「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

怪奇異星物体の紹介:閉塞感の強い田舎町の小学校に赴任した心理療法士が、変わり者の少年と出会い、彼の過去を知るうち超常現象に巻き込まれていくと言う2001年に制作されたSF・ホラー。「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1作。オリジナルは ロジャー・コーマン監督の「原子怪獣と裸女」(1956年)。監督は「ホテル・スプレンディッド」のテレンス・グロス、脚本は「クモ男の復讐」のマックス・エンスコーとアニー・デヤング。音楽は「エルム街の悪夢」(1984年)のチャールズ・バーンスタイン。主演は「テス」「キャット・ピープル」のナスターシャ・キンスキー。

ネタバレを読む

ネバーランド(2004年)の紹介:2004年公開の実話を基に制作された映画。ピーター・パンの物語を書いた劇作家と、ピーターという少年との交流を描いた作品。第77回アカデミー賞では作曲賞を受賞し、7部門にノミネートされた。監督は「ワールド・ウォーZ」のマーク・フォースター。脚本は「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」のデヴィッド・マギー。出演は「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップ、「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、「レインマン」のダスティン・ホフマンなど。

ネタバレを読む

ソウル・サーファーの紹介:2011年公開の実話に基づいて制作された感動作。片腕を失ってもプロ・サーファーを目指し、不屈の精神で乗り越え再起したべサニー・ハミルトンの姿を描いた作品。監督は「キャスパー:誕生編」のショーン・マクナマラ。出演は「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブ、「恋愛小説家」のヘレン・ハント、「インナースペース」のデニス・クエイド。べサニーのサーフィンの場面は本人がスタントをこなしている。

ネタバレを読む

ドンファン(1995年)の紹介:1995年公開。伝説の色男ドンファンを名乗る謎の青年の恋を描いたラブロマンス。アカデミー賞では歌曲賞に、ゴールデングローブ賞では作曲賞と主題歌賞にノミネートされた。制作には「ゴッドファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラが参加し、音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメンが担当した。出演は20世紀最高の俳優と名高いマーロン・ブランド、「シザーハンズ」のジョニー・デップ、「俺たちに明日はない」のボニー役のフェイ・ダナウェイなど。

ネタバレを読む

プラクティカル・マジックの紹介:1998年公開のサンドラ・ブロックとニコール・キッドマン共演の映画。魔法の力を持つ美しい姉妹の成長をファンタスティックに描いた作品。監督は「恋におぼれて」のグリフィン・ダン。脚本は「天使と悪魔」のアキヴァ・ゴールズマンなど。音楽は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのアラン・シルヴェストリ。出演は「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロック、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ブロードウェイと銃弾」のダイアン・ウィースト、「アクロス・ザ・ユニバース」のエヴァン・レイチェル・ウッドなど。

ネタバレを読む

プリティ・プリンセスの紹介:2001年公開。地味で内気な女の子が、突然プリンセスになってしまう姿を描いた作品。メグ・キャボットの「プリンセス・ダイアリー」が原作。監督は「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル。制作にはホイットニー・ヒューストンも参加。音楽は「シン・シティ」のジョン・デブニー。出演は「メリー・ポピンズ」のジュリー・アンドリュース、「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイなど。

ネタバレを読む

最後の初恋の紹介:2008年公開。一人の主婦と医師が、海辺の家で出会って運命的な恋に落ちてゆく姿を描いた作品。ニコラス・スパークスの小説が原作。主演は「シカゴ」のリチャード・ギアと「運命の女」のダイアン・レイン。二人は「コットンクラブ」や「運命の女」でも共演。「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のヴァイオラ・デイヴィス、「スモーキング・ハイ」のジェームズ・フランコも出演。

ネタバレを読む

プレーンズ2 ファイアー&レスキューの紹介:2014年公開のアメリカ映画。ユニークな車たちの世界を描いた『カーズ』の世界観を基に、大空を舞う飛行機たちの活躍を描き、人気を博したファンタジーアニメの続編。高所恐怖症を克服し、世界一周レースのチャンピオンとなったプロペラ飛行機のダスティが山岳地帯を火災から守るレスキュー隊に入隊。個性的な仲間たちとともに任務に挑む姿が描かれる。

ネタバレを読む

ルーム(ROOM)2015年の紹介:2015年製作のアメリカ映画。ある日、拉致監禁され、一児の母親となった女性が絶望的な状況からの脱出に挑む姿を描く人間ドラマ。子役時代から数々の作品に出演し、『ショート・ターム』で注目を浴びたブリー・ラーソンが、息子と共に生き延びようとする母親を演じる。監督は被り物をしたバンドマンを描いた『FRANK フランク』のレニー・エイブラハムソン。

ネタバレを読む

ウォルト・ディズニーの約束の紹介:2013年公開。1964年のディズニー映画「メリー・ポピンズ」の制作背景を描いた作品。監督は「しあわせの隠れ場所」のジョン・リー・ハンコック。出演は「ハワーズ・エンド」のエマ・トンプソン、「グリーンマイル」のトム・ハンクス、「ヒットマンズ・レクイエム」のコリン・ファレルなど。

ネタバレを読む

マギーの紹介:2015年製作のアメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘を守ろうと苦悩する父親を演じ、自ら製作も手がけたホラー風味の人間ドラマ。人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、父娘の愛を描く。アビゲイル・ブレスリンがゾンビ化していく娘に扮し、愛する家族を襲うかもしれないという不安にさいなまれる心情を丁寧に演じる。

ネタバレを読む

ショート・タームの紹介:2013年公開。未成年者の保護施設を舞台に職員と子供達との交流を描いている。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で初上映された際は、観客や批評家から熱烈な歓迎をされた。インディペンデント・スピリット賞など海外の多数の賞を受賞、ノミネートした作品。出演は「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン、ミュージカル・テレビドラマ・映画で活躍のジョン・ギャラガー・ジュニアやラミ・マレックなど。

ネタバレを読む

バンビの紹介:1942年製作のアメリカ映画。フェーリクス・ザルテンの『バンビ』を原作とし、ウォルト・ディズニー・カンパニーが製作したアニメーション映画。舞台は北アメリカ大陸に、主人公のバンビはヨーロッパの原作での小型のノロジカから、北米の大型のアカシカに置き換えられている。

ネタバレを読む

黄昏の紹介:風光明媚な湖ゴールデンポンドの畔の別荘で過ごす老夫婦とその娘、娘の恋人親子の交流を描いた1981年のアメリカ映画。老夫婦が迎えた人生の黄昏、皮肉屋の父と奔放な娘との長年に渡る確執、老人と少年という3つの視点から描かれた物語は、どの世代が見ても共感を憶える名作である。原作は1978年のブロードウェイで上演されたアーネスト・トンプソンの同名戯曲で脚本も担当。監督は「ローズ」のマーク・ライデル、音楽は「天国から来たチャンピオン」のデイヴ・グルーシン。1981年アカデミー賞主演男優賞、主演女優賞、脚色賞受賞作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。