「グロテスク/残酷」映画一覧(2ページ目)

片腕マシンガールの紹介:2008年公開。忍者服部半蔵の末裔で、ヤクザの息子の学生が率いる苛めグループにより、弟の命を奪われた姉が復讐する様を描いている。監督・脚本は井口昇が務め、八代みなせ主演で贈るスプラッター映画。

ネタバレを読む

永遠(とわ)に美しく…の紹介:1992年公開のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督。不老不死の秘薬を飲んだ女性たちの騒動を通して、「いつまでも若く美しくありたい」という願望をブラック(ブラックユーモア)に描くファンタジー・コメディ映画。出演はブルース・ウィリス、メリル・ストリープ、ゴールディ・ホーンなど。

ネタバレを読む

モンスター 変身する美女の紹介:2014年制作のアメリカ映画。恐ろしい秘密を持った美女と、孤独な青年との愛を描いている。美しい映像と独創的な内容に、各国の映画祭で賞を受賞した作品。ジャスティン・ベンソンとアーロン・ムーアヘッドの二人がメガホンをとり、ルー・テイラー・プッチ主演で贈るホラー・ラブロマンス。

ネタバレを読む

インサニティの紹介:2016年製作のカナダ映画。ウイルスに感染した若者たちが互いを食い合うサバイバル・ゾンビホラー。バカンスで離島を訪れた3組のカップル。だが、パーティーで乱痴気騒ぎとなり、ドラッグを口にした5人は威嚇的な態度を取り始める。やがて彼らは互いを攻撃し始め…。

ネタバレを読む

ライフ・イズ・デッドの紹介:2012年制作の日本映画。徐々にゾンビ化するウィルスに侵された青年の葛藤や、恋愛、家族との絆を描いた作品。古泉智浩のコミックが原作。日本の風景と共に出現するゾンビが笑いを誘うホラー・コメディ。

ネタバレを読む

コナン・ザ・バーバリアンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。肉親を殺されたバーバリアン、コナンの復讐の旅を描いている。ロバート・E・ハワードの小説「英雄コナン」が原作。マーカス・ニスペルが監督を務め、ジェイソン・モモア主演で贈る作品。レイチェル・ニコルズ、ボブ・サップらも出演。

ネタバレを読む

レッド・ステイトの紹介:2011年公開のアメリカ映画。性の乱れた学生が処刑にかけられ、狂言的な信者と捜査官とが戦う様を描いている。2011年シッチェス映画祭グランプリ作品。監督・脚本はケヴィン・スミスが務め、出演はケリー・ビシェ、ジョン・グッドマン、メリッサ・レオなど。

ネタバレを読む

レジデントの紹介:2015年製作のデンマーク映画。『アンチクライスト』のプロデューサーが放つゾンビホラー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』の一作。不審死を遂げたある老人の死体が消えた一件をきっかけに、平穏な町が制限区域となり外出禁止令が発令される…。

ネタバレを読む

スマグラー おまえの未来を運べの紹介:2011年公開の日本映画。真鍋昌平のコミック「スマグラー」を原作に、裏社会へ放り込まれた甘ったれフリーターの再起を描くアクション・エンターテイメント。『悪人』のシリアス演技で高い評価を受けた妻夫木聡が、永瀬正敏、安藤政信ほかクセ者キャストを向こうに回し、体を張った数々のアクションに挑む。

ネタバレを読む

アンダルシアの犬の紹介:スペイン人監督のルイス・ブニュエルが、同じくスペイン人の画家サルバドール・ダリと共同脚本で制作したフランスの実験的な短編映画。主だったストーリーはなく、ブニュエルやダリが実際に見た夢を再現した驚愕の映像が重ねられている。シュルレアリスムの傑作と呼ばれる1929年公開のサイレント映画。
※予告編の冒頭から衝撃的な映像が流れる。

ネタバレを読む

ハイ・ライズの紹介:2015年製作のイギリス映画。SF界の巨匠J・G・バラードの小説『ハイ-ライズ』を映画化。ロンドン郊外の高層マンションに入居したラングは、上層階に行くにつれ住人が富裕層になっていき、フロアの高低に基づく階級間の摩擦の存在を知る。そしてある夜の停電を境に彼らの問題は顕わになっていく…。

ネタバレを読む

ネイバーズ(2016年)の紹介:2017年販売のアメリカ映画。「ソウ」シリーズの脚本を手掛けたマーカス・ダンスタン監督によるホラー。山奥で暮らすジョンとロージー。ある日、ロージーは隣人のトロイが血まみれの男を撃つ現場を目撃し、トロイに監禁されてしまう…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。