「g@meゲーム」のネタバレあらすじ結末

g@me.ゲームの紹介:2003年公開の日本映画。人気作家・東野圭吾の異色の犯罪小説「ゲームの名は誘拐」を映画化。ハイテクを駆使した奇想天外な狂言誘拐に挑む1組の男女の姿をスリリングに描くだけでなく、二転三転するストーリーの畳みかけは圧巻。

この映画を無料で観る

予告動画

g@meゲームの主な出演者

佐久間俊介(藤木直人)、葛城樹理〔葛城千春〕(仲間由紀恵)、葛城勝俊(石橋凌)、小塚茂(宇崎竜童)、安藤純平(IZAM)、杉本智也(入江雅人)、年配の刑事(ガッツ石松)、敏腕刑事(椎名桔平)、制服警官(小日向文世)、葛城の部下(生瀬勝久)、東野圭吾(東野圭吾)

g@meゲームのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①優秀な広告マン・佐久間が初めて味わった挫折。屈辱の相手・葛城の家を見に行った佐久間は、葛城の娘が家出する場面に立ち会い、娘・樹理と狂言誘拐を計画した。身代金3億を手に入れて満足した佐久間だが、後日樹理が全くの別人だと知る。 ②樹理と名乗ったのは本当は妹・千春。樹理をトラブルで殺してしまった千春を助けるため、葛城が裏で糸を引いていた。それを知った佐久間は千春の恋心を利用し第2の狂言誘拐を決行、自らを無罪にし葛城を窮地に追いやった。

【起】- g@meゲームのあらすじ1

佐久間俊介は東京・六本木に本社を持つ広告代理店・サイバープランに勤務する、若い優秀なクリエイターです。
大手ビール会社・ミカドビールの新商品・DYNaの、商品キャンペーン企画を佐久間は任されていました。お台場に一大アミューズメントを作り、ダイナミックス2003というロックイベントを目玉とする企画を進めていました。
ところがある日、ミカドビールに新しく就任した副社長・葛城勝俊の「環境保全を前面に出したい」というツルの一声で、佐久間の練っていた企画は白紙になります。代わりに同僚の杉本が抜擢され、佐久間は企画から外されました。
葛城勝俊は社長の次男で、切れ者という触れ込みです。
納得がいかない佐久間は葛城に直訴に行きますが「代理店の一社員の意見を聞く道理はない」と一蹴され、「次は勝てるゲームを用意して来い」と屈辱的な言葉を投げかけられました。
プライドが高く優秀な佐久間は葛城の一言にカチンと来ますが、代理店の一社員にすぎないのは事実なので、葛城にやり返せません。
憤懣やるかたない佐久間は葛城の自宅をうろついていて、葛城の家から抜け出す若い女性を見つけました。後を追った佐久間は、声をかけます。
女性はホテルに泊まろうとして断られていました。女性に声をかけた佐久間は、名刺を渡して話を聞くことにします(※①)。
女性は樹理と名乗り、葛城の愛人の娘だと言いました。
実の母が3年前に亡くなってから、樹理は本家に引き取られました。しかし血の繋がらない本妻や本妻の娘(義理の妹)・千春との関係はよくなく、肩身の狭い思いをしているので、家出をしたと言います。
樹理を利用できないかと考えた佐久間は、樹理を自宅に連れ帰りました。佐久間は都心の高級なマンションの一室に住んでいます。
海外にでも行こうと考えていたと言う樹理は、佐久間に「私のこと誘拐しない?」と話を持ちかけました。狂言誘拐です。
ためらう佐久間に「パパにはどうやっても勝てないと思ってるんでしょ」と樹理が挑発したことから、佐久間と樹理は組んで狂言誘拐をすることにします。
佐久間は誘拐の手順を考えました。ゲームを仕掛けるには、勝てるように万全を期します。
誘拐犯は男と女の2人組で、日頃から樹理の行動パターンを熟知していたことにします。先に樹理が着用していた服を邸内に投げ込むと、脅迫状はパソコンでメール送信しました。身代金は3億円で、3日以内に用意すること、用意できたら掲示板に「樹理」というハンドルネームで書き込みするよう指示します。 この映画を無料で観る

【承】- g@meゲームのあらすじ2

手掛かりを残さないようフリーメールを使い、書き込みするBBS(掲示板)はアンティーク人形のファンサイトにしました。
ベテランの年配の刑事が邸内に乗り込んでくる様子を想像し、佐久間は捜査一課の特殊捜査班の敏腕刑事を想像します。
メールを送信しましたが、翌日、掲示板に返事は来ていませんでした。佐久間が普段どおり出勤すると、脅迫している相手・葛城が会社に視察に来ているので、内心はらはらします。
その後、掲示板に書き込みがありました。「あさってまでに用意する。しかし確認が必要」と書かれていたので、佐久間は樹理の写真を撮ろうと考えて、バスタブに手首と口をふさいで監禁している様子を撮影します。
何も手がかりを残していないと言っていた樹理が、家出の直前に友人のユキ宅に留守電を残したと言い出しました。友人・ユキは現在ハワイに行っており、録音した留守電を消去するために、樹理と佐久間は神奈川県横須賀にレンタカーを借りて移動します。
Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置)に残らないよう一般道を移動した佐久間は、ユリのマンションが女性専用なので留守電の消去は樹理に任せました。
樹理を待つ佐久間は、制服警官に話しかけられて焦ります。上品な夫人が佐久間の路上駐車を見かねて、制服警官が注意したのでした(※②)。
車を移動させた佐久間は樹理を捕まえて徒歩でホテル街に行き、ラブホテルに入ると一室から非通知で樹理に佐久間宅へ電話をかけさせます。逆探知されぬよう話す言葉は決めており、セリフ通りに樹理に話させました。ラブホテルに入ったのは、有線のアリバイチャンネルを利用するためです。
狂言誘拐をしているうちに、佐久間と樹理は互いに惹かれあうようになりました。ストックホルム症候群、吊り橋効果…などと考えながらも、2人は深い関係になります。
樹理は金が手に入ったあかつきには、オーストラリアで金(きん)を掘ると言いました。一緒に来るかという樹理の誘いを「俺たちは二度と会ってはならない」と佐久間は断ります。
犯行は完璧でした。用意させた金は受け渡し当日、葛城本人に中央銀行で別の札束に換金させて3つの段ボール箱に入れさせ、首都高速に乗れと指示します。追跡する車がないことを確認した後、南池袋のパーキングエリアに駐車させました。
一方で佐久間は葛城の会社の部下に連絡し、副社長が急病で大事な会議の資料を持っていけないと伝え、南池袋のパーキングエリアに取りに行かせます。

【転】- g@meゲームのあらすじ3

部下には会議室の前に置くよう指示し、段ボール箱は佐久間と樹理が回収しました。3億円の金を2つのスーツケースに詰め替えて山分けすると、樹理の金はコインロッカーに入れて郵便局留めで送付すると佐久間は言います。
そして目隠しと手首の拘束をすると、バス停近くで解放しました。これで身代金目的の狂言誘拐は成功の筈でした。
ところが…思わぬ事態が発生します。
葛城が欠勤していると知った佐久間が不安を覚えた頃、樹理が行方不明になっており、公開捜査に踏み切ったテレビニュースが流れました。
そこに現れた樹理の写真は、佐久間の知る樹理とは別人でした。自分は誰を誘拐していたのだろうと佐久間は考えます。
さらに後日、神奈川県三浦市の剣崎灯台で身元不明の女性の遺体が発見され、樹理と判明しました。
このままいくと自分は殺人犯にされる…佐久間はそう思います。
不安な佐久間の元を樹理が訪れ、フェアではないからと事情を説明しました。佐久間も同じ結論に思い至っていました。
実は樹理と名乗っていた女性は、妹の千春だったのです。
本物の樹理は3年前に本宅に引き取られたものの、悪い男・安藤純平にひっかかってクスリをやるようになっていました。
佐久間が葛城家を訪れたあの夜、本物の樹理は自宅でクスリを服用していました。千春が注意してクスリを取り上げると、樹理がハサミを持って襲いかかってきて、揉み合いになった結果、樹理の胸に刺さって絶命しました。
動転した千春はこっそり家を出て、ひそかに父・葛城に携帯電話で相談していました(※①のところでトイレに行く振りをして)。
企画を白紙にしたものの佐久間の優秀さを見込んでいた父・葛城は、狂言誘拐のシナリオを即座に組み立て、千春に佐久間をそそのかすよう指示しました。
全ては葛城の思惑通りに動かされていたのだと、佐久間は思い知らされます。
千春に勧められたワインに薬物を盛られた佐久間は「犯人が自殺して終わりか」と思いますが、盛られたのは毒物ではなく睡眠薬でした。
葛城に呼ばれて店に行った佐久間は、睡眠薬を盛ったのは佐久間の家に記録がないかチェックするためと、千春の指紋を消すためだと言われます。
葛城が隠匿したいものは、千春が樹理を殺した事実だけではなく、樹理が薬物の常習者だったということもだと思いました。葛城は妻も紹介します。妻は※②で制服警官に通報した上品な夫人でした。
「あとは警察が間抜けな誘拐犯を探すだけだ」と、事実上の勝利宣言を葛城は佐久間に言い渡します。

【結】- g@meゲームのあらすじ4

千春はコインロッカーにスーツケースの金を取りに行きますが、そこにもう1つのロッカーの鍵が入っており、それを開けるともう1つのスーツケースと共に、小さなスコップが入っていました。それは「一緒にオーストラリアに金(きん)を掘りに行く」という佐久間の意志で、千春は動揺します。
佐久間は千春に「一緒に海外へ逃げよう」と電話しました。
翌日のオーストラリア・シドニー行の飛行機の便を押さえたと告げた佐久間は、1枚はカウンターに預けておくと告げて切ります。
千春は家と父を捨てて佐久間と海外に行く道を選択し、空港に行きました。携帯の電源は切っておけと佐久間に言われた千春は、その通りにします。
「予定していた飛行機に先に乗れ。俺は後から行く」と指示されていたのですが、千春は佐久間を待って飛行機に乗らず、「遅い」と電話しようとして携帯の電源を入れました。そこで父・葛城から千春が誘拐されていることを知ります。
佐久間は千春に携帯の電源を切らせておいて、その間に葛城に第2の狂言誘拐を仕掛けていたのです。
「ヤケになった犯人が、千春まで巻き添えにして手にかけるかも」という作戦を葛城に言い、3000万円を3時までに用意して、ヒルタワーホテルの9階に持って来いと指示しました。
脅しには、監禁した写真を送信します(撮影したものの実際にはラブホテルで電話をしたので、使われなかった写真)。
むかっ腹を立てた葛城は千春に電話をかけ、千春も第2の狂言誘拐のことを知ってヒルタワーホテルに向かいました。
千春はそこで佐久間を見かけ、佐久間の入った部屋に行きます。
同じ頃、警察を引き連れた葛城もホテルの部屋に行きました。指定された部屋909号室を開けると、そこにいたのは樹理の恋人・安藤でした。
安藤は佐久間に電話で呼び出され、ホテルの部屋に来れば葛城から3000万円貰えるからと言って待っていました。部屋には誘拐の証拠品も揃っており、薬物の証拠品もあったので、安藤と共に葛城も署に同行されます。
佐久間はガラスを隔てて向こう側にいる葛城に「あなたなら、安藤を真犯人に出来る筈だ」と告げました。葛城は佐久間に自分の負けを認めます。
千春は騙されていたと思って佐久間に平手打ちしました。その際にホテルのフロントから届いたシドニー行きのチケットが佐久間のポケットから落ちます。
驚く千春に「遅れるけど行くと言ったろう?」と佐久間は言いました。佐久間も本当にオーストラリアに行くつもりだったのです。
騙されていなかったと知った千春は佐久間と抱き合います。
翌朝、佐久間の携帯に千春からのビデオメッセージが残されていました。そこには「樹理を殺したのは自分なので罪を償わないとならない。自分にとって一番つらい道を選ぶ。それは佐久間と別れることだ」という内容のメッセージが入っていました。
すべてのゲームに勝ったつもりでいた佐久間ですが、恋だけはゲームオーバーになったと知り、苦い笑みを浮かべました。

みんなの感想

ライターの感想

二転三転する話は無条件に面白い。
第1の狂言誘拐もテンポよく進むのだが、特に中盤以降の種明かしされてから以降の畳みかけはナイス!
…なのだが、なんか都会のスタイリッシュな色彩が全面に出ていて、却って安っぽくなっちゃってる。あれれ?
佐久間の部屋が、すごくバブル全盛期っぽいの。美男美女で揃えてるから、かっこいい部屋まで出すと「画になる」んだけど、嘘くささ&非現実的な感じが増してしまった。
時代設定をバブル絶頂期にもっていくと、今度は携帯の絡みでおかしくなるんだよな。
とにかく2003年の部屋とは思えないマンションに、佐久間は住んでる。
葛城が佐久間に白羽の矢を立てて狂言誘拐の片棒を担がせたわけだけど、その理由の詳細が明らかになってないし。
ストーリーはとにかく面白い、これは事実。ただそれ以外のアラがけっこう多い作品でもある。

映画の感想を投稿する

映画「g@meゲーム」の商品はこちら