「感動/泣ける」映画一覧(48ページ目)

「THE LAST MESSAGE 海猿」の紹介:大型天然ガスプラント「レガリア」で発生した事故救助作業中にレガリア設計主任の桜木ら4名と共に施設内に取り残された機動救難士仙崎。大型台風が接近している中、共に取り残された若手潜水士の服部とバディを組み全員を無事脱出させられるか。

ネタバレを読む

眠れる森の美女の紹介:とある国に生まれた王女様が魔女に呪いをかけられた為、森で生活をすることになります。15年後、その森で運命の相手フィリップ王子と出会うのですが・・・製作期間6年、総製作費600万ドルという、当時のアニメーション史上最高額を投じて制作された超大作です。

ネタバレを読む

映画 ホタルノヒカリの紹介:2012年公開の日本映画。ひうらさとるの同名の漫画作品を、テレビドラマ化したシリーズの映画版で、テレビドラマの続編にあたり、後日談を描いたものである。蛍と高野が新婚旅行に訪れたローマで起こった騒動を描く。

ネタバレを読む

「LIMIT OF LIVE 海猿」の紹介:鹿児島の第十管区機動救難隊に所属する仙崎とそのバディ吉岡は鹿児島湾内で座礁したフェリーの救助活動中に要救助者2名とフェリー内で孤立。海上保安庁の海猿たちは果たして全員を無事救助できるか。仙崎は脱出して環菜と再会することができるか。

ネタバレを読む

半落ちの紹介:2004年公開の日本映画。横山秀夫の同名の小説を原作とする。「半落ち」とは警察用語で「一部自供した」という意味。警察官である殺人犯が、殺害から出頭するまでの「空白の2日間」の謎をめぐって、話が展開していく。

ネタバレを読む

写楽の紹介:1995年公開の日本映画。寛政6年から7年にかけて突如として浮世絵界に現れ、約140種の役者絵と相撲絵を残して消えた、謎の浮世絵師・写楽の正体に迫るドラマを、写楽研究家として知られるフランキー堺が企画総指揮および脚色を手掛けた。

ネタバレを読む

「抱きしめたい~真実の物語~」の紹介:実話に基づいた話で、山本つかさは不運な交通事故により一人では歩けない体と記憶障害になってしまいます。ある日、タクシードライバーの小柳雅己と出会い、互いに惹かれ合いさまざまな困難を乗り越えていきます。

ネタバレを読む

男はつらいよの紹介:「フーテンの寅」こと車寅次郎が20年ぶりに故郷柴又へ帰って来た。そこで実の妹さくらと感動的な再会を果たし、めでたしめでたし・・という訳には行かず、様々な珍騒動を巻き起こす。国民的人気映画は、ここからはじまった!

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎相合い傘の紹介:ひょんなことから蒸発サラリーマン兵頭と旅をすることになった寅さん。旅の途中で立ち寄った函館で、以前恋をした流しの歌手リリーと奇跡的な再会を果たす。そこから3人の珍道中が始まるのだが・・・シリーズ最高傑作との誉れ高い作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。