「時代劇」映画一覧(5ページ目)

敦煌の紹介:1988年公開の日本映画。井上靖の小説『敦煌』の映画化で、日本アカデミー賞・最優秀作品賞・監督賞受賞作品を受賞(1989年)した。戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描いた作品。

ネタバレを読む

羅生門(1950年)の紹介:1950年公開の日本映画。芥川龍之介の短編小説 『藪の中』と『羅生門』を原作に、黒澤明がメガホンを取った。ある殺人事件の目撃者や関係者が食い違った証言をする姿をそれぞれの視点から描き、人間のエゴイズムを追及した。

ネタバレを読む

雨月物語の紹介:1953年公開の日本映画。上田秋成の『雨月物語』の「浅茅が宿」と「蛇性の婬」の2編に、モーパッサンの『勲章』を加え、川口松太郎と依田義賢が脚色。戦乱と欲望に翻弄される人々を描く。第13回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。

ネタバレを読む

少林寺の紹介:1982年公開の香港&中国映画。あらゆる武術のルーツといわれる少林拳の数々を駆使し、悪の手から少林寺を守る若い僧たちの活躍を描くアクション映画。ジェット・リーの映画デビュー作。『少林寺2』も作られた(厳密には続編ではない)。

ネタバレを読む

駆込み女と駆出し男の紹介:2015年5月16日公開の日本映画。井上ひさしの時代小説を原案にした、大泉洋・主演のコミカルな時代劇。幕府公認の駆込み寺・東慶寺にある御用宿で聞き取り調査を行う男たちと、さまざまな事情を抱えた女たちを描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。