「ほのぼの」映画一覧(4ページ目)

ティム・バートンのコープスブライドの紹介:ティム・バートンがロシアの民話を元に製作・監督したダークファンタジー作品。1993年の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』と同じく、ストップモーション・アニメにより制作された。主演のジョニー・デップは本作が初めての声優である。生きている人間の世界を暗く陰鬱に、地下の死人たちの世界を陽気に明るく描くという逆転した構図の斬新さや、死体でありながら健気に振る舞うヒロインの愛らしさが好評を博し、アカデミー長編アニメ賞やアニー賞作品賞などにノミネートされた。

ネタバレを読む

20世紀ノスタルジアの紹介:放送部に所属する高校生2人の幼く甘酸っぱい恋愛をラディカルに描いた作品。デビューして間もない広末涼子の透き通るような美しさに心を奪われる。監督の原将人はこの作品で第38回日本映画監督協会新人賞を受賞。

ネタバレを読む

映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!の紹介:消えた妖怪ウォッチを取り戻すため、ケータはジバニャンとウィスパーと共に、ケマモト村に向かう…。
社会現象をも引き起こした大人気アニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版第一作。2014年12月に公開され、動員数700万人を記録する大ヒットとなった。ゲスト声優に志村けんや片岡愛之助など豪華キャストも名を連ねている。

ネタバレを読む

トイ・ストーリーの紹介:トイストーリーはピクサー社が作った初のフルCG長編映画です。いまでは、そこら中にキャラクターグッズがあふれて、既にありふれたキャラクターになっていますが、この映画が公開された1995年当時はフルCGの映画自体が貴重でした。監督はこの功労でアカデミー特別業績賞を受賞しています。CGというだけが売りではなく内容も納得の出来栄えで世を驚かせました。特に子供の心をとらえて離さない古典的名作になっています。

ネタバレを読む

ネバーエンディング・ストーリーの紹介:ミヒャエル・エンデの児童文学『はてしない物語』を原作に、『Uボート』の名匠ウォルフガング・ペーターゼンが監督した西ドイツ・アメリカの合作映画。当時あまり類を見なかったファンタジー超大作で、不思議な生きものが数多く登場する世界観は日本でも話題になった。またてイギリスのロックバンド、カジャ・グーグーの元ボーカル、リマールの歌う主題歌も大ヒットした。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)の紹介:2015年3月公開の日本長編アニメーション映画。1980年からスタートしたドラえもん映画作品の35周年記念作。ヒーロー映画の撮影をしていたのび太たちがスーパーヒーローに間違われ、突然現れた宇宙人のために遥か彼方の宇宙へ旅立ち、スーパーヒーローさながらの活躍を繰り広げる。

ネタバレを読む

チャップリンからの贈りものの紹介:世界中で愛されたチャールズ・チャップリン。「放浪の紳士」は死してなお、貧しい人たちに手を差し伸べます。実話をベースにしたウィットに富んだ物語。

ネタバレを読む

モンスターズインクの紹介:このフルCGアニメーション映画は製作会社のピクサー社を世界的に有名にした作品の一つです。ピクサー社はその後高値でディズニー社に買収されています。モンスターの世界で様々なモンスターが人間と交わるまったく新しいドラマが展開します。他の怪獣映画と違う点は、モンスター達が人間と同じ生活を送っている点です。外見もカラフルで可愛らしいルックスのモンスターが多いので子供から映画好きな大人まで楽しめます

ネタバレを読む

東京家族の紹介:2013年公開の日本映画。小津安二郎・監督の不朽の名作『東京物語』をモチーフにして、山田洋次監督が現代の家族像を描くヒューマン・ドラマ。子供たちに会うために東京へやってきた老夫婦の姿を通し、家族の絆を映し出す。老夫婦に橋爪功と吉行和子、長男を西村雅彦、次男を妻夫木聡が演じるなど、新旧実力派たちが多数顔をあわせた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。