「感動/泣ける」映画一覧(4ページ目)

ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボの紹介:2007年公開のイギリス映画。メタボ気味で根性の無い駄目男が、妻とヨリを戻すためにマラソンに挑戦する姿を描いている。「フレンズ」に出演して有名なデヴィッド・シュワイマーが初めて監督を務めた作品。主演は「宇宙人ポール」「ショーン・オブ・ザ・デッド」のサイモン・ぺッグ。

ネタバレを読む

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリーの紹介:2008年公開。新聞記者になることを夢見る少女と家族、個性的な下宿人達との触れ合いを描いた感動作。製作総指揮にはジュリア・ロバーツが参加。主演は「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。「イン&アウト」のジョーン・キューザックや「ラブリーボーン」のスタンリー・トゥッチ、ウィル・スミスの娘で歌手のウィロー・スミスも出演。

ネタバレを読む

みなさん、さようなら(2013年)の紹介:2013年公開の日本映画。団地から一生外に出ないと決意した男性の姿を描いた作品。久保寺健彦の小説が原作。監督は「ゴールデンスランバー」の中村義洋。主演は「アヒルと鴨のコインロッカー」の濱田岳。「ウェルかめ」の倉科カナ、「あさが来た」の波瑠も出演。

ネタバレを読む

そのときは彼によろしくの紹介:2007年公開の日本映画。再会を果たした幼馴染の3人の運命を描いた作品。市川拓司の小説が原作。主題歌は柴咲コウの「Prism」。監督は「陰日向に咲く」の平川雄一朗。主演は「涙そうそう」の長澤まさみ。「闇金ウシジマくん」シリーズの山田孝之、「イエスタデイズ」の塚本高史、「Paradise Kiss」の北川景子も出演。

ネタバレを読む

真夜中のカーボーイの紹介:テキサスのど田舎からNYへ一獲千金を夢見てやってきたカウボーイ姿の若者ジョーとNYの最底辺で生きる男ラッツォの出会いと別れを描いた1969年公開のアメリカ映画。原作はジェームズ・レオ・ハーリヒーの「真夜中のカウボーイ」。監督は「イナゴの日」「マラソンマン」のジョン・シュレシンジャー。製作はジェローム・ヘルマン、脚本はウォルド・ソルト。主演はジョン・ヴォイトとダスティン・ホフマン。音楽は「愛と哀しみの果て」のジョン・バリー、主題歌はハリー・ニルソン「Everybody’s Talkin(うわさの男)」。1969年アカデミー賞作品賞ほか3部門、NY批評家協会賞主演男優賞、英国アカデミー賞6部門他多くの賞を獲得、1994年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

ネタバレを読む

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年公開。自分の人生を作り話のように語る男と、彼の家族との絆を描いた感動作品。ダニエル・ウォレスの小説が原作。アカデミー賞では作曲賞にノミネートされた。監督は「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン。脚本は「チャーリーズ・エンジェル」のジョン・オーガスト。豪華な出演者は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「ブルースカイ」のジェシカ・ラング、「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーター、「スペル」のアリソン・ローマン、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のマリオン・コティヤールなど。

ネタバレを読む

モヒカン故郷に帰るの紹介:2016年4月公開の日本映画。『横道世之介』などの沖田修一が監督と脚本を担当し、数年ぶりに故郷に戻った売れないバンドマンが余命わずかの父親のために奮闘する姿を描くコメディードラマ。恋人の妊娠を報告するために瀬戸内海に浮かぶ故郷の島に帰るバンドマンを『舟を編む』などの松田龍平が、昔かたぎの頑固な父親を『悪人』などの柄本明が演じる。

ネタバレを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生の紹介:2008年公開。老人として生まれ、年齢を重ねていくにつれて若返っていく男の姿を描いている。F・スコット・フィッツジェラルドの小説が原作。アカデミー賞では13部門にノミネートされ、3部門を受賞した作品。監督は「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー。脚本は「フォレスト・ガンプ/一期一会」のエリック・ロス。音楽は「英国王のスピーチ」のアレクサンドル・デスプラ。主演は「セブン」のブラッド・ピットと「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。

ネタバレを読む

ペーパーマンの紹介:2009年製作のアメリカ映画。2作目がいつまでも書けないスランプの小説家には、40年以上もの付き合いの友人〝キャプテン・エクセレント〟がいた…。空想の友人とコミュニケートする小説家に新たにできた友人とは!?

ネタバレを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリーの紹介:2011年公開。お互いに惹かれつつも親友である事を選んだ男女の、23年に渡る出会った日の7月15日を切り取り、二人の移り変わりを描いた作品。デヴィッド・ニコルズの小説が原作。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。主演は「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイと、「ラスベガスをぶっつぶせ」のジム・スタージェス。

ネタバレを読む

あなたを抱きしめる日までの紹介:2013年公開。50年前に生き別れた息子を探し続ける女性の姿を描いた作品。実話に基づいて描かれており、ゴールデングローブ賞など多数の海外の賞で受賞やノミネートされた。監督は「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ。音楽は「グランド・ブダペスト・ホテル」のアレクサンドル・デスプラ。主演は「アイリス」のジュディ・デンチ。

ネタバレを読む

楢山節考(1983年今村昇平監督)の紹介:雪深い山村の因習”楢山まいり”と呼ばれるいわゆる”姥捨て”にまつわる人間模様をリアルに描いた1983年公開の日本映画。監督/脚本は「復讐するは我にあり」「にあんちゃん」の今村昇平。深沢七郎の同名短編小説と「東北の神武たち」を原作とし、1958年公開の木下惠介監督による同名作品とは別物である。おりん役坂本スミ子は前歯を削っての熱演で69歳の老婆を見事演じきったが、主演の緒方拳とは実年齢1歳差の40代。1983年カンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールを受賞。

ネタバレを読む

ザ・ダイバーの紹介:2000年公開のアメリカ映画。伝説の海軍ダイバーであるカール・ブラシアの半生を、周囲の人達との友情と共に描いた感動作品。監督は「ノトーリアス・B.I.G.」のジョージ・ティルマン・ジュニア。音楽は「イン・ハー・シューズ」のマーク・アイシャム。主演は「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロと「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr。

ネタバレを読む

ニューヨーク東8番街の奇跡の紹介:1987年公開。古いアパートから立ち退きを迫られた住人達が、UFOの形をした宇宙人に助けられる姿を描いた作品。製作総指揮は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。出演は「ドライビング Miss デイジー」のジェシカ・タンディなど。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。