「39 刑法第三十九条」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

39 刑法第三十九条の紹介:1999年制作の日本映画。謎の残る猟奇殺人事件の容疑者の精神鑑定を、女性精神医がおこなうのだが…。堤慎一と鈴木京香両者の体当たりの演技と、扱った内容の深さや終盤の大どんでん返しが予想外で、見ごたえある作品である。

予告動画

39 刑法第三十九条の主な出演者

小川香深(鈴木京香)、柴田真樹(堤真一)、名越文雄(岸部一徳)、小川祐子(吉田日出子)、工藤実可子(山本未來)、工藤啓輔〔砂岡明〕(勝村政信)、ホームレス手塚(笹野高史)、中村刑事(竹田高利)、畑田修(入江雅人)、畑田恵(春木みさよ)、館林刑事(菅原大吉)

39 刑法第三十九条のネタバレあらすじ

【起】- 39 刑法第三十九条のあらすじ1

刑法第三十九条『心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する』
劇団員・柴田真樹は若い夫婦の夫・畑田修と妊娠中の妻・恵の殺害容疑で逮捕、起訴されていました。本人は大筋で容疑を認めていますが、犯行時の記憶がなく殺意を否認しています。
温厚な柴田が突然変貌し、法廷でも意味不明の言葉を発するのを見た弁護士・長村は、司法精神鑑定を請求しました。
柴田の精神鑑定を精神医学者・藤代が受け、助手として香深も立ち会うことになります。
拘置所を訪問すると、普段の柴田はおとなしい、温厚な人間でした。しかしある時突然柴田が豹変します。
豹変した柴田は好戦的で、普段の柴田と異なる左利きでした。

【承】- 39 刑法第三十九条のあらすじ2

柴田が幼少期に父親から虐待を受けていたことを鑑み、藤代は柴田を多重人格症と判定します。そして、左利きで行われた犯行時には、柴田は心神喪失状態であったと鑑定しました。
しかし香深は、柴田のあまりにも典型的すぎる症状に違和感を覚え、詐病ではないかと考えました。裁判の席でそう訴えた香深は、再鑑定を委任されます。
とはいうものの、柴田には畑田夫妻と特に面識はなく、夫妻を殺害する動機がありませんでした。しかし何かが気にかかった香深は、柴田ではなく被害者・畑田夫妻の経歴を調べます。
すると意外な事実が発覚しました。なんと畑田修には、工藤温子という少女を強姦した後に殺害した過去があったのです。

【転】- 39 刑法第三十九条のあらすじ3

しかし畑田は当時15歳の未成年で、しかも裁判により心神喪失状態にあったと判断され、刑法第三十九条により無罪となっていました。
香深はこの事件が今回のものと関係しているのではないかと考え、さらに調査を進めます。
温子にはただ一人の家族である兄・啓輔がおり、香深は啓輔に会いました。啓輔は妻・実可子と暮らしていましたが、香深は啓輔が本物かどうか疑います。
実はその啓輔は砂岡という全く別の人物でした。これらはすべて柴田の仕業です。
柴田こそが工藤啓輔でした。彼は柴田という男性の戸籍を買い、砂岡に自分の戸籍を与えます。
柴田(啓輔)は自分の恋人・実可子に頼み、工藤啓輔となった砂岡と結婚させました。

【結】- 39 刑法第三十九条のあらすじ4

そして全くの別人・柴田となった彼は、畑田を殺害して温子の復讐を果たしたのです。ちなみに、妻・恵はその直前に夫である修自身が殺していました(恵殺害は修の衝動的殺人で、柴田とは無関係です)。
その後柴田は刑法第三十九条を逆手にとって、無罪を得るべく多重人格症の「演技」をしていたのです。
しかしこれらはすべて、香深によって法廷で暴かれてしまいます。
素顔に戻った柴田は、「私が本当に凶器を突き刺したかったのは、刑法第三十九条だったのだ」と訴えました。
(無罪を勝ち取る計画を立てましたが、柴田は有罪になる覚悟がありました。この事件により刑法第三十九条の見直しが図られることをも、柴田は目的としていました)

みんなの感想

  • 遂犯無罪さんの感想

    判決文を読みもしないでどうやって司法批判が出来るんだか、こいつのパラノイア頭脳はまことに奇妙きてれつな話である。

    こっそりと刑法第39条で逆転無罪となった北詰淳司
    http://suihanmuzai.com/index5/170813.jpg.html

    北詰淳司の保険金殺人事件の真相に迫る捜査の手
    http://suihanmuzai.com/index5/170810.jpg.html

  • 遂犯無罪さんの感想

    ある映画のサイトに北詰事件を投稿したところ掲載された、映画の全カテゴリーの中には法廷映画もあり、また北詰・小川の殺人事件からのサスペンスもの、そして我が事件での詐欺女もの等、映画製作のヒントになれば幸いである。

    八王子簡裁・四次吉田訴訟の期日は9月26日火曜日、初口頭弁論は答弁書だけ提出して欠席するだろうが、二回期は出廷せねばならない、今回はあの犬飼裁判官も完全に退官していない、しかし書記官は同じだ、明後日には訴状送達があるから受領するように。

    背乗り事件訴訟 事件屋の二重戸籍を追及する
    http://suihanmuzai.com/index5/170801.jpg.html

映画の感想を投稿する

映画「39 刑法第三十九条」の商品はこちら