「MWムウ」のネタバレあらすじ結末

MW-ムウ-の紹介:2009年公開。16年前に起きた毒ガス事件の生き残りの二人、復讐をする結城とそれを止める賀来の姿を描いた作品。出演は玉木宏、山田孝之、石橋凌など豪華キャスト。監督はテレビドラマで活躍の岩本仁志。音楽は「黒子のバスケ」「ドラゴンヘッド」の池頼広。16年前、MWと呼ばれる神経ガスによって沖之真船島の島民が死亡し虐殺された。奇跡的に生き残った結城と賀来。結城は復讐のため行動を起こすのだった。

予告動画

MWムウの主な出演者

結城美智雄(玉木宏)、賀来裕太郎(山田孝之)、牧野京子(石田ゆり子)、沢木和之(石橋凌)、溝畑智史(山本裕典)、渡辺美香(山下リオ)、松尾(鶴見辰吾)、三田(風間トオル)、岡崎俊一(中村育二)、山下孝志(半海一晃)、望月大臣(品川徹)、橘誠司(林泰文)

MWムウのネタバレあらすじ

【起】- MWムウのあらすじ1

今から16年前、沖之真船島で「MW」と呼ばれる毒ガス兵器が漏れ出します。
島民の大半は中毒死し、生き残った者は虐殺されていきました。政府によって、この事件は隠蔽されます。
二人の少年、結城と賀来は生き残ります。結城の咄嗟の判断で隠れる事に成功したのです。しかし、結城は毒ガスを吸って後遺症が残ってしまいます。
本土に逃げ延びた二人は教会で暮らすことになります。賀来は神父となって多くの子供達の世話を渡辺美香とするようになります。
大人になった結城は、岡崎という男の娘を人質にとって身代金を要求していました。場所はタイで、日本の警察からは沢木と橘がやってきています。
結城は岡崎に一億円の入ったバッグを指示したビルに持ってくるように電話します。そして賀来に依頼して岡崎と似た変装をした男達を用意します。警察は岡崎の行方を一瞬見失いますが、追いかけます。
岡崎が次にやってきたのはホテルでした。クリーニングシューターからバッグを投げ込むように指示されます。
警察はバッグと犯人を確保したと思いますが、どちらもフェイクでした。結城は途中ですり替えてホテルから逃げます。

【承】- MWムウのあらすじ2

沢木は結城に気づいて追いかけます。結城が電車に乗るのを確認した沢木はタクシーを借りて追いかけます。
商店街を歩いている結城を沢木が追いかけます。結城はバイクで逃走し始め、沢木が追い詰めます。
一億円の入ったキャッシュケースを開けると空っぽでした。本物のキャッシュケースは配送で出していたのです。
逃げ切った結城は岡崎を呼びつけます。娘は結城と暮らすと言い始めます。結城は岡崎の娘を殺して、岡崎も殺します。
この事件の記事を書いた牧野京子は企業がらみの事件だと主張します。上司に通らず、三田に記事の仕事をとられます。
京子は諦めませんでした。以前起きた殺人事件の被害者と岡崎は同じ沖之真船島出身であることに気づきます。部下の溝端と協力して取材を始めます。
昼間は銀行員の結城は橘に身代金の番号を渡しに行きます。身代金を素早く用意したのは結城でした。沢木は結城を怪しみます。
結城は上司の山下本部長に岡崎が横領していた金の話をします。1億円にも及ぶ金額で、山下は望月大臣から1億円の用意を要求されていました。
用意できれば出世できるため、山下はその一億円を自分の口座に入れるように結城の提案を受け入れます。

【転】- MWムウのあらすじ3

毒ガスの後遺症で結城は突然倒れます。賀来に電話をして助けを求めます。賀来が結城を自宅まで運んで、復讐をやめるように説得します。
残された時間が少ない結城は復讐をやめませんでした。賀来は結城の自宅の電話で警察に電話をします。後日、橘が話しを聞いてくれることになります。
橘に会いに行く賀来でしたが、橘は縛られていました。拘束を解こうとすると仕掛けがされていて、橘は動脈を切られて失血死します。
結城は全て分かっていたのです。先ほどの状況をビデオカメラで録画した結城は賀来を脅します。
結城は山下を拉致して自宅の屋上に監禁します。山下を横領の犯人に仕立て上げます。MWの在処が沖之真船島であることが分かります。そして屋上から落として殺します。
京子は取材を続けていくうちに交通事故で亡くなった川村記者の記事を見つけます。彼は沖之真船島の事件を調べていたのです。
彼の家を訪れた京子は手帳を見つけます。そこにはMWの隠し場所や、結城や賀来のことが書かれていました。
京子は賀来に会いに行きます。全て知った京子は結城とも会って、MWの隠し場所である沖之真船島に3人で向かいます。
MWは水によって中和されるため、貯水池の中に隠されていました。結城が池に潜ると、監視カメラに映った賀来と京子を殺しに軍のヘリコプターがやってきます。
賀来は崖から落ちて撃たれずに済みます。池の中のMWは中身がありませんでした。池からあがってきた結城は京子から手帳を預かり、ヘリの前に京子を投げ出します。
結城が川村記者の車のブレーキを外して殺したのです。川村記者は二人を育てた神父から依頼を受けて調べてたのです。京子は撃たれて死亡します。

【結】- MWムウのあらすじ4

結城は政府を脅そうとしていました。賀来を救って二人は島から帰ります。賀来が一緒に死のうと言い出し、もみ合いになります。賀来は海に落とされてます。岸まで泳いだ賀来は警察に連絡して保護してもらいます。
橘あてにきた連絡先が結城の自宅であることに沢木が気づきます。中に踏み込むと住人はすでに死亡している人物でした。
結城は川村の手帳から東京基地にMWのサンプルがあることに気づきます。教会の子供達と美香を人質にして基地に乗り込みます。
結城はMWを持ち、手には手榴弾、周りは子供達を人質にして、隣には軍人も人質にとっていました。米軍と協力して沢木は結城の逮捕に全力を注ぎます。
飛行機を用意させた結城は子供達を一斉に逃げ出させます。そして一つのMWを美香に持たして手榴弾を投げ、飛行機に乗り込みます。沢木が手榴弾を遠くに投げて死人は出ませんでした。
人質の軍人に運転させて、結城は世界中にMWを売りつけようとします。飛行機に隠れていた賀来が止めに行きます。MWを使えなくするため賀来は自ら海に落ちます。
人質の軍人も脱出して、後ろを追尾していたヘリが飛行機をミサイルで爆破します。
しばらくして沢木の元に電話がかかってきます。それは結城からで、望月大臣の総裁就任の会場で面白いことが起こるといった内容でした。
テレビ放送されたいた会場でスモークが出始めます。悲鳴が聞こえる映像が流れます。そして、これはただの始まりであることを告げた結城の姿が映し出されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所の一つに音楽があります。劇中に流れる曲は「黒子のバスケ」や「ドラゴンヘッド」、「Tiger&Bunny」など数々のアニメや映画を手掛ける池頼広氏が担当しております。その壮大でMWの世界観にマッチしている音楽は絶妙です。
音楽だけでなく、豪華な出演陣の演技にも注目です。序盤の沢木役の石橋凌が結城を追いかけるアクションシーンの演技は迫力があります。また、世界を破滅させる狂気をまとう結城を演じる玉木宏の演技も素晴らしいものがあります。
舞台がタイであったり、基地内で米軍がでてきますので洋画的な部分を感じさせてくれます。原作は手塚治虫で生誕80周年記念に制作された作品です。ファンの方もそうでない方も楽しめる作品になっていると思います。

映画の感想を投稿する

映画「MWムウ」の商品はこちら