「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイトの紹介:2006年制作のアメリカ映画。偉大な写真家ダイアン・アーバスが、写真に人生を捧げるに至った、ある男性との出会いと恋を描いている。スティーヴン・シャインバーグが監督を務め、ニコール・キッドマン主演で贈る作品。

ネタバレを読む

永い言い訳の紹介:2016年10月公開の日本映画。他人の家族との交流を通し、人を愛する素晴らしさを実感する男を描く、本木雅弘主演のラブストーリー。『ディア・ドクター』の西川美和がオリジナル脚本を書き上げ、妻を亡くした男と、母を亡くした子供たちによる新しい家族の形を描く。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の恐竜の紹介:1980年公開の日本アニメーション映画。映画『ドラえもん』シリーズの記念すべき劇場第1弾。2006年にリメイクもされた。恐竜がいたとされる白亜紀中期を舞台に、恐竜の卵を孵化させて育てたピー助を、自然界に返そうとするのび太たちの奮闘が描かれる。

ネタバレを読む

プレシャスの紹介:2009年公開のアメリカ映画。ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳の少女を描いている。アカデミー賞では脚色賞、モニークが助演女優賞を受賞するなど、各国の映画賞で多数のノミネートと受賞をした作品。リー・ダニエルズが監督を務め、アーティストのマライヤ・キャリーやレニー・クラヴィッツが脇役で出演している。

ネタバレを読む

奇跡のひと マリーとマルグリットの紹介:19世紀末にフランスに実在した三重苦の少女と、彼女に教育を施したシスターとの困難と喜びの日々を美しい映像で綴った感動作。
監督・脚本は『デルフィーヌの場合』『ベティの小さな秘密』のジャン=ピエール・アメリス。マリー役のアリアーナ・リヴォアールは監督に見出され、今作にて映画初出演を果たした。2014年ロカルノ国際映画祭ヴァラエティ・ピアッツァ・グランデ賞を受賞し、日本では15年に公開された。

ネタバレを読む

LOGAN/ローガンの紹介:2017年のアメリカ映画。マーベル社のアメリカンコミック『X-メン』シリーズの映画化作品で、同作に登場する人気キャラクター「ウルヴァリン」を主人公にしたシリーズの3作目。監督は前作『ウルヴァリン: SAMURAI』と同じくジェームズ・マンゴールド。ミュータントの死に絶えた近未来のアメリカで、わずかに残された希望を守るためのウルヴァリンたちの絶望的な逃避行を描く。

ネタバレを読む

箱入り息子の恋の紹介:2013年製作の星野源、夏帆主演のラブロマンスコメディ。人づきあいを極度に避ける35歳独身男性と、目に障害を抱えた若い女性とのドタバタ恋愛劇を描いていく。監督を務めたのは漫才グループ「髭男爵」の元メンバーで、「隼」、「無防備」などの作品で国際的な評価を得た市井昌秀。

ネタバレを読む

溺れるナイフの紹介:2016年11月公開の日本映画。青春漫画の傑作と言われるジョージ朝倉による同名作を、小松菜奈&菅田将暉主演で映画化した青春ラブストーリー。田舎町へ引っ越してきた人気モデルと、容姿端麗な青年との出会いと運命の恋の行方がつづられる。

ネタバレを読む

四月は君の嘘の紹介:2016年9月公開の日本映画。テレビアニメ化もされた新川直司の人気コミックを、広瀬すず&山崎賢人主演で実写映画化したラブストーリー。母親の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまった少年が、ひとりのヴァイオリニストとの出会いを機に再生していく姿が描かれる。

ネタバレを読む

バースデーカードの紹介:2016年10月公開の日本映画。橋本愛と宮崎あおいが共演し、母娘の愛を描く人間ドラマ。亡き母親から毎年届く、バースデーカードの内容に戸惑いつつも成長していくヒロインを橋本愛が透明感のある演技で魅せ、宮崎あおいが家族を大きな愛で包む母親を演じる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。