「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

近距離恋愛の紹介:2008年公開。親友だった女性が結婚することになって、彼女を好きなことに気づいた男性の恋を描いた作品。トムは大学生の時に相手を間違ってハンナを襲ってしまう。事なきをえて、彼女の考えに気に入って10年。親友同士となったトムとハンナ。二人はお互いの好みなど全て把握していた。ある日、ハンナが出張になってスコットランドに行くことに。ハンナのいない生活にトムは自分の気持ちに気づく。しかし、ハンナは結婚を決めたコリンを連れて帰ってくるのだった。

ネタバレを読む

エリン・ブロコビッチの紹介:2000年公開。大手企業のPG&Eから史上最高額の和解金を勝ち取ったエリン・ブロコビッチの半生を描いた作品。主演のジュリア・ロバーツはアカデミー賞で主演女優賞を受賞。他にもゴールデングローブ賞など多数の賞を獲得した。監督は「オーシャンズ11」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ。挿入曲はグラミー賞受賞者シェリル・クロウの「Redemption Days」など。「サンキュー・スモーキング」のアーロン・エッカートが出演、エリン・ブロコビッチ本人もカメオ出演している。

ネタバレを読む

エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)の紹介:2016年公開の日本映画。世界最高峰の山・エヴェレストに魅了された2人の男と、彼らを待つ女性の物語をつづった夢枕獏の小説「神々の山嶺」を映画化した人間ドラマ。実際にエヴェレストの高度5200m級での撮影を敢行するなど、迫力のある映像はもちろん、カメラマン役の岡田准一、伝説のクライマー役の阿部寛ら実力派たちの演技も見もの。

ネタバレを読む

ワン チャンスの紹介:2013年公開。2007年のイギリスのオーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で優勝して夢だったオペラ歌手になったポール・ポッツの道のりを描いた作品。監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル、脚本は「最高の人生の見つけ方」のジャスティン・ザッカム。

ネタバレを読む

クール・ランニングの紹介:1993年公開のスポーツコメディ映画。南国から冬季オリンピックに出場したジャマイカ史上初のボブスレー・チームの活躍を笑いと感動で描いた作品。1988年のカルガリー・オリンピックにおける実話を基にフィクションのエピソードを加えて制作された。監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。

ネタバレを読む

東京ゴッドファーザーズの紹介:2003年公開。捨てられた赤ん坊の親探しに頑張るホームレス3人に起こる奇跡の連続を描いた作品。監督は「千年女優」「パプリカ」の今敏。第58回毎日映画コンクールアニメーション映画賞など数々の賞を受賞した。自称元競輪選手のギン、元ドラッグ・クイーンのハナ、家出高校生のミユキの3人のホームレスはクリスマスに捨てられた赤ん坊を発見する。両親を探すために旅に出る3人に様々な奇跡が起こり始める。

ネタバレを読む

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の紹介:メキシコ国境沿いのテキサスで、メキシコ人の友人を殺された武骨なカウボーイが、その犯人の若者を誘拐し、共に彼の故郷ヒメネスを目指すという2005年公開のアメリカのロードムービー。「JFK」「逃亡者」などで知られるトミー・リー・ジョーンズの劇場公開作初監督作品であり、製作及び主演をつとめている。脚本は「バベル」「21グラム」のギジェルモ・アリアガ、音楽は「ハート・ロッカー」「ヘルボーイ」のマルコ・ベルトラミ。2005年カンヌ国際映画祭では約15分間のスタンディング・オベーションの後、最優秀男優賞をトミー・リー・ジョーンズ、最優秀脚本賞をギジェルモ・アリアガが獲得した。

ネタバレを読む

扉をたたく人の紹介:2008年公開。妻を亡くした初老の大学教授と移民の青年との交流を描いた感動の作品。ベテラン俳優のリチャード・ジェンキンスの初主演映画。この作品で第81回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。他にも、多数の外国の賞で受賞とノミネートされた作品。大学教授のウォルターは妻を亡くしてから心を閉ざしていた。ある日、共著した作品の発表会に行ってくれるように頼まれる。久々に別宅のアパートに行くと移民の青年タレクと恋人ゼイナブが住んでいたのだった。

ネタバレを読む

フューリー(2014年)の紹介:2014年公開。第2次世界大戦中、ナチス軍に1台の戦車で戦う米軍の5人の兵士を描いた作品。監督は「エンド・オブ・ウィッチ」のデヴィッド・エアー。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマン、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、「エンド・オブ・ウィッチ」のマイケル・ペーニャなど。

ネタバレを読む

トイ・ストーリー2の紹介:1999年製作のアメリカ長編アニメーション映画。おもちゃたちの冒険と友情を描いたフルCGアニメ『トイ・ストーリー』の続編。監督は前作に続き『バグズ・ライフ』のジョン・ラセター。脚本は『バグズ・ライフ』のアンドリュー・スタントンと『ムーラン』のリタ・シャオ、ダグ・チェンバリン&クリス・ウェブ。

ネタバレを読む

夢の紹介:黒澤明監督の晩年の作品で、幼い自分から壮年の自分が見た夢を美しく壮大な風景で描いた、1990年公開の日米合作のオムニバス・ファンタジー映画。監督/脚本は黒澤明、演出補佐は「ゴジラ」で知られる本多猪四郎。「日照り雨」「赤冨士」の視覚効果はILM。音楽は「影武者」の池辺晋一郎。

ネタバレを読む

蛍火の杜への紹介:2011年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『夏目友人帳』シリーズも好評な大森貴弘監督が、2002年に発表された同作原作者、緑川ゆきの妖奇譚コミックをアニメ化。触れると消えてしまう人でも妖怪でもない少年と、人間の少女の切なく儚い恋物語を繊細なタッチで描く。

ネタバレを読む

7つの贈り物の紹介:2008年公開。心に傷を負った一人の男性が、7人の人達に贈り物を渡す物語を描いた作品。「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督とウィル・スミス主演で再び描いた感動のヒューマンドラマ。ビーチハウスに住むベンはある事件によって心に傷を負っていた。彼は7人の候補者を選んで助けることに。ベンは国税庁の職員を名乗って彼らに接触し始めるのだった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。