「ほのぼの」映画一覧(21ページ目)

ライラの冒険 黄金の羅針盤の紹介:2007年制作のアメリカ映画。フィリップ・プルマンの『ライラの冒険』シリーズの第1作だが続編制作は諸事情で叶わなかった。現実世界に似たパラレルワールドに住む少女が全世界を巻き込む戦いの鍵を握るストーリー。

ネタバレを読む

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年公開の日本映画。椎名誠の同名小説が原作。放送作家・脚本家として活躍する細川徹が映画監督デビューを飾った大人のためのファンタジー。気分転換で訪れた西表島で全財産を盗まれても、のほほんと生きる男を描いた物語。

ネタバレを読む

劇場版 猫侍の紹介:2014年公開の日本映画。東名阪ネット6が中心の制作『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』等に次ぐ動物ドラマシリーズの第10弾。シリーズでは初の時代劇。設定はテレビドラマ版と同じだが内容は大きく異なる。

ネタバレを読む

雨あがるの紹介:2000年公開の日本映画。98年に逝去した黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューした小泉堯史が監督を務め、山本周五郎による短編をもとに黒澤明が脚本を手がけた(遺稿)。謙虚な武士とそれを陰から支える妻の絆を描いた作品。

ネタバレを読む

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

ネタバレを読む

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を下敷きとし、スタジオジブリの米林宏昌が監督を務めた。米林監督最新作『思い出のマーニー』が2014年7月19日から公開。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

少年Hの紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日開局55周年記念作品で、妹尾河童が自身の少年時代について描き、国民的ベストセラーとなった同名の小説を、実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭が共演した。戦争の中を必死で生き抜く家族の姿を描いた作品。

ネタバレを読む

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

ネタバレを読む

モモ(1986年)の紹介:1986年公開の西ドイツ&イタリア映画。ミファエル・エンデの不朽の名作(児童文学)『モモ』を、ヨハネス・シャーフ監督が映像化した。生きることの喜び、時間の大切さなどを描いたファンタジー映画。

ネタバレを読む

あいつと私(1961年)の紹介:1961年公開の日本映画。週刊読売連載の石坂洋次郎の同名小説を中平康・監督が映画化した、裕次郎回復後の第一作である。裕次郎は同年に志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し、右足首粉砕複雑骨折で入院していた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。