「刑事/探偵」映画一覧(20ページ目)

羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

ネタバレを読む

飢餓海峡の紹介:1965年公開の日本映画。水上勉の同名小説が原作。戦後の貧困の時期を生きる多くの日本人の悲哀が投影された作品を、内田吐夢監督が再現した。完成版183分は長いという理由で初公開版は167分に短縮された(現在のものは完全版)。

ネタバレを読む

理由(1995年)の紹介:1995年制作のアメリカ映画。ジョン・カッツェンバックの小説(原題同じ)を原作とし、フロリダで起きた白人少女の強姦殺人容疑で死刑判決を受けた黒人青年が、無実の罪を晴らすために大学教授の主人公に助けを求める話だが…。

ネタバレを読む

チャーリーズ・エンジェルの紹介:2000年制作のアメリカ映画。大人気テレビドラマ『地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル(邦題)』を映画化したもので、2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も作られた。

ネタバレを読む

ストロベリーナイト(映画)の紹介:2013年公開の日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とする、フジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、主演は竹内結子。

ネタバレを読む

探偵はBARにいるの紹介:2011年公開の日本映画。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とし、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が2013年に公開され、また第3作の制作も予定されている。

ネタバレを読む

ライアー ライアーの紹介:1997年のアメリカ映画。ジム・キャリー主演のコメディ映画で、どんなに無理な依頼でも得意の「嘘」で勝訴をもぎ取って来たやり手の弁護士が、たった1日とはいえ嘘がつけなくなるという苦境に立たされる物語である。

ネタバレを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの紹介:2002年のアメリカ映画。フランク・W・アバグネイル・Jrの自伝小説『世界をだました男』を元に制作された。「Catch me if you can(できるのなら捕まえてみろ)」は鬼ごっこの掛け声。

ネタバレを読む

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルの紹介:2003年制作のアメリカ映画。映画版『チャーリーズ・エンジェル』の続編で3人のエンジェル達は前作と同じだが、ボスレー役のビル・マーレイが降板しコメディアンのバーニー・マックが抜擢された。

ネタバレを読む

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の紹介:フジテレビ系列の人気ドラマとして名高いチーム・バチスタシリーズの完結編。痛快なユーモアと共に最高難度の医療ミステリー、思いもよらないストーリー展開に目が離せない。

ネタバレを読む

マングラーの紹介:スティーブン・キング原作の「人間圧搾機」の映像化作品。田舎町のクリーニング工場にあるプレス機。それは次々と人間をプレスしていく呪われたプレス機だった!「駄作」と言われる一方、熱烈なファンも多いB級ホラー映画です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。