「ROOMH6」のネタバレあらすじ結末

ROOM-H6の紹介:アントニオは感情のもつれから恋人のソレダットを殺害してしまう。出所後、叔母の遺したホテルを相続する。そして結婚紹介所で知り合った看護師のフランシスカと結婚。妻が仕事で留守の間にアントニオは次々と娼婦をホテルに連れ込んで殺害していく。捜査していた警察の行動もアントニオには読まれていた。猟奇殺人鬼アントニオ・フラウの起こした惨劇を描いた作品。

この映画を無料で観る

ROOMH6の主な出演者

アントニオ・フラウ(フェルナンド・アカソ)、フランシスカ(マリア・ホセ・バウサ)、フローレス(アレッホ・ザウルス)、ロサ(ラクエル・アレナス)

ROOMH6のネタバレあらすじ

【起】- ROOMH6のあらすじ1

アントニオ・フラウは恋人ソレダットを愛していました。彼はソレダットの事が気になりすぎて、他の男と寝ている姿を想像してしまうなど病んでいました。そしてソレダットの首を絞めて殺してしまいます。
逮捕されたアントニオはしばらくして出所すると、叔母が遺したホテルを相続することになります。売春宿として利用されていて、現在は廃業していました。荷物を運びこんでアントニオは暮らし始めます。
結婚紹介所で知り合ったフランシスカとアントニオは結婚します。フランシスカは家を出るためにアントニオを利用します。看護師として夜勤で働き続けるフランシスカでした。そこで医師と愛人関係を続けます。
アントニオはある殺人鬼を尊敬していました。その殺人鬼は自分が不利になると分かっているにも関わらず、犯行の様子などを日記に書いていました。アントニオも真似をしようと考えます。 この映画を無料で観る

【承】- ROOMH6のあらすじ2

夜勤で妻が留守の間にアントニオはホテルに人を連れこみます。まず初めは屋上から侵入して、今まで無料で寝泊まりしていた男です。彼を毒殺して金品を奪おうとしますが、航空券のチケットしか持っていませんでした。
次に狙ったのはホテルの前を歩いていたロサという売春婦でした。彼女を開かずの間の6号室のテーブルの上に縛り付けて犯行を行います。切断した体を違う場所に埋めるアントニオでした。
ロサの次に狙ったのはホテルの前で疲れて座り込んでいたマリサでした。彼女はドラッグに溺れていて救いを求めていました。アントニオは彼女を救うことが天命だと勘違いをして犯行に及んでいきます。
アントニオは妻のフランシスカに食事を作ってあげていました。そのメニューの中には殺人を行った人達の一部を材料としていました。彼女は知らずに食べてしまいます。

【転】- ROOMH6のあらすじ3

何人もの人が行方不明になっているので、警察は捜査していました。捜査をしていた警視は以前アントニオを逮捕した警部でした。アントニオの逮捕で出世していました。
警視の元にオビエドという女性が現れます。彼女は弟に航空券の料金を払ったのですが、音信不通になっている事を警視に伝えます。弟は安いホテルに泊まっていたと言います。最初にアントニオに殺された男性の姉だったのです。
着々と捜査されていてもアントニオは犯行を止めませんでした。次に狙ったのはホテルの前でケンカしていたクーロとティナでした。ホテルに誘い込んでティナに食事を与えている間に、女性に暴力を振るっていたクーロを階段から突き落とします。
ティナも犯行に及ぼうと6号室に連れて行こうとしますが、アントニオは彼女を家に返します。理由は聖母マリアのカードを持っていて信仰があったからです。カードを一枚もらったアントニオはお金を渡します。
カード一枚でお金をもらえたティナは納得して帰りますが、アントニオの食事が原因で血を吐いて倒れます。そこに警視達がきて証言を得ようとします。

【結】- ROOMH6のあらすじ4

怪しいと睨んだ警視達がアントニオのホテルにやってきます。詳しく捜査したいのなら捜査令状を持って来いとアントニオは追い返します。令状ができるまでの間にアントニオは証拠や6号室など片付けます。
日は変わって、捜査令状を持ってきた警視達が証拠を探しにやってきます。そこで見つかったのは最初の被害者の男性の航空券でした。それを理由にアントニオは連れて行かれます。
精神病棟に入れられたアントニオはフランシスカを面会に呼びます。彼女と取引をするためです。彼女は離婚することを求めていました。アントニオは犯行の日記で金儲けをしたいのです。離婚をする代わりにホテルの売却をフランシスカに頼みます。そのお金の半分を得たフランシスカでした。
3年後、アントニオは出所します。それはホテルに置いていた日記や航空券ではアントニオの犯行を全て立証するには至らなかったからです。犯行日記の全てを書いて死刑された、ある殺人鬼から学んだ事だと彼は警視に手紙を送ります。その手紙には本当の犯行日記が一緒についていました。警視以外にコピーを出版社にも送りつけたアントニオは不敵に笑います。
湖でフランシスカと落ち合って、離婚届にサインをして金の半分を受け取るアントニオでした。新聞はアントニオの記事で持ち切りだとフランシスカは言います。なぜ私を殺さなかったのか問うと、彼は家族だからと答えます。家族は大切だと彼は言います。最後に世の中に悪い人が多いから気をつけてというアントニオでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ROOMH6」の商品はこちら