「冒険/宝探し」映画一覧(11ページ目)

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島の紹介:2012年公開のアメリカ映画。2008年の映画『センター・オブ・ジ・アース』の続編にあたる。ジュール・ヴェルヌの『神秘の島』などに題材を得た作品。

ネタバレを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの紹介:2011年制作のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロで父を亡くした少年の希望と再生を描いた、ジョナサン・サフラン・フォアの同名ベストセラー小説を映画化。

ネタバレを読む

2001年宇宙の旅の紹介:木星探査に向かう宇宙船のクルーが見舞われる事件、そしてその先に待つ地球外の存在との接触を描いた映画です。高品質なSFXで描かれるリアルな宇宙空間、難解なストーリーなどが特徴でSF映画の古典とされる名作です。

ネタバレを読む

ライラの冒険 黄金の羅針盤の紹介:2007年制作のアメリカ映画。フィリップ・プルマンの『ライラの冒険』シリーズの第1作だが続編制作は諸事情で叶わなかった。現実世界に似たパラレルワールドに住む少女が全世界を巻き込む戦いの鍵を握るストーリー。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

ネタバレを読む

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年公開のアメリカ映画。真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが、大暴れする様子を描いたファンタジーの第2弾である。第3弾『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』も2014年12月公開予定。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介:2011年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第8弾、正真正銘最後の作品。原作をより忠実に映像化するためシリーズ中「死の秘宝」のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

塔の上のラプンツェルの紹介:塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが夢を叶えるために外の世界へ足を踏み入れる、夢と感動に溢れたプリンセスストーリー。本作はディズニー長編映画50作目で、初の3Dプリンセス映画です。50作目に相応しい素晴らしい作品です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。