「RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。正式名称『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー! 略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。向井理が“絶対舌感”という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸を演じ、個性豊かな仲間とともに謎の温泉芸者を探す旅を描いたユニークなドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。人里離れた村を舞台に、次々と起こる不可解な事件を解決するため、蘭丸と仲間たちが奔走する。

予告動画

RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編の主な出演者

朝永蘭丸(向井理)、甕棺墓光(木村文乃)、宮沢寛治(佐藤二朗)、肥田文吾(岡本信人)、六郎(渡辺哲)、岩月丹治(矢島健一)、シバ(春海四方)、ワカ(落合モトキ)、卜真(永瀬匡)、(中野英雄)、野々村龍之介(市原隼人)、湯川麗子(黒谷友香)、野々村花乃(財前直見)、武田竜胆(木村多江)

RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ヒッチハイクで滋賀・米原に帰るつもりが泥はねで山形の米沢方面へ連れて行かれた蘭丸は、温泉のある鬼灯村で行き倒れて目覚める。第2の「口の合う」女性・りん先生を見つけた蘭丸は恋をする。鬼灯村は現在、水の出荷で栄えていた。ある日酒蔵の息子・真が遺体で発見される。 ②りん先生の家系は昔から堕胎の名医の一家。りん先生と恋仲の龍之介が脅されて水工場主・麗子に地下水脈の流れを変えろと指示された。真は自分で頭を打った事故死。りんは蘭丸の義姉。

【起】- RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のあらすじ1

まずは、3分間お耳(おめめ)を拝借。
…朝永蘭丸(ともなが らんまる)という若い男は、絶対舌感の持ち主で、舌に載せたもの全てを脳内で成分に変換してしまうことができます。
伝説の三助(背中を流す、垢すりをする、肩もみをする、昔の浴場でのサービス従業員の役職名)・平助を祖父に持ち、学者である父・竜助に子供の頃からキテレツな英才教育を受け続けたことで、蘭丸はこの能力を身につけました。
蘭丸が行く先々で殺人事件が起こりますが、蘭丸が舌で舐めることで事件を見事に解決していきます。
そんな蘭丸のことを、人々は尊敬の意をこめて『神々の舌』と呼びます。
蘭丸が旅をすることになったのには、あるいきさつがありました。
蘭丸の祖父の通夜に、突如として現れてキスをしたものの、蘭丸の脳に何も思い浮かばせなかった、流浪の温泉芸者・ミヤビという女性がいます。
蘭丸は口に含んだものの成分が分かるので、キスすると大抵は相手の口内細菌にもだえ苦しみ、吐くこともあるのです。
さて蘭丸は生まれて初めてのキスでミヤビに恋をし、彼女を探す温泉場巡りの旅に出ました。
そんな蘭丸の旅を手助けする〝助さん格さん〟ならぬ二人組がいます。
ひとりは、一方的に蘭丸に好意を抱く若い女性・甕棺墓光(かめかんぼ ひかる)です。
光は顔はよいのですが性格は最悪で、まがい物ばかりを売りつける、2サス(2時間サスペンスドラマ)マニアの骨董屋です。
事件が起きれば勝手に推理を始める光ですが、光の推理が当たったことはまだ一度もありません。
もうひとりは宮沢賢治をリスペクトする旅のご意見番の中年男・宮沢寛治(みやざわ かんじ)です。
かつて蘭丸の舌に助けられて恩義と興味を感じた寛治は、旅に参加することにしました。
ふたりのお供を引き連れて、ミヤビを追い続けた蘭丸は、やっとミヤビとの再会を果たしました。
ところがこのミヤビという女性は、持病の薬のせいで、一時的に口内細菌が消えていただけということが判明します。
こうして蘭丸の初恋はあっけなく幕を閉じ、同時に3人の旅も終わり、テレビドラマも打ち切りの筈でした(テレビドラマ版『神の舌を持つ男』参照)…。

…行き倒れていた蘭丸は、六郎、文吾、丹治の三賢者によって温泉に入れられました。蘭丸が倒れていた時、へちまと軽石を持っていたからです。
蘭丸は女性による人工呼吸で目覚めました。その女性…村の医師・武田竜胆、通称:りん先生の口内成分は、最近は感じられるものの、蘭丸に不快感を抱かせない初めての女性でした。蘭丸はりん先生に恋をします。
目覚めたところは、山形県の鬼灯村(ほおずきむら)と呼ばれるところでした。その名のとおり、村のあちこちには鬼灯の植物が生えており、実っています。
そこへ蘭丸を追って光が、光を追って寛治がやってきます。光は蘭丸に発信器をつけており、寛治は光のスマホにアプリを入れ、GPSを追っていたのです。
蘭丸は滋賀県の米原までヒッチハイクして帰るつもりでしたが、行先を書いた紙が泥はねで「米沢」と見えてしまい、それで山形まで連れて行かれたのでした。
追ってきた光のトラックの真下の地面が陥没して、積んでいた骨董品が散乱してしまいます。
光は骨董品回収のため、しばらくの滞在を余儀なくされました。

【承】- RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のあらすじ2

鬼灯村はかつて鬼灯温泉という温泉で栄えた村でしたが、今現在はさびれています。
但し数年前から役場の誘致で、この土地から湧き出る水が名産として売れるようになっていました。工場が山に建てられ、『鬼源水』というペットボトル水が出荷されています。
その場にいた野々村龍之介という若者は、父の形見として常に銀の鮎の形をしたネックレスをつけていました。
龍之介の家が旅館なので、蘭丸、光、寛治はそこへ身を寄せます。
龍之介の旅館は『菩辺美庵(ボヘミアン)』という名で、母の花乃が女将をしています。
蘭丸が伝説の三助の孫と知ると、花乃はしばらく滞在し、宿を助けてほしいと言いました。
その土地では最近、妙なことが起きるのだそうです。
村のあちこちで黒い水が湧き出るようになり、夜には鬼火のようなものが目撃されるとのことでした。

その夜。
旅館の窓から鬼火のような光を見た蘭丸は、鬼火めがけて走りました。鬼火はちょうど、光のトラックが落ちたところで発生しています。
夜のうちだと危ないので、翌朝になって再び鬼火が発生した場所へ行くと、そこには地元の酒蔵の息子・卜真(うらない まこと)の死体がありました。
事件発生ということで、地元の柴刑事と若村刑事がやってきます。
真はりん先生と恋仲という噂がありました。りん先生は「告白されたけれども、断った」と言います。真が死んだ午前2時ごろのアリバイは、ありません。
龍之介がりん先生をかばい、龍之介とりん先生がつきあっていることが発覚します。

地元の老女たちは円陣を組み『かごめかごめ』の歌を歌います。この地で昔から歌われる歌でした。
この歌の『かごめ』には諸説があると、寛治が説明します。
そのうちのひとつには『籠女』と記し、妊婦を指すことを挙げました。夜明けの晩に滑って流産した…つまり老女たちが円陣を組んでいるのは、水子供養の儀式ではないかと寛治が言います。

酒蔵の息子・真が殺された謎も犯人も、依然としてつかめないままでした。
酒の仕込みをする給水管を見つけた蘭丸は、『鬼源水』のために引く水と、酒蔵の水が同じであると知ります。
両方ともに鬼の蔵の隣の土地から引いています。蘭丸は工場主に会いに行きました。
工場を経営しているのは、光の表現を借りると「美魔女」の湯川麗子でした。麗子は毎日100tの水を取水口から汲んでいることを告げ、水は海外に輸出していることを話します。
協定書を見たいと蘭丸が言いましたが、例事故は「ホームぺージに公開しているので、ご自由にどうぞ」と答えました。帰って調べますが、該当するホームページは存在しません。
つまり麗子の工場は一部上場しておらず、かなり怪しい商売だと蘭丸と寛治は思います。

また夜に鬼火が発生しました。
蘭丸は鬼火の正体が『放電プラズマ現象』だと突き止めました。水晶を多く含む玄武岩がある場所では、発生しやすいのです。
放電プラズマ現象を見に行った蘭丸たちは、そこに逆さになった『蘭丸』と書かれた墓を見つけました。これが老女が何度も口にする〝鬼子〟の招待かと思います。
知らないうちに男子禁制の地へ入ってしまっていた蘭丸たちは、老女たちに捕まりました。檻に入れられて、3人は水で清められます。

【転】- RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のあらすじ3

この地域に古くから伝わる忌まわしい伝説を、女将の花乃が蘭丸に話しました。
昔、月山(つきやま)藩の武士が、国元の女と恋仲になりました。女は武士の子を身ごもります。
ところが江戸詰めになることに決まり、武士は女を捨てることにしました。腹の子を流産させたのです。
女は生まれてくる子のために、蘭丸という名を決めていました。死んだ子の墓を逆さに作りました。
その後、死んだ子の呪いなのか、月山藩が改易(お取り潰し、藩がなくなること)になりました。さらに武士には世継断絶が言い渡されます。
…この言い伝え以降、鬼灯村はたびたび女たちが堕胎しに現れるようになりました。
まだ医学が現在ほど発達していなかった頃は、中絶で命を落とす女性も少なくありませんでしたが、鬼灯村では女性を殺すことなく堕胎ができる技術を持っていました。
その秘密は、鬼灯の持つ酸漿根(さんしょうこん)だと蘭丸は気付き、この事件の下には水が流れていると思います。
陥没した土地は、『鬼源水』の私有地でした。それも怪しく思えます。
麗子は「投資目的で土地を買った」と言いますが、工場が建てられた5年前に対し、その土地を購入したのは今年に入ってからのことです。

陥没した土地に秘密が隠されていると思った蘭丸は、そこを調べようと考えました。
というのも、日本国には川に関しては『河川法』がありますが、地下水についてはまだ法律がないのです。
麗子が協定で決めた1日100tの水よりも、実際は多く汲み出している可能性がありました。そのために地盤沈下が起こり、土地の陥没が起きたのではないかと考えたのです。
但し、麗子が新たに購入した土地の水質は、『鬼源水』の成分とは異なっていました。
陥没エリアを調べていると地鳴りがし、蘭丸と光は落盤箇所から地下へ落ちました。寛治もかけつけます。

そこには空洞が広がっていました。その壁に付着した白い粉末を舐めた蘭丸は、「謎は全て解けました」と言います。

村の人たちを集めた蘭丸は、まず村に古くから伝わる「この村は子殺しの村」について説明をします。
りん先生の家系は、昔、中条流(ちゅうじょうりゅう)という堕胎専門の、江戸時代に栄えた女医の末裔でした。直属の家系なので、りん先生は知らされずにいませんでした(遠慮も手伝って)。
堕胎に使われたのが鬼灯に含まれるヒストニンだと指摘した蘭丸は、りん先生が地元の老女たちから疎んじられている理由を明らかにしました。
(現在はしていないとはいえ、堕胎専門の病院にかかることを、老女たちは嫌った)

続いて蘭丸は、崩落のあった洞窟で見つけた、鮎の形のネックレスを見せます。
それは龍之介が肌身離さず身につけているはずのものでした。つまり、龍之介は最近、洞窟に入ったという証です。
龍之介が地下洞窟に入り、空洞の壁を壊して崩落事故を起こした犯人でした。さらに、酒蔵の真を殺した犯人でもあります。
その地域には、2つの地下水脈がありました。その水脈の流れを変えるために、龍之介が空洞に白い粉を塗ったのです。
白い粉は酸化カルシウムを主成分とする無機化合物…膨張剤です。膨張剤は岩や石を破壊する工事に使われます。
ダイナマイトなどの火薬を使うと振動や騒音が出ますが、膨張剤を使うと自然に破壊できるのです。ただし、正確な時間を読むことは難しくなります。

【結】- RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のあらすじ4

もともと真は取水口から取れる水が減ったことで、麗子が協定を破って多くの水を汲み出していることを疑っていました。なんとしてもその証拠を掴んでみせると、息まきます。
その頃、龍之介は工場の社長・麗子にりん先生の家系の秘密をネタに脅され、落盤が起きる土地を売れと言われました。さらに地下水脈の流れを変えろと命令されます。
地下水脈の流れを変えることで、地下からも水を汲みだせると、麗子は踏んだのです。

膨張剤を使って不自然に落盤を起こしていると、それが放電プラズマ現象を引き起こすことになりました。黒い水もその影響の産物です。
真は『鬼源水』の会社を調べ、工場のオーナー・湯川麗子が、本当は「湯麗(タン・リー)」という中国人だと知ります。中国との合弁企業で、水はすべて中国に輸出されていました。
事実をつきとめた真が龍之介に詰め寄り、揉み合いになります。
その時、放電プラズマ現象が起こり、驚いた真は自分で頭を打ち、さらによろけて2回頭を打ちました。その結果、真は死んだのです(つまり事故死)。

事故であると龍之介が名乗り出ればよかったのですが、その前に揉み合いになっている時、たまたま横を蘭丸が通っていきました(初日の夜、放電プラズマ現象を見て走っていた)
龍之介は真と揉み合った現場を蘭丸に見られたと思い込み、そのままにしておくと自分のせいにされると思いました。せめて遺体の場所を移動させれば、事故だと思ってもらえるのではないか…そう考えて、落盤の箇所に移動させていました。
龍之介は過失致死と遺体遺棄容疑で逮捕されます。
連行される龍之介に、りん先生が「子どもがいます」と発言し、村人たちは驚きました。
ところが龍之介は、りん先生の妊娠に感づいていました。少し前に、りん先生から「村を出よう」と誘われていたからです。
龍之介はりん先生を守りたくて(りん先生の家系の秘密を隠しておきたくて)、それで罪を犯したのでした。それに気づいた村人たちは号泣します。

…骨董品をすべて回収し、車も直ってきました。蘭丸たちは旅立てます。
地下空洞の崩落事故により、証拠がすべて消えてしまったため、龍之介は執行猶予の身になりました。
また麗子の会社も同じく証拠が消えたことで、罪に問われないままです。
蘭丸はりん先生に告白し、潔く振られました。その際に、りん先生の持つ写真から、りん先生の父親が蘭丸の父・竜助と判明します。
蘭丸がりんに人工呼吸を施された時に不快感を覚えなかったのは、りん先生が異母姉だったからでした。身内だからだったのです。
納得しながら、蘭丸たちは立ち去りました。

(エンドロール)発進した車が故障ですぐ止まり、蘭丸、光、寛治は3人で押して行くことに。エンド曲は坂本冬実の『女は抱かれて鮎になる』で、鮎は劇中の龍之介が持っていたネックレスに関係し、また『菩辺美庵』の宿の床の間の掛け軸にもその表記あり。
蘭丸、光、寛治の意味なしトークがえんえんと続く。

…1年後。
りん先生は出産し、赤ん坊を抱いています。横には龍之介が寄り添っていました。

(エンド後)戻って現在。
必死で車を押したものの、光到着時に車を落とした事件で、道の整備はまだできていない。
近道があることに気付くが、また車が落ちてしまった。当分3人は村から出られない模様。

みんなの感想

ライターの感想

『トリック』シリーズの堤幸彦らしい、小ネタがいっぱい詰まった作品。
ギャグベースなので、謎ときよりもはるかに小さいボケツッコミが多いです。特に、光がボケて寛治が突っ込むという。
さてメインとして起こる殺人事件やら、地盤沈下やらについては、割にまっとうなもの。
きちんと筋道も合っているし、だから駄作とも言えない。
ちなみに私はテレビドラマ見てません。…見なくてもじゅうぶん、理解可能!

映画の感想を投稿する

映画「RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編」の商品はこちら