「感動/泣ける」映画一覧(56ページ目)

鬼龍院花子の生涯の紹介:1982年公開の日本映画。宮尾登美子の中編を原作とし、夏目雅子がヒロイン・松恵役を体当たりで演じ(ヌードシーンも披露している)、夏目が夭折したため彼女の代表作として没後もいまなお、名高い作品である。

ネタバレを読む

地下鉄(メトロ)に乗っての紹介:2006年公開の日本映画。浅田次郎の作品を原作とし、東京地下鉄(東京メトロ)の全面協力を得て撮影をおこなった。それまで舞台でミュージカルとして上演されてきた内容や原作と異なる部分もある。

ネタバレを読む

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

ネタバレを読む

夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年の日本映画。アメリカ映画「カサブランカ」(1942年作 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン・主演)を翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演により映画化した名作。同名の主題歌もヒットした。

ネタバレを読む

グローリーの紹介:1989年のアメリカ映画。南北戦争で実際に存在したアメリカ合衆国初の黒人部隊を描いた作品。この作品で黒人兵士を演じたデンゼル・ワシントンは第62回アカデミー賞および第42回ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ライアー ライアーの紹介:1997年のアメリカ映画。ジム・キャリー主演のコメディ映画で、どんなに無理な依頼でも得意の「嘘」で勝訴をもぎ取って来たやり手の弁護士が、たった1日とはいえ嘘がつけなくなるという苦境に立たされる物語である。

ネタバレを読む

おくりびとの紹介:2008年制作の日本映画。滝田洋二郎・監督。第81回アカデミー賞外国語映画賞および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。一般に知られていない納棺師の仕事に焦点を当て、芸術性の高い作品に仕上げている。

ネタバレを読む

グラディエーターの紹介:2000年公開のアメリカ歴史映画。リドリー・スコット監督。帝政ローマ時代中期を舞台にし、あるローマ軍将軍が自らを陥れた皇太子への復讐を誓い、グラディエーター(剣闘士)として名をあげていく物語である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。