「グロテスク/残酷」映画一覧(2ページ目)

ドライブ・アングリー3Dの紹介:2011年公開のアメリカ映画。カルト教団に愛する娘を殺された父親が、復讐する姿を描いた作品。ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクナーなど豪華な顔ぶれが出演。

ネタバレを読む

サイコパス 地下戦慄の紹介:2015年製作のイギリス映画。「The OC」シリーズのミーシャ・バートン主演によるサスペンススリラー。婚約者の浮気を疑うエラは、彼が借りている町外れの倉庫に親友・モリーとやって来る。そこで暗闇に潜む“何か”にモリーを殺されたエラは、逃げ場も出口も見失ってしまう。

ネタバレを読む

ゾンビ・ガールの紹介:2014年制作のアメリカ映画。恋人の死によって悲しむ青年が、新たな恋に進もうとすると、彼女がゾンビとして蘇ってきて起こる騒動を描いている。巨匠ジョー・ダンテが監督を務め、アントン・イェルチン主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ハンティング・パークの紹介:2016年製作のアメリカ映画。アメリカで発生した事件を基に、人里離れた荒野で殺人ゲームに興じるガスマスク姿のシリアルキラーの恐怖を描くサバイバルスリラー。周囲を鉄柵で囲われた敷地に閉じ込められた女性が、人々を虐殺していく謎の殺人鬼から必死に逃れようとするさまを映し出す。

ネタバレを読む

ハングリー・ハーツの紹介:2014年製作のイタリア映画。第71回ヴェネチア国際映画祭で主演男優賞と主演女優賞をダブル受賞したサスペンス。ニューヨークで出会ったジュードとミナは、恋に落ちて結婚。男の子が生まれるが、独自の育て方にこだわるミナは、次第に周囲に対する恐怖と敵意を露わにしていく……。

ネタバレを読む

笛を吹く男の紹介:終戦直後の混乱期、山奥の名も無き小村に迷い込んだ笛吹きの楽士親子が、村人を悩ませるネズミ退治を引き受けるが…という「ハーメルンの笛吹き男」をモチーフとした2015年製作の韓国のファンタジーホラー映画。原題は「손님(客、お客さん)」。監督/脚本は本作が長編デビューとなるキム・グァンテ。主演は「7番房の奇跡」「王になった男」のリュ・スンニョン。出演は「さまよう刃」「ミセン-未生-」のイ・ソンミン、「母なる証明」のチョン・ウヒ、「俳優は俳優だ」のイ・ジュンなど。音楽は「オールド・ボーイ」のイ・ジス。

ネタバレを読む

オー・マイ・ゼット!の紹介:2016年11月5日公開の日本映画。お笑いトリオ“東京03”の角田晃広が映画初主演を務めるホラーコメディー。全国民を震撼させたゾンビパニック終息後、わずかに生き残ったゾンビが一部の好事家によって取引され、ペットとして人気を博していた。そんな中、一体のゾンビがある家に迷い込み……。

ネタバレを読む

GANTZ:0の紹介:2016年10月14日公開の日本アニメーション映画。テレビアニメや実写映画にもなった奥浩哉のコミック「GANTZ」。その中でも人気の「大阪編」をフル3DCGで劇場アニメ化。大阪を舞台に、星人と呼ばれる謎の敵と戦うハメになった人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む

鬼畜の紹介:1978年公開の日本映画。父を思い続ける息子と、環境に押し流されて正気を失う弱い父親、大人と子供の世界を較べながら、切っても切れない親子の絆を描く。松本清張の、昭和32年に事実をもとに書き下ろした原作の映画化。

ネタバレを読む

ワイルドバンチの紹介:1969年製作のアメリカ映画で、時代に取り残される老いたアウトローの姿を描いた叙事詩的西部劇。サム・ペキンパー監督の圧倒的な演出による生々しいバイオレンスシーンは論争を呼び、興行収入面でも大きな成功を収めた。強盗集団「ワイルドバンチ」が金のため、そして仲間のために戦う姿を描いていく。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。