「感動/泣ける」映画一覧(48ページ目)

ゲド戦記の紹介:2006年公開の日本アニメ映画。スタジオ・ジブリ制作。アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案としたもので、宮崎吾朗監督のデビュー作にあたる。

ネタバレを読む

ロバート・デ・ニーロ エグザイル(2012年)の紹介:2012年制作のアメリカ映画。ニック・フリンが、自身の父親と過ごした日々を記したノンフィクション小説『路上の文豪、酔いどれジョナサンの「幻の傑作」』を原作にして映画化。

ネタバレを読む

あかぼしの紹介:人気声優・朴路美が脚本に惚れ込み、実写映画初主演を果たした。宗教にのめり込む母親と、そんな母に寄り添う一人息子の姿を描いたヒューマンドラマ。自主制作映画でありながら人間の脆さと家族の愛情を克明に描き出し、多数の評価が寄せられている衝撃作。

ネタバレを読む

ストレイト・ストーリーの紹介:1994年に『ニューヨーク・タイムズ』に掲載された、実話を基にしたロードムービー。アイオワ州在住の老人が、ウィスコンシン州で暮らす病に倒れた兄の元までトラクターに乗って会いに行く物語。1999年公開。

ネタバレを読む

パウダーの紹介:農場で自然死した老人の地下室で、パウダー・スノーのような白い肌の少年が発見される。ジェレミーと名乗る彼は高い知能を持ち、不思議な能力を持っていた。異形の姿をした主人公と、周囲の人間との交流が描かれる。1997年公開。

ネタバレを読む

お熱いのがお好きの紹介:1959年公開のアメリカ映画。『昼下りの情事』などを手掛けたビリー・ワイルダーが制作、監督にあたったコメディ映画。トニー・カーティスとジャック・レモンが実に映画の4分の3を女装で通す趣向がみられた。

ネタバレを読む

アジョシの紹介:2010年制作の韓国映画。ある出来事で心に傷を負った元特殊部隊員の男が、唯一心を許していた少女を救うために犯罪組織との戦いに挑むストーリー。ウォンビン初単独主演作品。「アジョシ」とは「おじさん」という意味。

ネタバレを読む

リアル ~完全なる首長竜の日~の紹介:2013年公開の日本映画。第9回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた、乾緑郎の小説を佐藤健&綾瀬はるか主演で映画化したミステリー。原作と異なる設定が随所に見られる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。