「冒険/宝探し」映画一覧

NUMB 〔ナム〕 極限の争奪戦の紹介:2015年製作のカナダ映画。失業した夫婦とヒッチハイカーのカップル4人を乗せた車が、低体温症の老人をさらに乗せる。死亡した老人は荷物から銀行強盗犯だったと発覚し、大金の隠し場所を記したと思われる地図が見つかる。4人は地図を頼りに雪山へと踏み込んでいくが…。

ネタバレを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまりの紹介:ピーター・パン誕生までを描く勇気と冒険のファンタジー大作。『プライドと偏見』『つぐない』などのジョー・ライト監督が本格的なファンタジー作品を手掛けた2015年の作品。『ハリー・ポッター』のワーナーが贈る3Dアクション・アドベンチャー。

ネタバレを読む

ホテル・ハイビスカスの紹介:天真爛漫な少女美恵子の家族や出会った人々との交流や、美恵子のひと夏の冒険を沖縄の風土を背景に描いた痛快コメディ。
原作は1980年代に発刊された仲宗根みいこの同名コミック。『ナビィの恋』で一躍注目された中江裕司監督が4年ぶりにメガホンを取り、主人公を少女に絞って2002年に映画化した。東京国際映画祭審査員特別賞受賞作。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太のドラビアンナイトの紹介:1991年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第12弾。ハールーン・アッ=ラシード王の統治時代である794年のバグダッドを舞台に、ドラえもんとのび太達5人の活躍を描いた長編作品。『アラビアンナイト』をモチーフとしている。

ネタバレを読む

幸せの1ページの紹介:2008年公開のアメリカ映画。孤独なベストセラー作家と、孤島で父親と二人で暮らす少女との出会いを描いている。ウェンディー・オルーの児童文学「秘密の島のニム」が原作。ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー出演で贈る作品。主題歌はU2で「ビューティフル・デイ」。

ネタバレを読む

エウロパの紹介:2012年製作のアメリカ映画。木星の第二衛星、エウロパを調査する宇宙飛行士たちの危険な任務を描いた作品。世界中から選ばれた6人の宇宙飛行士の過酷な状況や不測の事態を映し出している。ミカエル・ニクヴィスト、ダニエル・ウー、シャールト・コプリーらが共演したSFスリラー。

ネタバレを読む

アーロと少年の紹介:2015年製作のアメリカ3Dアニメーション映画。地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた架空の世界を舞台に、文明と言葉をもつ恐竜と言葉をもたない人間の少年との出会いと冒険を描く、ディズニー/ピクサーによるアドベンチャー。

ネタバレを読む

ミラクルズの紹介:2009年制作のカナダ映画。少女が家に隠された秘密の冒険を行う姿を描いたアドベンチャー作品。両親が共働きで、ノエミは上の階に住むランバグーお婆さんの家に通っていた。そして亡くなったエミールお爺さんが遺した宝物を探すのだった。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争の紹介:1985年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第6弾。スネ夫の趣味で特撮映画を作っていたのび太たちが知り合った宇宙人パピの窮地を救うため、ドラえもんたちが立ち上がる。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の大魔境の紹介:1982年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第3弾。2014年にリメイクもされた。春休みを使ってアフリカの秘境を探検しようと考えたのび太たちと、バウワンコ王国の王子ペコたちの冒険を描く。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史の紹介:1981年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第2弾。2009年にリメイクもされた。超空間での事故で生じた入り口から、開拓星・コーヤコーヤ星へ行けるようになったドラえもんとのび太たちの活躍を描く。

ネタバレを読む

ファンタスティック Mr.FOXの紹介:2009年のアニメーション映画。「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダールの原作小説「父さんギツネバンザイ」を基に、ウェス・アンダーソンが監督した。日本公開は2011年。

ネタバレを読む

コン・ティキの紹介:2012年公開のノルウェー映画。自らの学説を証明するために、ティキ時代の筏でペルーからポリネシアの航海に挑んだ男たちの姿を描いている。アカデミー賞やゴールデングローブ賞で、外国語映画賞にダブルノミネートした作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。