「時代劇」映画一覧(10ページ目)

眠狂四郎女妖剣の紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の4作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

眠狂四郎勝負の紹介:1964年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

グラディエーターの紹介:2000年公開のアメリカ歴史映画。リドリー・スコット監督。帝政ローマ時代中期を舞台にし、あるローマ軍将軍が自らを陥れた皇太子への復讐を誓い、グラディエーター(剣闘士)として名をあげていく物語である。

ネタバレを読む

マリー・アントワネットの紹介:女性映画監督として有名な、あのソフィア・コッポラが描く悲劇の王妃、マリー・アントワネットの伝記映画。ただし、歴史事実よりもマリー・アントワネットを1人の女性として描くことに重点を置いた映画となっている。劇中のファッションも注目ポイント。

ネタバレを読む

サウンド・オブ・ミュージックの紹介:修道院から家庭教師として派遣されたマリアが直面する、子供たちの騒動とナチスへの抵抗を、派遣先の大佐との愛情を絡めてコミカルにも描いたミュージカル映画。実話が原作。第38回アカデミー賞作品賞など受賞。

ネタバレを読む

幕末の加賀藩に仕える下級武士の生活を実際の家計簿を基にして描いた作品で、不正を暴くなど武士としての剣術などではなく、会計方としてのお家芸である「そろばん」を武器に親子3代が立身出世する物語。

ネタバレを読む

江戸時代を舞台に、「加賀料理」の伝統の基礎を築いたと言われる加賀藩舟木家の史実を描く時代劇。料理の腕前で殿様に仕えた包丁侍一家の舟木安信と、それを支える妻・お春。さまざまな問題を乗り越えて行く若夫婦の姿を描く。監督は「釣りバカ日誌シリーズ」の朝原雄三。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。