「グロテスク/残酷」映画一覧(2ページ目)

シンデレラゲームの紹介:2016年公開の日本映画。新井淳平の同名小説を映画化したサバイバルホラー。所属するアイドルユニットの解散公演を終えた沙奈が目覚めると、他のアイドルたちと共に孤島に連れてこられていた。そこにタキモトという男が現れ、勝ち抜けばトップアイドルになれるゲームの開催を告げる。

ネタバレを読む

ラザロ・エフェクトの紹介:2015年製作のアメリカ映画。死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた科学者たちの恐怖を映し出すホラー。死者を蘇生させる「ラザロ血清」開発中に女性研究員が事故で死亡した。同じチーム内の婚約者は周囲の制止を振り切り血清を投与、彼女を蘇らせることに成功するが…。

ネタバレを読む

コワイ女の紹介:”コワイ女”をテーマにした2006年公開のオムニバス・ホラー映画。ある日突然憤怒の形相の女に追われるOLの恐怖を描いた雨宮慶太監督の「カタカタ」、ズダ袋を被った美脚の女性”鋼”との交際を強要される町工場の作業員の苦悩を描いた鈴木卓爾監督の「鋼-はがね-」、若く美しい母親と幼い息子の偏愛を描いた清水崇監督監修/豊島圭介監督の「うけつぐもの」。音楽は「呪怨」シリーズのゲイリー芦屋、エンディングテーマは森大輔「ふれられない場所」。

ネタバレを読む

彼岸島の紹介:2010年公開の日本映画。松本光司の同名人気コミックを「火山高」のキム・テギュン監督が実写化した、サバイバル・アクション。吸血鬼の巣くう孤島を舞台に、行方不明の兄を探す高校生の死闘を描く。

ネタバレを読む

コピーキャットの紹介:1995年製作のアメリカ映画。タイトルは『模倣犯』という意味。過去の有名な事件の手口を模倣する正体不明の連続殺人犯と、それを追う2人の女性の対決を描いたサイコ・サスペンス。『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーと『ピアノ・レッスン』のホリー・ハンターのアカデミー女優2大競演。

ネタバレを読む

罠 Deep Trapの紹介:2015年製作の韓国映画。『殺されたミンジュ』のマ・ドンソク主演、実話を元に描くスリラー。気分転換のため離島にやって来た夫婦・ジュンシクとソヨン。ネットで見つけた店を訪れたふたりは、親切な主人・ソンチョルに警戒心を解き、泊まっていくことにするが…。

ネタバレを読む

アイアムアヒーロー はじまりの日 dTVオリジナルの紹介:2016年製作の日本配信ドラマ。同年4月に公開された映画『アイアムアヒーロー』に先駆けて4月9日に公開されたスピンオフ作品で、映画公開直後は映像配信サービスdTVでランキング1位を獲得した。映画の中盤以降に登場する長澤まさみ演じる藪(小田つぐみ)側の、合流するまでの話を描く。

ネタバレを読む

ビー・デビルの紹介:大都市ソウルで暮らす銀行員ヘウォンは荒んだ日々に疲れ果て、生まれ故郷の離島に戻る。しかし残っている島民はわずかに9人。老叔母の掟に守られた男たちは、彼女の幼馴染のボンナム母娘に虐待と凌辱の限りを尽くしていた事を知るが…。2010年公開の韓国のサスペンス映画。原題は「キム・ボンナム殺人事件の顛末」。「シークレット・ミッション」のチャン・チョルス監督のデビュー作で、2004年に発生した「密陽女子中学生集団性暴行事件」など3つの事件がベースになっている。2010年の大鐘賞、大韓民国映画大賞の新人監督賞、主演女優賞、第6回オースティン・ファンタスティック・フェス主演女優賞など数々の賞を獲得している。

ネタバレを読む

獣は月夜に夢を見るの紹介:2014年製作のデンマーク&フランス合作映画。北欧の小さな村に住む少女の身体に奇妙な変化が現れ始め、やがて少女は感情を制御できなくなっていく。彼女の哀しい秘密とは…。獣(けもの)になっていく恐ろしい運命に直面する主人公を、本作でデビューを果たしたソニア・ズーが演じる。

ネタバレを読む

害虫の紹介:2002年公開の日本映画。どこにも自分の居場所を見つけられない13歳の美少女の反抗と成長、そしてその周囲の人間がどんどん不幸になっていく様子を、クールな視線で見すえる映画。『月光の囁き』の俊英・塩田明彦監督が手がけた劇場映画第4作。

ネタバレを読む

イングロリアス・バスターズの紹介:2009年公開の戦争映画。ナチス壊滅を目論む部隊と復讐をする女の姿を描いた作品。第82回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、海外の賞を多数獲得した大ヒット作。監督・脚本は「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーなど。

ネタバレを読む

ネイビーシールズ:オペレーションZの紹介:2015年製作のアメリカ映画。アメリカ海軍特殊部隊・ネイビーシールズの精鋭が、凶暴化したゾンビの大群と激突するミリタリーアクション。ゾンビに包囲された副大統領の救出に挑む男たちの死闘を描く。

ネタバレを読む

デス・プルーフ in グラインドハウスの紹介:2007年公開。ガールズ・トークで花を咲かせるる2組の女性達と、快楽殺人男との殺すか殺されまいかを描いた作品。監督・脚本は「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ。制作にはロバート・ロドリゲスも参加。出演は「ポセイドン」のカート・ラッセル、スタントウーマンのゾーイ・ベル。タランティーノ自身も出演している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。