「感動/泣ける」映画一覧(48ページ目)

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年制作の日本映画。金城一紀の小説を原作とする。岡田准一と堤真一が共演する青春劇で、平凡な中年男が娘を暴行した男に復讐するため、ブルース・リー顔負けの高校生に鍛えられ、涙ぐましい奮闘を繰り広げる作品。

ネタバレを読む

水曜日のエミリアの紹介:2009年制作のアメリカ映画。映画『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンが、不倫相手と略奪婚をするものの、さまざまな困難に見舞われる女性を演じたヒューマンドラマである。

ネタバレを読む

雨あがるの紹介:2000年公開の日本映画。98年に逝去した黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューした小泉堯史が監督を務め、山本周五郎による短編をもとに黒澤明が脚本を手がけた(遺稿)。謙虚な武士とそれを陰から支える妻の絆を描いた作品。

ネタバレを読む

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

ネタバレを読む

きな子~見習い警察犬の物語~の紹介:2010年公開の日本映画。警察犬試験に何度も失敗している見習い警察犬きな子と、見習い訓練士・杏子の成長物語。きな子は香川県丸亀警察犬訓練所に実際に所属している「ズッコケ見習い警察犬」をモデルとしている。

ネタバレを読む

ラストサムライの紹介:2003年公開のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、最後の侍の姿を描いた作品。トム・クルーズを主演に据え、日本人と武士道を偏見なく描く意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪など多数の日本人俳優も起用され、高く評価された。

ネタバレを読む

八日目の蝉の紹介:2011年公開の日本映画。角田光代のベストセラー小説を、『孤高のメス』の監督・成島出が映像化した深遠な人間ドラマ。不倫相手の子を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた恵理菜の両者を軸にし、「母性」をテーマにした作品。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

少年Hの紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日開局55周年記念作品で、妹尾河童が自身の少年時代について描き、国民的ベストセラーとなった同名の小説を、実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭が共演した。戦争の中を必死で生き抜く家族の姿を描いた作品。

ネタバレを読む

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。