「CAVEケイブ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

CAVE ケイブの紹介:2016年製作のノルウェー映画。未開の洞窟の閉ざされた中で巻き起こる決死のサバイバルを描いたシチュエーションスリラー。ヴィクターはエイドリアンとシャーロットを昔から興味を持っていた洞窟探検に誘う。3人はバックアップなしで未開の洞窟に入り、山の反対側を目指すが…。

予告動画

CAVEケイブの主な出演者

チャーリー(ハイジ・トワニ)、アドリアン(マッツ・ショーグルド・ペターソン)、ヴィクトル(ベンジャミン・ヘルスタッド)、アーランド(インガ・ヘルゲ・ギムレ)

CAVEケイブのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ヴィクトルという男がアドリアン(男)とチャーリー(女)を洞窟探検に誘う。洞窟には人が入ったらしき形跡があり、さらに奥へ進むと血のついた寝袋が入ったテントを発見。 ②三角関係のもつれからヴィクトルがアドリアンを殺し、殺害現場を見たチャーリーも見捨てようとする。チャーリーはヴィクトルを殺して洞窟の出口に出るが、殺人犯・アーランドが声をかける…。

【起】- CAVEケイブのあらすじ1

ノルウェー。
ヴィクトルは若い男です。髪の毛を肩まで伸ばしてラーメンみたいにパーマをかけています。
ヴィクトルにはアフガニスタンの紛争に行った際に知り合い、お互い苦労を分かち合った仲間がいました。
1人は若い男のアドリアンです。五分刈りでヒゲを生やしています。
もう1人は若い女性のチャーリーです。ショートカットにしています。
昔、ヴィクトルはチャーリーと恋人同士でしたが、今は別れており、チャーリーはアドリアンと付き合っています。
(注:劇中では細部に触れず、チャーリーとアドリアンが結婚している可能性もあり。途中でチャーリーが「子作りをする」宣言をしているので、結婚している可能性を考慮しつつも、この冒頭で「チャーリーも参加するとのこと」とわざわざヴィクトルがアドリアンに告げていることを考えると、アドリアンとチャーリーが同居している可能性が薄い。よって、ここでは恋人同士という設定で説明させていただく)
ヴィクトルはアドリアンを洞窟探検に誘いました。調べた洞窟は問題なさそうだし、チャーリーも一緒に行くと言っていると、携帯の留守番電話に残します。
そして約束の日。3人はノルウェーの山岳地帯で待ち合わせをしました。
ヴィクトルはバイクで、アドリアンとチャーリーは一緒の車でやってきます。

アフガニスタンの紛争後、ヴィクトルが塞ぎがちになったのが、どうやらチャーリーと別れるきっかけになったようです。
バイクで先を行くヴィクトルを見ながら、車中でアドリアンはチャーリーに「奴には自然が合っている」と言います。
ノルウェーの大自然は厳しく、周囲の景色は凍った雪と氷と針葉樹ばかりです。
その奥にある山小屋で3人は1泊しました。
アドリアンはヴィクトルに、洞窟潜水は初心者だから無理をしないようにしようと言います。ヴィクトルは「じゃあ、洞窟潜水は、酸素の残量が30%になったら取り止め、もしくは出口が見つからなかったら帰ろう」と言いました。
ヴィクトルの父が出口のところでスタンバイしてくれているようで、ヴィクトルは洞窟の地図も持っています。

【承】- CAVEケイブのあらすじ2

アフガニスタンの紛争後、ヴィクトルは不眠症になっていました。気遣うチャーリーに、ヴィクトルは「(紛争の時のことは)考えないようにしている」と言います。
チャーリーはヴィクトルに「アドリアンと子作りをしようと考えている」と打ち明けました。
白夜でなかなか暗くならない中、アドリアンが就寝しようと言います。
夜、アドリアンとチャーリーは身体を重ねていました。別れたとはいえ、まだチャーリーに未練があるヴィクトルは、つらい思いで小屋を出て時間をつぶします。

翌朝、3人は小屋を出て出発しました。カヌーを漕ぎます。
途中、チャーリーが「森の中に人影があった。男が歩いていた」と言いますが、あまり気に留めませんでした。
滝の手前でカヌーをおり、滝の崖はロープを使って降ります。
ヴィクトルが入ろうとしている洞窟は立ち入り禁止の柵がすでに開いていて、誰かが先に来た可能性がありました。
3人は洞窟へ入ります。

3人ともダイバースーツを着用し、額の部分に懐中電灯がついているヘルメットをかぶっていました。潜水用具一式も持っています。
赤い発煙筒を焚きつつ周囲を照らし、奥へ放って進みました。すると、ある地点にテントがありました。見つけたのはチャーリーです。
「誰かいるのよ」とチャーリーが言い出し、「確認しよう」とヴィクトルがテントを物色しました。アドリアンは「捨ててったんだ」と言います。
チャーリーがテントを開くとひどい悪臭がし、潜水用の道具と本がありました。そして奥に、血のついた寝袋が発見されます。
「結核で死んだとか?」と言いつつも、先へ進むことにしました。地上に出てから通報しようとヴィクトルが言い、気にはなるものの3人はさらに奥へ行きます。
奥は行きどまりでした。そうではなく、上方向に進むのだとヴィクトルが言います。
登ると洞窟は狭くなっており、四つん這いで這って進まないとならない狭い場所です。

【転】- CAVEケイブのあらすじ3

途中でヴィクトルが挟まって、動けなくなりました。アドリアンがヴィクトルの挟まっている部分の壁を少し崩そうとしたところ、洞窟の天井が崩落しました。なんとかぎりぎりヴィクトルもアドリアンもよけて、下敷きになるのは避けられます。
ところが天井の崩落で、元の場所に戻ることができなくなりました。水のある場所で、3人はテントを張ります。
冗談でアドリアンが「もし閉じ込められたら彼女を共有するか」とヴィクトルに言いました。ヴィクトルはカチンときます。
腰を痛めたアドリアンにマッサージをするとチャーリーが言い、2人はテントに入りました。アドリアンはチャーリーに、まだヴィクトルは未練があるようだと告げます。
そのまま再びアドリアンとチャーリーは、横で愛し合いました。ヴィクトルはやりきれない思いを抱えます。

翌日。
潜水で湖を通過して反対側に出て、そこから出口に向かうとヴィクトルが決断しました。潜水道具を持ってきているので、可能です。
タンクの調整は済ませたと言ったヴィクトルは、自分が先導しました。潜って進みます。
ところが潜水の途中でアドリアンが苦しみ始めました。タンクの調整バルブに、ヴィクトルが細工をしていました。
アドリアンは呼吸ができなくなるものの、ぎりぎり水面に浮上しました。そこへ、先に水上へ出ていたヴィクトルが押さえつけ、溺死させようとします。チャーリーはまだ着いていません。
チャーリーが到着した時、ヴィクトルは事故の振りを装いました。チャーリーはアドリアンに心臓マッサージと人工呼吸を施します。
ヴィクトルは「脈がないから無理だ」と言いますが、その時、アドリアンが息を吹き返しました。しかし弱っています。
チャーリーは一刻も早く病院へ連れていきたがりました。ヴィクトルがアドリアンを抱えて出口へ移動します。
「先に行って出口を探せ」と言われたチャーリーは、2人を置いて先に出口を見つけました。案内しようと戻ってくると、ヴィクトルがアドリアンの首を折っているところでした。

【結】- CAVEケイブのあらすじ4

現場をチャーリーは見てしまいます。
驚いたチャーリーはとっさにヴィクトルから逃げ、岩場に隠れました。
しかし、ヴィクトルは暗視スコープも用意していました。それをつけてチャーリーを探し、こっそり近づいてチャーリーにキスして、懐中電灯を奪って立ち去ります。

ひとりにされたチャーリーは、暗がりの中、必死で出口を探しました。
壁に手をつけ、おぼつかない足取りで明るい方を目指します。
すると人の声が聞こえました。ヴィクトルの声です。
ヴィクトルは出口近くまで到達しており、出口付近でスタンバイしている父親と電話で話していました。
その様子を見ていたチャーリーは、足元にあった大きな石を持ち、背後からヴィクトルを殴りつけます。さらに馬乗りになり、顔面を2回殴りました。ヴィクトルは死にます。
(懐中電灯を奪ったヴィクトルは、チャーリーを口封じのために殺そうとした。だからやり返さないと、見つかったら再び殺されそうになるかもしれないので、チャーリーは先手を打った)

ライトを奪ったチャーリーは川に潜ります。激しい流れの中、必死で進み、外へ到達しました。そこは川です。
チャーリーが川に浮上したのを、崖の上から見ている初老のヒゲを生やした男性・アーランドが見ていました。
岸にあがったチャーリーは、コケが生えた岩の上でしばらく泣きます。その後、ひとりで道を歩きました。
そこへ、背後からアーランドが車に乗ってやってきます。チャーリーを偶然見つけたかのように装い、「誰かを待っているのかい?」と声をかけました。
あたたかい声をかけられたチャーリーが、ふっと気をゆるめて崩折れそうになり、アーランドは車のトランクから毛布を取り出してチャーリーをくるむと、「車であたたまれ」と言います。この時、トランクに一瞬、人の手が映ります。
「チキンでも食べるか?」と声をかけられたチャーリーは、首を振りました。アーランドは車を発進させます…。
(たぶんトランクに入っていた遺体がテントの持ち主で、このアーランドがそれを殺した人物。…なのだろうが、説明が足りない。
アーランドがチャーリーをどうするつもりかも不明。
一見するとチャーリーは助かったように見えるが、アーランドという殺人鬼に殺される可能性もあり)

みんなの感想

ライターの感想

まず。画像が暗くて、しかもゴーグルしてるから3人の顔を「実質、口だけで判別しろ」なんです。非常に乱暴。
そして。もやもやが残る作品~。謎が多い。
ヴィクトルは洞窟探検を計画した時からアドリアンを殺すつもりだったのか。それとも衝動的に殺したのか。
テントも…いちおうラストで出てくる男の犯行だということは判るのだが、なぜ襲ったのかとか、なんの目的があるのかとかが一切判らず。
不気味さはあるんだけど「洞窟探検ならではの、苦労」みたいなのをテーマにしているわけじゃなく、単なる三角関係のもつれという、「え、そっち方向に話が進むの」的な展開。
だいたい、3人で出かけて元カレの横で夜毎おうじるチャーリーの心理も理解できんし…。洞窟探検のときくらい、控えろよと思う。
なので、ラストも同情できないというか。アーランドの謎は謎の域を越えて「とってつけた感」満載。

映画の感想を投稿する

映画「CAVEケイブ」の商品はこちら