「ほのぼの」映画一覧(2ページ目)

愛さずにはいられないの紹介:1997年公開の心温まるラブ・コメディ。ニューヨーカーのビジネスマンと情熱的なメキシカンの娘が、人種や文化という壁を乗り越えて運命と愛の力を信じるまでを描いた作品。監督は「最後の恋のはじめ方」のアンディ・テナント。音楽は「フォレスト・ガンプ/一期一会」など数多くの大作・話題作を手がけているアラン・シルヴェストリ。出演は「セブンティーン・アゲイン」のマシュー・ペリー、「フリーダ」のサルマ・ハエック、「結婚しない女」のジル・クレイバーグなど。

ネタバレを読む

ふきげんな過去の紹介:2016年公開の日本映画。『ジ・エクストリーム、スキヤキ』で映画監督に挑戦した前田司郎の長編監督第2作となる人間ドラマ。死んだはずの伯母の出現によって変わっていく18歳の少女のひと夏の物語が綴られる。ヒロインの果子を二階堂ふみ、謎多き伯母の未来子を小泉今日子が演じ、初共演を果たす。

ネタバレを読む

超高速!参勤交代 リターンズの紹介:2016年9月公開の日本映画。幕府から突如参勤交代を命じられた弱小貧乏藩の面々が、創意工夫で無理難題に挑む姿を描いた時代劇の続編。参勤を終え、江戸から湯長谷藩へ戻ろうとする藩主の内藤政醇らが、再びトラブルに見舞われる姿がつづられる。

ネタバレを読む

田沼旅館の奇跡の紹介:資金難で苦しむさびれた田沼旅館に来た宿泊客たちは、それぞれの最後を迎えようとしていた。客の長時間にわたる卓球ラリーが、突然旅館の運命を背負う重大な出来事になる。TBSのバラエティ番組を手掛けてきた井手比左士の映画処女作。『キングオブコント』の歴代王者が一堂に出演した2015年の公開作。

ネタバレを読む

ドライビング Miss デイジーの紹介:1989年公開。25年の時の流れの中で、白人の老婦人と黒人運転手の心の交流と友情を描いた作品。アカデミー賞では作品賞、脚色賞、メイクアップ賞、主演女優賞を受賞した。アレフレッド・ウーリーの戯曲が原作。監督は「ダブル・ジョパディー」のブルース・ベレスフォード。製作総指揮は「ショコラ」のデイヴィッド・ブラウン。音楽は「パール・ハーバー」のハンス・ジマー。主演は「フライド・グリーン・トマト」のジェシカ・タンディと「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン。

ネタバレを読む

琥珀色のキラキラの紹介:父と二人暮らしの涼子。ある忘れものをしたことから、思わぬハプニングが起きる。家族をつなぐ温かな琥珀色。さて、琥珀色とは一体。
2008年に文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出された中野量太監督の短編映画で、翌年に公開し高い評価を受けた。35ミリフィルムで撮影された作品で、中野監督作『チチを撮りに』のDVDに特別収録されている。

ネタバレを読む

セトウツミの紹介:2016年公開の日本映画。2人の男子高校生が河原で交わす関西弁によるユニークな放課後トークを描いた、此元和津也の人気コミックを映画化した青春ストーリー。クールな塾通いの内海を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸を菅田将暉が演じるほか、瀬戸が思いを寄せるヒロイン役で中条あやみが出演する。監督は『まほろ駅前狂騒曲』の大森立嗣。

ネタバレを読む

神様メールの紹介:2016年公開のフランス&ベルギー&ルクセンブルク合作映画。ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞で最優秀作品賞に輝くなど、数々の映画賞に輝いたユニークでブラックコメディな内容。世界中の人々に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、パニックに陥りながらも、それぞれの生きがいを見つけようとする人々に手を差し伸べようとする姿を描く。

ネタバレを読む

大鹿村騒動記の紹介:2011年公開の日本映画。阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。

ネタバレを読む

守護天使の紹介:2009年公開。貧乏サラリーマンが、一目惚れした女子高生を守ろうと奮闘する姿を描いた作品。監督は「キサラギ」の佐藤祐市。脚本は「映画 ビリギャル」の橋本裕志。音楽は「ALWAYS 三丁目の夕日」の佐藤直紀。主演は「ねこタクシー」のカンニング竹山。主題歌はエイジアエンジニアの「僕にできる事のすべて」。

ネタバレを読む

グリンチの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ドクター・スースが1957年に刊行した児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』 (How the Grinch Stole Christmas!)を原作とするファンタジー映画。クリスマスが嫌いなグリンチは、隣の村のクリスマスを台無しにしようとするが…。

ネタバレを読む

銀のエンゼルの紹介:2004年公開の日本映画。北海道のコンビニを舞台に、オーナーと家族、従業員やお客達の人間模様を描いた作品。「銀のエンゼル」とはチョコボールの当たりマーク。監督は「river」の鈴井貴之。音楽は「レイクサイド マーダーケース」の長嶌寛幸。主演は「犬飼さんちの犬」の小日向文世。

ネタバレを読む

おじさんに気をつけろ!の紹介:1989年の映画。祖父の急病で両親が実家に帰ることになり、40歳の独身のおじさんが面倒を見にやってきて起こる騒動を描いた作品。監督・脚本・制作は「ブレックファスト・クラブ」のジョン・ヒューズ。「ホームアローン」のマコーレー・カルキンやジョン・キャンディらが出演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。