「冒険/宝探し」映画一覧(11ページ目)

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

ネタバレを読む

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年公開のアメリカ映画。真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが、大暴れする様子を描いたファンタジーの第2弾である。第3弾『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』も2014年12月公開予定。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介:2011年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第8弾、正真正銘最後の作品。原作をより忠実に映像化するためシリーズ中「死の秘宝」のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

塔の上のラプンツェルの紹介:塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが夢を叶えるために外の世界へ足を踏み入れる、夢と感動に溢れたプリンセスストーリー。本作はディズニー長編映画50作目で、初の3Dプリンセス映画です。50作目に相応しい素晴らしい作品です。

ネタバレを読む

ターザンの紹介:漂流した両親と赤ちゃんが島に流れ着きやがて両親は無くなってしまいます。一人になった赤ちゃんはゴリラの母親に拾われゴリラとして育てられることになりますが、人間の女性との出会いが待っています。ディズニーの冒険アニメ映画です。主題歌You’llBeInMyHeartが話題になりました。

ネタバレを読む

キャスト・アウェイの紹介:2000年公開のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演で、無人島に流れ着いた男性のサバイバル生活を描いた作品で、シーンのほとんどをトム・ハンクス1人で演じている。

ネタバレを読む

トゥームレイダー2の紹介:2003年制作のアドベンチャー・アクション映画。本作ではパンドラの箱を求めてララが世界を飛び回る。『トゥームレイダー』と同じく主演はアンジェリーナ・ジョリーだが、監督はヤン・デ・ボンに交代した。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介:2005年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第4弾の作品。魔法界を揺るがす闇の魔法使い・ヴォルデモートの復活や、ハリーをはじめとする仲間たちの恋愛模様などが描かれている。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介:2004年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第3弾の作品。前2作を監督したクリス・コロンバスの降板により、メキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンが監督を務めた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。