「ほのぼの」映画一覧(3ページ目)

バースデーカードの紹介:2016年10月公開の日本映画。橋本愛と宮崎あおいが共演し、母娘の愛を描く人間ドラマ。亡き母親から毎年届く、バースデーカードの内容に戸惑いつつも成長していくヒロインを橋本愛が透明感のある演技で魅せ、宮崎あおいが家族を大きな愛で包む母親を演じる。

ネタバレを読む

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年製作の榮倉奈々主演のコメディ映画。都会で忙殺される女性編集者がハワイで新しい生き方を見つける物語で、監督は「婚前特急」で知られる前田弘二が務めた。映画のエンドロールでは竹内まりやが本作のために書き下ろした「アロハ式恋愛指南」が心地よい響きで流れる。

ネタバレを読む

迷子の警察音楽隊の紹介:2007年公開のイスラエル映画。90年代のイスラエルを舞台に、現地に迷い込んだ音楽隊の団員と現地の人々との触れ合いを描いている。エラン・コリリン監督の長編映画デビュー作。カンヌ国際映画祭で3部門受賞するなど、海外の賞を多数受賞した作品。

ネタバレを読む

荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~の紹介:2014年公開のアメリカ映画。『テッド』のセス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じる、コミカルな西部劇。銃も撃ったことのないオタク青年が、ミステリアスな美女と知り合ったのをきっかけに、悪党に戦いを挑んでいく姿が描かれる。

ネタバレを読む

家族はつらいよの紹介:2016年3月公開の日本映画。巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

ネタバレを読む

ピンク・スバルの紹介:中東イスラエルとパレスチナの境界線近くの街タイベ。車泥棒が横行するその街で苦節20年、妹の結婚を機にようやく買った新車スバル・レガシィを盗まれた男の悲喜劇を描く2010年製作の日伊合作映画。紛争地域イスラエルの逞しくも明るい人々の日常を描いた事で高く評価され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011審査員特別賞、シネガーアワードをW受賞した。監督/脚本/編集は「人形の首と愛国心」「口裂け女 in L.A.『ウメコの友達』」の小川和也。

ネタバレを読む

にがくてあまいの紹介:2016年9月公開の日本映画。同居生活をすることになった正反対な性格の男女が、少しずつ心の距離を縮めていくさまを描いた人気コミックを、川口春奈&林遣都主演で映画化したラブコメディ。肉食だけど男に恵まれない独身女と、ベジタリアンのゲイの男が衝突しつつ、食を通して距離を縮めていく姿が描かれる。

ネタバレを読む

ネコのミヌースの紹介:2001年公開のオランダ映画。ふとしたことから人間の女性になってしまった猫のミヌースが、気弱な記者の男性と出会い事件の解決を通して成長する姿を描いた作品。オランダの童話作家シュミットの小説が原作。世界各国の映画祭で上映されて、多数の賞を受賞した。

ネタバレを読む

福耳の紹介:フリーターの青年と、この世に心残りがあって彼に憑りついた老人の幽霊との交流をコミカル且つあたたかに描いたファンタジー・コメディ。
人気脚本家の宮藤官九郎が俳優として映画初出演した2003年の公開作。監督はテレビで活躍している瀧川治水。劇場映画としては初監督作品となった。

ネタバレを読む

エミアビのはじまりとはじまりの紹介:2016年公開の日本映画。「舟を編む」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた渡辺謙作のオリジナル作。漫才コンビ『エミアビ』の海野が事故死。実感がない相方の実道は、海野と共に亡くなった雛子の兄でお笑い界の先輩だった黒沢に会いに行き、乞われるままネタを披露するが…。

ネタバレを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様の紹介:2006年公開のアメリカ映画。教会の修道院で育てられた男が、覆面レスラーとなって子供たちのために立ち上がる姿を描いた作品。監督はジャレッド・ヘス、音楽はダニー・エルフマン、主演はジャック・ブラックで贈るコメディ。

ネタバレを読む

ライフ・イズ・デッドの紹介:2012年制作の日本映画。徐々にゾンビ化するウィルスに侵された青年の葛藤や、恋愛、家族との絆を描いた作品。古泉智浩のコミックが原作。日本の風景と共に出現するゾンビが笑いを誘うホラー・コメディ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。