「COPCARコップカー」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

COP CAR/コップ・カーの紹介:2015年製作のアメリカのロードスリラー。二人の少年がパトカーを盗んだことから、思わぬ形で犯罪に巻き込まれていく。主演を務めたケヴィン・ベーコンは製作総指揮にも参加した。

この映画を無料で観る

予告動画

COPCARコップカーの主な出演者

ミッチ(ケヴィン・ベーコン)、トラヴィス(ジェームズ・フリードソン=ジャクソン)、ハリソン(ヘイズ・ウェルフォード)

COPCARコップカーのネタバレあらすじ

【起】- COPCARコップカーのあらすじ1

トラヴィスとハリソンの悪ガキ二人組は、人里離れた荒野をあてもなく歩いていました。草が生い茂る森林帯に辿り着いた二人は、パトカーが一台停まっているのを発見します。恐る恐る近づくと、パトカーは無人で、さらにドアの鍵が開いていました。興味本位でパトカーに乗り込むと、そこには車のキーが。二人はゲーム感覚で運転を始め、そのまま乗り去っていきます。少年たちは荒野で警察官ごっこを楽しみ、調子づいた二人は公道に侵入、車通りがまったくないことをいいことに猛スピードでパトカーを走らせるのでした。

しばらくして、パトカーの持ち主が戻って来ました。持ち主の名前はミッチ、街の保安官です。ミッチはこの森林にひそかに死体を遺棄した後で、殺しの証拠が積んであるパトカーが盗まれていることに驚愕します。ミッチはパトカーを奪い返すためにひとまず街に向かうことを決め、猛ダッシュでその場を後にするのでした。 この映画を無料で観る

【承】- COPCARコップカーのあらすじ2

ミッチは民家から車を盗み、パトカーの追跡を行っていましたが、その途中で白バイクに止められてしまいます。ミッチはすかさず警察の無線オペレーターのミランダに携帯電話から連絡を入れ、今ミッチがいる周辺で強盗事件が起きていると嘘の情報を伝えました。その情報は白バイクの警察官にもすぐに伝えられ、警察官はミッチを追求することなくその場を離れていくのでした。

ミッチは自宅に戻り再びミランダに連絡を入れると、パトカーが盗まれたという通報が入っていることを知ります。それがミッチのパトカーだと知る由もなく、ミランダは詳細な情報を続けました。10歳くらいの少年二人がパトカーを運転しているのを街の女性が目撃したのだといいます。すると、ミッチは自らの私用車の無線の不調をでっち上げ、地域の警察全体の無線がおかしいとミランダに訴えました。ミッチの助言でミランダは無線チャンネルの一時変更を実施、全車両がチャンネル変更したのを確認すると、ミッチは元の無線チャンネルに向かってパトカーを返すよう脅し文句を語り始めました。その頃、少年たちはパトカーに積んでいた防弾チョッキや拳銃で遊んでいましたが、無線から聞こえる恐ろしい声にその表情は一気に凍りつくのでした。

【転】- COPCARコップカーのあらすじ3

少年たちがミッチの無線に動揺していると、トランクから物音が聞こえてきました。トランクを開けると、そこには手足を縛られた血まみれの男が横たわっていました。男は極悪人の保安官に重傷を負わされたと話し、少年たちはパトカーを盗んだことを秘密にすることを条件に男を解放することを決めます。しかし、手足が自由になった男は少年たちを拳銃で脅し、ミッチへの復讐に協力するよう強いてきました。男の指示に従い、ミッチの無線に連絡を入れる少年たち。ミッチは待ちかねていた応答に心躍らせます。少年たちはパトカーを返したいと伝え、街外れの風車がある道を待ち合わせ場所に指定します。

血まみれの男は草むらに隠れミッチの狙撃を考えていました。そして、もしミッチが来て無用なことを伝えた場合、愛する家族やペットを惨殺してやると念押しの脅迫を少年たちに告げるのでした。

【結】- COPCARコップカーのあらすじ4

間もなくミッチが指定の場所に到着し、周囲を警戒しながらパトカーに近づいていきました。しかし、ミッチは少年たちの怯えた表情を見て、トランクの男が脱出しどこかからか自分を狙っていることを確信します。ミッチとトランクの男の緊張関係が続く中、一台の車がやって来ました。車から降りてきたのは、警察に少年たちのパトカー盗みを通報した女性でした。女性は正義感が強く、自ら少年たちを捕まえようとパトカーを捜索していたのです。ミッチはこの状況を最大限に利用することを思いつきます。トランクの男の居場所をあぶり出そうと、女性に適当な嘘をついてトランクの男が潜んでいるであろう草むらを歩くよう仕向けたのです。その思惑は成功し、トランクの男は見つかることを恐れて女性を射殺。ミッチはすかさず拳銃で応戦し、激しい撃ち合いが起こります。そして、最後はトランクの男もミッチも命を落とすのでした。

少年たちはこの惨劇の現場から逃げようと後部座席から出ようとしますが、車内は容疑者の逃走防止対策が施され外に出ることはほぼ不可能でした。ここで、トラヴィスは隠し持っていた拳銃で窓に二発の銃弾を撃ち、ガラスを破ることに成功します。しかし、一発目の銃弾は窓にはじかれトラヴィスの腹部に命中していました。友を救うため、パトカーを走らせ始めるハリソン。死んだかに思えたミッチが車で追走してきたものの、放牧の牛に激突しその姿はすぐに見えなくなりました。

ランプのつけ方がわからず、やむなくサイレンを鳴らしながらハリソンは夜道を走っていました。そのスピードはぐんぐん上がっていき、やがて街が見えてきました。すると、無線から警察のオペレーターの声が聞こえてきました。ハリソンはすがるような思いでその無線に応答するのでした。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

保安官もトランクの男も、その行動の動機は語られないまま終わり、ただただ不気味な印象が残ります。少年たちはただ悪ふざけが過ぎただけなのですが、その後少年たちを襲う悲劇は不運としかいいようがありません。後味はいいとは言えない作品ではあるものの、悪徳保安官っぷりがよくはまったケヴィン・ベーコンの演技は見る価値があると思います。

映画の感想を投稿する

映画「COPCARコップカー」の商品はこちら