「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

団地(2016年)の紹介:2016年公開の日本映画。大阪のとある団地を舞台に、住民たちが繰り広げるおかしな騒動を描くコメディ。『顔』で数々の賞を受賞した阪本順治監督が同作でもコンビを組んだ藤山直美のためにオリジナルの脚本を執筆。さまざま人生が交錯する団地で暮らすごく平凡な夫婦の普通じゃない日常を映し出す。夫の清治を岸部一徳が演じる。

ネタバレを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたりの紹介:2016年製作のイギリス映画。伝説の歌姫の実話をメリル・ストリープ&ヒュー・グラントの共演で描くヒューマンドラマ。歌唱力に欠陥がありながらもソプラノ歌手になる夢を追う女性と、そんな彼女を盛り立て、音楽の殿堂カーネギーホールでのリサイタルを成功させようとする夫の愛を、笑いや涙とともに描き出す。

ネタバレを読む

緑色の髪の少年の紹介:戦争孤児となった少年に起きた驚くべき出来事や、戦争によって遺された傷跡を綴った映画史に名を刻む作品。
1948年のアメリカ映画。反戦映画の名作と名高いものの、反戦を謳う内容により公開当時は上映を問題視された。のちにパルムドールやセザンヌ賞を獲得する名匠ジョゼフ・ロージーの処女作。

ネタバレを読む

あの日の指輪を待つきみへの紹介:2007年公開。1941年と1991年を舞台に、一つの指輪に秘められた約束についてつづった感動作品。巨匠リチャード・アッテンボローが監督を務め、シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートンら出演で贈る。

ネタバレを読む

夢駆ける馬ドリーマーの紹介:2005年公開のアメリカ映画。厩舎を経営する父親を持つ娘と、骨折して再起不能になった元競走馬との触れ合いを描いている。ジョン・ケイティンズが監督・脚本を務め、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、クリス・クリストファーソン、エリザベス・シューら豪華出演者で贈る感動作。

ネタバレを読む

エール!の紹介:家族の中で唯一耳が聴こえるポーラは歌手としての才能を見出される。しかしポーラの歌声が聴こえない家族は彼女の夢に猛反対し、ポーラ自身も諦めようとするが…。
2014年製作のフランス映画で、本国で驚異的なヒットを記録。奇跡の歌声と称賛された歌手ルアンヌ・エメラのスクリーンデビュー作ながらセザール賞、ルミエール賞の新人賞をW受賞。その他の映画賞も多数受賞するなど、フランスを笑顔と涙で包んだ感動作。

ネタバレを読む

スマーフ2 アイドル救出大作戦!の紹介:2013年公開のアメリカ映画。世界中で愛されている小さくて青い妖精のキャラクター、スマーフを実写とCGで描いた作品。ベルギーの漫画家、ペヨのコミックが原作。スマーフシリーズの2作目。

ネタバレを読む

幸せの1ページの紹介:2008年公開のアメリカ映画。孤独なベストセラー作家と、孤島で父親と二人で暮らす少女との出会いを描いている。ウェンディー・オルーの児童文学「秘密の島のニム」が原作。ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー出演で贈る作品。主題歌はU2で「ビューティフル・デイ」。

ネタバレを読む

海辺のリアの紹介:2016年製作の日本映画で、「愛の予感」で知られる小林政広監督がメガホンを取った仲代達矢主演のヒューマンドラマ。認知症を患った元有名俳優が海辺へと逃げ出し、芝居と現実とを交錯させながら家族への思いを独白する。

ネタバレを読む

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋の紹介:2007年公開のアメリカ映画。不思議なおもちゃ屋を舞台に、支配人とオーナーの冒険を温かく描いた作品。ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン共演によるファンタジー・ドラマ。

ネタバレを読む

ハッスル&フロウの紹介:2005年公開のアメリカ映画。ポン引きやドラッグディーラーとして生活を送っている男が、ラッパーとしてチャンスをつかもうと奮闘する姿を描いた作品。クレイグ・ブリュワー監督・脚本、テレンス・ハワード主演で贈る音楽ドラマ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。