「ほのぼの」映画一覧(3ページ目)

女子ーズの紹介:桐谷美玲、有村架純、高畑充希、山本美月、藤井美菜ら、若手の美人女優たちが地球を守る戦隊5人組「女子ーズ」を演じるアクションコメディ作品。脚本家、監督、演出家として数多くのコメディ作品を手掛けてきた福田雄一が監督を務めた。

ネタバレを読む

ねこタクシーの紹介:2010年公開の日本映画。『幼獣マメシバ』などで知られる亀井亨監督による劇場作品で、動物ドラマシリーズの劇場版。テレビドラマと登場人物や設定はほぼ同じではあるが、ストーリーは大きく異なる。また、映画版のみの登場人物もいる。

ネタバレを読む

ラジオの恋の紹介:広島のベテランラジオパーソナリティーが不思議な少女と出会い、忘れかけていたラジオへの想いを取り戻していくファンタジー。放送業界最高の名誉であるギャラクシー賞を受賞した中国放送の横山雄二が本人役で主演している。2013年に主に広島で公開され、徐々に話題となり西日本を中心に上映され、2015年9月にDVDが発売となった。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・チワワの紹介:ビバリーヒルズでセレブな暮らしをしているチワワのクロエは旅行先のメキシコで犬の窃盗団に誘拐されるが元警察犬のデルガドに助けられる。窃盗団とその手先のドーベルマンから追われるクロエは果たして無事にビバリーヒルズに帰れるのか?2008年米国。監督:ラジャ・ゴズネル。犬目線で作られた犬たちが主役のディズニーの実写映画。台詞をしゃべっているかのように口を動かし、台本通りに演技する犬たちは専門の俳優犬ばかりではなく、中には保護施設で処分される寸前だった犬もたくさん含まれていた。(クロエの相手役のパピや、デルガドを演じた5頭のジャーマン・シェパードの中の2頭など)それらの犬たちは訓練を受けて映画に出演した後は、それぞれ飼い主が見つかり引き取られて行った。

ネタバレを読む

ムトゥ踊るマハラジャの紹介:大地主ラージャの館で御者を務めるムトゥは誠実で頭の回転が速く口も達者で腕っぷしも強く、ラージャから篤く信頼され使用人たちの頭として館を取り仕切っていた。ある日ラージャは芝居小屋の女優のランガに一目惚れするが、ムトゥもふとしたはずみでランガと相思相愛の仲になってしまう。1998年に日本で公開されるとたちまちインド映画ブームを巻き起こしたエンターテイメント大作で、ゴージャスな歌と踊りのシーンは圧巻。1995年インド。監督:K.S. ラヴィクマール

ネタバレを読む

ズートピアの紹介:2016年に公開されたウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作・配給の3Dアニメーション作品。進化した動物たちが人間と同じように暮らす都市「ズートピア」を舞台に、人間社会にあるような様々な偏見による問題を隠喩として描き、子供だけでなく大人も楽しめる作品として高く評価された。製作総指揮はジョン・ラセター。監督は『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアの共同による。音楽はアカデミー作曲賞を受賞したこともあるマイケル・ジアッチーノが作曲し、ミュージシャンのシャキーラが声の出演と同時に主題歌も担当している。

ネタバレを読む

屋根の上のバイオリン弾きの紹介:1964年初演のブロードウェイミュージカルの映画化。19世紀末のウクライナ地方の小さな村に暮らすユダヤ人一家を通して、時代の激動に流され変遷してゆく世界を描く。1971年米国。監督:ノーマン・ジュイソン。音楽:ジェリー・ボック。アカデミー賞8部門にノミネートされ、そのうち撮影賞、音楽賞、音響賞を受賞。ゴールデングローブ賞の作品賞、主演男優賞(トポル)も受賞した。劇中の結婚式で歌われる「サンライズ・サンセット」はこのミュージカルを代表するナンバーである。

ネタバレを読む

シュガー・ラッシュの紹介:2012年製作のアメリカ映画。アーケードゲームの世界で悪役キャラクターを演じてきたラルフが、悪役ではなくヒーローになる夢をかなえるために冒険に旅立つ、ファンタジー・アドベンチャー映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作で、ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品としては52作目となる。

ネタバレを読む

チョコリエッタの紹介:犬になりたい女の子と、人を殺したいと思ったことのある青年。人生にくすぶる思いを抱えた二人のほろ苦き青春ストーリー。
フェデリコ・フェリーニ監督の『道』にオマージュを捧げた作品であり、劇中でも『道』がキーポイントとなっている。2014年に公開、本編は158分。

ネタバレを読む

愛するカノジョを怒らせる10の法則の紹介:大学卒業を目前に交際を始めたジュリアとドリューの恋物語。どこのカップルにもありそうな恋愛模様を描いた、共感型ロマンティック・ラブコメディ。原題は『Perfect Opposites』。日本では劇場未公開の作品。

ネタバレを読む

マイ・インターンの紹介:2015年公開のアメリカ映画。ニューヨークのオンラインサイトのCEOとして働くキャリアウーマンが、40歳年上のアシスタントとの出会いを機に、成長していく姿を描くコメディタッチのヒューマンドラマ。アン・ハサウェイがスマートで美しいヒロインを熱演、名優ロバート・デ・ニーロとの初共演にも注目。

ネタバレを読む

南極料理人の紹介:南極観測隊員8人の1年半に渡る奮闘記。厳しい南極での生活に相反し、のんびりと温かみのあるコメディタッチで描かれた作品。監督と脚本を手がけた沖田修一の商業映画デビュー作で2009年に公開され、その年の優れた新人監督に贈られる新藤兼人賞金賞を獲得した。原作は西村淳のエッセイ『面白南極料理人』。

ネタバレを読む

モンスター・ホテルの紹介:2012年に公開されたソニー・ピクチャーズ アニメーションの製作による3DCGアニメーション作品。監督のゲンディ・タルタコフスキーはロシア出身で、テレビシリーズ『スター・ウォーズ クローン大戦』『パワーパフガールズ』などに携わってきた。劇場用作品は2002年の『パワーパフガールズ・ムービー』から2作目である。また声優として人気コメディ俳優のアダム・サンドラーや歌手のセレーナ・ゴメス、個性派俳優のスティーヴ・ブシェミなどが参加している。アメリカでは公開3日で4,300万ドルの興行収入を稼ぎ、9月公開作品中歴代No.1のヒットとなった。

ネタバレを読む

岸辺のふたりの紹介:幼い娘を岸辺に残して小舟で去って行った父親。娘は父の帰りを待ち続け、その岸辺を通るたびに父のことを想っていた。台詞は一切なく、抑えた色調のシンプルな絵とアコーディオンとピアノが奏でる「ドナウ河のさざなみ」の哀愁を帯びた美しい調べがこの上なく調和している。2000年英国・オランダ。上映時間8分。監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット、音楽監督:ノルマン・ロジェ、ドゥニ・シャルラン。米アカデミー賞短編アニメーション賞、英アカデミー賞短編アニメーション賞、広島国際アニメーションフェスティバル グランプリ・観客賞受賞。日本では2003年にDVDが発売された後に「スクリーンで観たい」というリクエストが殺到し、2004年に劇場上映された。わずか8分の作品がDVD発売後に劇場で上映されるのはきわめて稀なケースである。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。