバスは、パンクさせられて立ち往生します。
乗客は警官隊に取り囲まれながらも、あまりパニックに陥りませんでした。どうみてもジャックとエディが「バスジャック」の立場ですが、その割にジャックは無茶なことをしませんし、エディに至っては幼い少女に優しく話しかけるからです。
エディは7歳の少女・クリスティーナに、自分は将来ケーキ屋を開くのだと告げて、今日は自分の誕生日だと言うと、イチゴケーキの話をしました。乗客も和やかなムードになります。
ジャックは乗客に指示して窓に新聞紙を貼らせ、中が見えないようにしました。警察側は交渉人のマイクを派遣しますが、ジャックは「マクドナルド検事補とマスコミを呼べ」と言いますが、交渉するつもりはありません。
バスの乗客の人数を聞かれたジャックは、本来は28人(ジャックとエディと運転手を入れると31人)ですが、わざと40人と多めに言います。
ヘリも来て、膠着状態になりました。時間は9時27分です。
時間稼ぎをされると困るので(10時までに裁判所に着いていないとならない)、ジャックはスーツの男性とエディの服を交換させると、一気に乗客を解放しました。中にエディも紛れこませています。
乗客は全員無事に出されましたが、数が把握できません。その間にエディが立ち去ろうとします。ジャックはバスの中に立てこもり続けて警官隊を引きつけておいて、その間にエディを裁判所に行かせる作戦でした。
バスの車中に落ちたカバンの中からカセットテープレコーダーを見つけると、録音を開始します(冒頭のシーン)。
エディは外でバスを見守っていましたが、自分のためにジャックが犠牲になるのを嫌って、警官隊の前に立ちはだかると「撃つな」と訴えます。
周囲に多くの目とマスコミがあるため、フランクは迂闊にエディに手出しができません。その間にエディはバス車中に戻りました。「台無しだ」とジャックは言います。
運転席に座ったジャックはバスを走らせ始めました。銃撃が開始され、バスは狭い通りの隙間で停車します。
突入部隊が突入しましたが、ジャックとエディは抜け出した後でした。
しかしエディが銃撃で脇腹を被弾していました。ジャックはダイアンに連絡を取ります。
待つ間エディは自分の罪について話しました。エディは友人のモーリスが持ってきた靴箱と銃を預かりましたが、翌日そのモーリスが撃たれて死にます。
靴箱の中身が3万2000ドル(約323万円)だと知ったエディは、それだけあればケーキ屋が開けると思い、金をこっそりコインロッカーに隠しました。そして帰宅したところ、保護観察官が来て銃の所持で逮捕されたのです(逮捕劇も悪徳警官の罠である可能性あり)。

【結】- 16ブロックのあらすじ4

ダイアンは救急隊員でした。手早くエディの手当てを開始したダイアンの顔を見て、エディは「ジャックの奥さん」と言います。ジャックは妻じゃなくて妹と訂正しました。
今日は本当は誕生日ではない、自分の誕生日は知らない、シアトルに住む妹の存在もつい最近判明した、と告げるエディに、ジャックは自分も悪徳警官の一味だったと告げます。
ジャックは6年前にその一味から足を洗ったのですが、告発する勇気を持っていませんでした。
エディのなぞなぞ(起の部分参照)に対し「車を親友に預けて、老女を送ってもらい、自分は女性と共にバス停に残る。これだと全員がめでたし」と答えたジャックは、ダイアンに別の救急車を呼んでもらい、乗り変えました。
そして「自分が証人になる」と言うと、救急隊員にエディを送らせて、ジャック自身が裁判所に向かいました。
裁判所の駐車場でジャックはフランクと会いますが、ジャックはフランクに過去の罪のことを話して、それを闇に葬るのかと言います(※)。ジャックを説得できないと知ったフランクは、ボビーに射殺命令を下しました。
マクドナルド地方検事補に会ったジャックは、自分が証言台に立つと言いました。起訴できる関係者の名を列挙したジャックは、エディの犯罪記録の抹消を条件にします。
証拠(実証)を聞かれたジャックが左ポケットに手を入れた瞬間、「銃だ」という声と共にジャックは撃たれそうになりますが、当たりませんでした。
物証は先ほど駐車場でフランクと話した時の会話です。そこには、ある女性・リンの父親を自殺に見せかけて殺した悪事について触れていました。
フランクはジャックと見つめ合いますが、射撃はしません。そのままジャックは証言台に立ちました。
…2年後。
ジャックは2年の服役の後、今日が出所日です。ジャックの証言でニューヨークの悪徳警官は軒並み逮捕されました。
ジャックの妹・ダイアンのところへ冷蔵便が届きます。中身はイチゴケーキで、シアトルでケーキ屋を開店したエディの手紙も添えられていました。ジャックはほほ笑むと、エディの写真とのツーショット写真を撮るよう何度もダイアンにせがみました。
(もう1つのエンディング)
※印まで同じ、それ以降。
ジャックを説得できないと知ったフランクは、無線でボビーに撤退を命じました。ところがボビーは応答しません。
9時56分、ジャックがやってくるのをボビーは柱の陰から見ていました。マクドナルド地方検事補に会い、証人は自分だと告げてエディの犯罪記録抹消を頼んだジャックは、物証としてカセットテープレコーダーを、ポケットから出します。ボビーが狙撃しました。
フランクがジャックをかばいますが、ジャックは胸を撃たれて命を落とします。裁判所内にはジャックとフランクの録音された声が流れ続け、それをフランクが止めました。
…後日。ダイアンの元にエディからのケーキが届きますが、ダイアンはエディを訪問して、ジャックの死を報告しました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画『16ブロック』の翌年に『ダイ・ハード4.0』の公開が控えており、ちょうど「呼び水」的な役割をはたした。
内容的にも類似点が多い。運の悪い刑事が、単身、悪戦苦闘しながら正義のために奮闘する…という話。ダイ・ハードの縮小版といったところか。
悪くはない。悪くはないのだが、よくもない。
というのも、どれをとっても「細かく設定を描いていない」から。
ジャックがなぜ酒びたりの生活を送っているのか、エディはどの程度のワルなのか(過去の犯罪歴)、16ブロックがどのくらいの距離なのか(1シーンでもいいから、ここからここまでという映像を見せてほしかった!!)。
演出が中途半端なため、見終わったあとも感激するわけでもなく…。もっと面白くできたろうに、とつい考えてしまう。
DVD、ブルーレイ販売にあたり、もう1つのエンディングなるものが入れられた。
もう1つのエンディングよりかは、やはり通常のエンディングのほうがはるかにすばらしい。
てか、なんでも「主人公が死んでおしまい」というのは、よくないよね。

映画の感想を投稿する

映画「16ブロック」の商品はこちら