「感動/泣ける」映画一覧(58ページ目)

ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定の『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編で、今度は男の両親との顔合わせの模様が描かれている。『ミート・ザ・ペアレンツ3』も後年に作られた。

ネタバレを読む

銀の匙の紹介:進学校で勉強に挫折し、親からのプレッシャーから逃れるため「寮があるから」という理由で農業高校に入学した男子高校生の学校生活を描いた作品。漫画がアニメ化され、映画化に至った。原作漫画は2012年に漫画大賞を受賞している。

ネタバレを読む

電車男の紹介:2005年公開の日本映画。インターネットの電子掲示板への書き込みを基にしたラブストーリーで、名称は投稿した人物のハンドルネームに由来する。ネットで生まれた感動の物語として単行本化、映画化され話題を呼んだ。

ネタバレを読む

エリザベスタウンの紹介:2005年公開のアメリカ映画。キャメロン・クロウ監督。仕事に失敗して人生に絶望した男が、父の訃報をきっかけに父の故郷へ行き、そこに住む人たちのあたたかさや愛情に触れ、生きる喜びを見出すストーリーである。

ネタバレを読む

漫才ギャングの紹介:2011年公開の日本映画。お笑い芸人の品川祐が監督・脚本を務め、自身の小説「漫才ギャング(ペンネーム・品川ヒロシ)」を映画化。相方にコンビ解散を告げられた売れない芸人が、留置所での出会いを元に再度お笑いを目指す青春物語。

ネタバレを読む

ベイブ/都会へ行くの紹介:1998年制作のオーストラリア映画。前作『ベイブ』で活躍したベイブが、今度は都会で騒動を巻き起こすというコメディ映画。前作同様、調教された動物の他にCGやアニマトロニクスを駆使して撮影された。

ネタバレを読む

ベイブの紹介:1995年制作のアメリカ映画。第68回アカデミー賞で作品賞、監督賞など7部門でノミネート。CGやアニマトロニクスなどの特殊効果が評価され、アカデミー視覚効果賞を受賞した。1998年に続編「ベイブ/都会へ行く」が製作された。

ネタバレを読む

鬼龍院花子の生涯の紹介:1982年公開の日本映画。宮尾登美子の中編を原作とし、夏目雅子がヒロイン・松恵役を体当たりで演じ(ヌードシーンも披露している)、夏目が夭折したため彼女の代表作として没後もいまなお、名高い作品である。

ネタバレを読む

地下鉄(メトロ)に乗っての紹介:2006年公開の日本映画。浅田次郎の作品を原作とし、東京地下鉄(東京メトロ)の全面協力を得て撮影をおこなった。それまで舞台でミュージカルとして上演されてきた内容や原作と異なる部分もある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。