「刑事/探偵」映画一覧

ザ・スクワッドの紹介:2015年製作のフランス&イギリス合作映画。「レオン」のジャン・レノ主演のポリス・アクション。過激かつ暴力的な捜査で犯罪者からも恐れられる、パリ警視庁特殊捜査チームを率いる刑事セルジュ。宝石店で発生した強盗殺人事件を捜査する彼は、かつて自ら逮捕したことのあるカスペールが主犯だと睨むが…。

ネタバレを読む

殺人犯(2009年香港)の紹介:香港東部で発生した電気ドリルでの連続殺人事件を追う刑事が襲撃されるが、現場で倒れていた同僚刑事レンには事件の記憶が無く、やがて自身が犯人では?という疑心暗鬼に陥っていくという2009年香港のサイコ・サスペンス。監督は「ライズ・オブ・ザ・レジェンド~炎虎乱舞~」のロイ・チョウ。主演は「SPY_N」「極限探偵」シリーズのアーロン・クォック、ヒロインは「シルク」「東京に来たばかり」のチャン・チュンニン。

ネタバレを読む

仕立て屋の恋の紹介:殺人事件の容疑者として浮上した中年男イール。彼がいつものように美しい娘の部屋を覗いていると、彼女の方からイールに接近を始める…。
サスペンス調で綴る孤独な男の人間ドラマ。監督は『髪結いの亭主』や『橋の上の娘』などで知られるフランスのパトリス・ルコント。1989年の作品で、日本では遅れて1992年に公開された。原作は同名(邦題)小説で、今作以前にも別タイトルで映像化されている。

ネタバレを読む

ラスト・ボーイスカウトの紹介:1991年公開のアメリカ映画。私立探偵がフットボール賭博に絡む陰謀に巻き込まれるという、サスペンス・アクション。タイトルのボーイスカウトは、“正義漢”といった意味で用いられており、『ビリーズブートキャンプ』のビリー隊長ことビリー・ブランクスも出演している。

ネタバレを読む

ドラッグ・ウォー 毒戦の紹介:「エグザイル/絆」などで知られる、香港映画界の巨匠ジョニー・トーによる、監督50作目作品。現代の中国を舞台に、公安警察が巨大麻薬組織と熾烈な戦いを繰り広げる姿を描く。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。正式名称『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー! 略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。向井理が“絶対舌感”という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸を演じ、個性豊かな仲間とともに謎の温泉芸者を探す旅を描いたユニークなドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。人里離れた村を舞台に、次々と起こる不可解な事件を解決するため、蘭丸と仲間たちが奔走する。

ネタバレを読む

スモールタウン マーダー ソングズの紹介:カナダの湖畔の田舎町で起こった殺人事件に翻弄される人々の中、懸命に生き直そうとする中年署長の葛藤を描いた2010年カナダ製作のサスペンス映画。監督/製作/脚本/編集は本作が長編デビューとなるエド・ガス=ドネリー。主演は「ファーゴ」「コンスタンティン」のピーター・ストーメア。ブルース・ペニンスラによるゴスペル曲も重厚な空気を醸している。

ネタバレを読む

崖っぷちの男の紹介:2012年公開のアメリカ映画。『アバター』のサム・ワーシントン主演によるサスペンス。彼が演じるのは、高層ビルから飛び降りようとしている男。彼と女刑事との駆け引き、その裏で着々と進む陰謀、そして裏切り……二転三転するストーリーから、最後まで目が離せない。

ネタバレを読む

マーキュリー・ライジングの紹介:1998年製作のアメリカ映画。偶然、政府の機密情報システムを解読する暗号を解いたために、NSAの大佐から命を狙われることになった自閉症の少年と、少年を命がけで守るFBI捜査官の闘いを描いたサスペンス。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。