「刑事/探偵」映画一覧

ブラッド・ワークの紹介:クリント・イーストウッド製作、監督、主演による2002年製作のアメリカのミステリースリラー。原作はマイクル・コナリーの「わが心臓の痛み」で、心臓移植を受けた元FBI捜査官が連続する殺人事件の捜査に挑んでいく。主人公の担当医はベテラン女優、アンジェリカ・ヒューストンが演じた。

ネタバレを読む

L.A.ブラックアウト EPISODE2:終わらない夜の紹介:2011年製作のアメリカ映画。復讐に駆られたテロリストに挑む捜査官の姿を描いている。「L.A.ブラックアウト EPISODE1:ロサンゼルス大停電」の続編。実力派俳優が結集し、ロサンゼルスを舞台に繰り広げられるサスペンスアクション。

ネタバレを読む

L.A.ブラックアウト EPISODE1:ロサンゼルス大停電の紹介:2011年製作のアメリカ映画。復讐に駆られたテロリストに挑む捜査官の姿を描いている。実力派俳優が結集し、ロサンゼルスを舞台に繰り広げられるサスペンスアクション。

ネタバレを読む

ガンズ・アンド・ストレンジャーの紹介:2012年製作のアメリカ映画。メキシコの町にやってきたよそ者の男性が、予測不能な戦闘に巻き込まれる姿を描いている。スコット・アドキンスが主演を務め、彼を追う警部補をクリスチャン・スレイターが演じる。

ネタバレを読む

フライト・デスティネーションの紹介:2007年公開のカナダ映画。国家の最機密技術が盗まれ、飛行機と共に消え去った家族を追う捜査官の姿を描いている。取り残された乗客を救うために、政府の人たちが対策を講じる一方、裏で何者かによる陰謀が動き出す。ジェイソン・プリーストリー主演で贈るSFスカイ・アクション。

ネタバレを読む

スリー・リバーズの紹介:1993年製作のアメリカ映画。3つの河川が合流するスリー・リバーズ・シティと別称されるピッツバーグを舞台に、五代続いた警官一家の一員である刑事が、連続殺人事件のに挑む姿を描くサスペンス・アクション。スリー・リバーズ自体はオハイオ川を指す。

ネタバレを読む

ランズ・エンド -闇の孤島-の紹介:2012年製作のイギリス映画。元刑事の父親と同じ道を歩もうとし、恐ろしい過ちを犯してしまった兄弟刑事の苦悩を描いた作品。製作総指揮にはサム・メンデス、ポール・ペダニー主演で贈るサスペンス・ミステリー。

ネタバレを読む

ザ・スクワッドの紹介:2015年製作のフランス&イギリス合作映画。「レオン」のジャン・レノ主演のポリス・アクション。過激かつ暴力的な捜査で犯罪者からも恐れられる、パリ警視庁特殊捜査チームを率いる刑事セルジュ。宝石店で発生した強盗殺人事件を捜査する彼は、かつて自ら逮捕したことのあるカスペールが主犯だと睨むが…。

ネタバレを読む

殺人犯(2009年香港)の紹介:香港東部で発生した電気ドリルでの連続殺人事件を追う刑事が襲撃されるが、現場で倒れていた同僚刑事レンには事件の記憶が無く、やがて自身が犯人では?という疑心暗鬼に陥っていくという2009年香港のサイコ・サスペンス。監督は「ライズ・オブ・ザ・レジェンド~炎虎乱舞~」のロイ・チョウ。主演は「SPY_N」「極限探偵」シリーズのアーロン・クォック、ヒロインは「シルク」「東京に来たばかり」のチャン・チュンニン。

ネタバレを読む

仕立て屋の恋の紹介:殺人事件の容疑者として浮上した中年男イール。彼がいつものように美しい娘の部屋を覗いていると、彼女の方からイールに接近を始める…。
サスペンス調で綴る孤独な男の人間ドラマ。監督は『髪結いの亭主』や『橋の上の娘』などで知られるフランスのパトリス・ルコント。1989年の作品で、日本では遅れて1992年に公開された。原作は同名(邦題)小説で、今作以前にも別タイトルで映像化されている。

ネタバレを読む

ラスト・ボーイスカウトの紹介:1991年公開のアメリカ映画。私立探偵がフットボール賭博に絡む陰謀に巻き込まれるという、サスペンス・アクション。タイトルのボーイスカウトは、“正義漢”といった意味で用いられており、『ビリーズブートキャンプ』のビリー隊長ことビリー・ブランクスも出演している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。