「時代劇」映画一覧(4ページ目)

劒岳 点の記の紹介:2009年公開の日本映画。新田次郎の同名小説を浅野忠信をはじめ、名優たちの共演で映画化したドラマ。日本地図完成のため、誰も登頂に成功したことのなかった危険な山、剣岳に挑んだ男たちの姿を描く。

ネタバレを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの紹介:2008年製作のイギリス・アメリカ映画。「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演を果たした。日本公開は2009年。

ネタバレを読む

夕陽のガンマンの紹介:1965年製作のイタリア映画。『荒野の用心棒』に続く、「ドル箱三部作」の第2作目に当たる。本作品でレオーネ監督は独自の演出スタイルを確立、名実共にマカロニ・ウェスタンの巨匠と目されるようになった。

ネタバレを読む

仮面の男(1998年)の紹介:1998年公開のアメリカ映画。アレクサンドル・デュマの『ダルタニアン物語』をベースに、ルイ14世と鉄仮面伝説、老いた三銃士の復活と活躍、王妃とダルタニアンの秘めた恋を豪華キャストで描いた歴史娯楽活劇。

ネタバレを読む

アーティストの紹介:2011年制作のフランス映画。サイレントからトーキーへと転換期を迎えた1920年代のハリウッドの映画界を舞台に、スターの座をかけのぼっていく新人女優と、過去の栄光にしがみつこうとする大スターの没落という2人の運命を描く。

ネタバレを読む

十三人の刺客(2010年)の紹介:2010年公開の日本映画。1963年の傑作時代劇を鬼才・三池崇史監督が、役所広司、山田孝之ら豪華キャストとともに再映画化。300人の敵陣に13人で戦いを挑んだ男たちを描く。50分ものチャンバラシーンが見所。

ネタバレを読む

父親たちの星条旗の紹介:2006年公開のアメリカ映画。太平洋戦争最大の戦闘とされる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」のアメリカ側視点の作品である(日本側視点は『硫黄島からの手紙』)。監督はクリント・イーストウッド

ネタバレを読む

戦国自衛隊1549の紹介:2005年公開の日本映画。1979年の映画『戦国自衛隊』のリメイク的な作品であるが、原作が違うため前作とはストーリー、キャラクターともにかなり異なり、2組目の自衛隊が故意にタイムスリップする続編的な側面もある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。