「グロテスク/残酷」映画一覧(24ページ目)

死霊のはらわた(1981年)の紹介:1981年製作のアメリカ映画。監督サム・ライミの長編デビュー作。1980年代のスプラッター・ブームを発生させた作品として知られ、続編として『死霊のはらわたII』、『キャプテン・スーパーマーケット』があり、当作品を含む3部作はカルト映画としても非常に有名。2013年にはリメイク映画である『死霊のはらわた』が公開された。

ネタバレを読む

ザ・フォッグ(2005年)の紹介:2005年製作のアメリカ映画。1980年に製作されたジョン・カーペンターの『ザ・フォッグ』のリメイクで、カーペンターは製作に回っている。美しい港町を舞台に、濃い霧にまぎれて現れる亡霊たちの恐怖をおどろおどろしく描き出す。

ネタバレを読む

雨女の紹介:雨の日にいつも同じ悪夢を見る理佳は、恋人の隆の浮気を疑い鬱々とした日々を送っていた。ある日偶然隆の浮気相手と疑っている女を見た理佳は、その女が夢の中の「雨女」ではないかと思うようになる。2016年6月4日公開。監督・脚本:清水祟。4DX限定の劇場公開で上演時間は35分。雨のシーンでは水しぶきやミストが出てけっこう濡れる。(座席のボタン操作で水が出ないように設定することは可能)

ネタバレを読む

スクリームの紹介:女子高生シドニーの周囲で次々と起こる殺人事件。犯人は仮装用の死神マスクをつけ、黒いマントに身を包んだ殺人鬼だった。80年代に流行したスラッシャー系ホラー映画のパターンを解説・パロディ化しつつも新境地を開き、ホラー映画ファンだけでなく幅広い観客層から支持された。内容的にはホラーよりもサスペンス寄り。1996年米国。監督・ウェス・クレイヴン。高校の用務員役で自分の監督作品「エルム街の悪夢」のフレディのコスプレをした監督が出演している。ウェス・クレイヴンは2015年8月30日脳腫瘍のため76歳で死去した。

ネタバレを読む

カルトの紹介:映像プロデュース会社ダブル・フィールドによるネクストホラー3部作の第2弾。『オカルト』や『テケテケ』シリーズなどで知られる異才、白石晃士が監督を務めた作品。とある除霊現場に出向いた人気タレントたちが目の当たりにする驚がくの体験を、臨­場感たっぷりに映し出す。ホラー映画としては珍しいフェイクドキュメンタリースタイルを採用している。第31回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭正式出品作品。イースト・ウインド・フィルムフェスティバル2013(ロンドン)上映作品。キャッチコピーは「恐怖はノリウツル」。三人の女性タレント達が心霊レポーターを勤めることになったところから物語は始まる。

ネタバレを読む

富江 REVENGEの紹介:2005年公開の日本映画。伊藤潤二による原作コミックを下敷きにした『富江』劇場版シリーズ第6弾。“細胞侵略”によって永遠に再生し続ける謎の美少女・富江の恐怖を描く。主演は「約三十の嘘」の伴杏里。

ネタバレを読む

富江 re-birthの紹介:2001年公開の日本映画。『富江』劇場版シリーズ第3弾。伊藤潤二による原作コミックを下敷きに、清水崇・監督がメガホンをとり、無邪気さと大人びた面をあわせもつ富江を描く。「ジュブナイル」の清純派女優・酒井美紀が謎の美少女・富江に扮し、妖しい魅力を放つ。

ネタバレを読む

富江 アナザフェイスの紹介:1999年放送の日本テレビドラマ。伊藤潤二による原作コミックを下敷きにした『富江』のテレビシリーズ。放送時は『富江 恐怖の美少女』というタイトルであったが、DVD化にあたり『富江 アナザフェイス』と改題。3話構成からなるオムニバス。

ネタバレを読む

富江 アンリミテッドの紹介:2011年公開の日本映画。伊藤潤二による原作コミックを下敷きにした『富江』劇場版シリーズ第8弾。『片腕マシンガール』などで海外でも高い評価を受ける井口昇監督が残酷かつ奇怪な世界を描く。人気アイドルの仲村みうが富江に扮し、これまで富江を演じてきた女優の中で一番原作に近いと評判を呼んだ。

ネタバレを読む

富江 vs 富江の紹介:2007年公開の日本映画。伊藤潤二による原作コミックを下敷きにした『富江』劇場版シリーズ第7弾。男たちを惑い狂わす美少女、富江の恐怖を描く人気シリーズ。あびる優演じる富江が、自身の細胞から生まれたコピーの富江と壮絶な死闘を繰り広げる。

ネタバレを読む

富江の紹介:1999年公開の日本映画。男たちをとりこにし、破滅へと導いていく美少女につきまとわれる若い女性の恐怖の体験を描くモダン・ホラー。監督は「日本製少年」の及川中。伊藤潤二による第一回楳図かずお賞佳作入選の同名コミックを基に、及川監督自らが脚色。撮影を「avec mon mari」の鈴木一博が担当している。主演は、「ファザーファッカー」の中村麻美と「EKOEKO AZARAK」の菅野美穂。98年度東京国際ファンタスティック映画祭参加作品。

ネタバレを読む

スティーヴン・キング 痩せゆく男の紹介:太った弁護士がジプシーの老婆を事故死させたことで痩せる呪いをかけられる、1996年公開のアメリカのホラー映画。原作はホラーの帝王S・キングの同名小説で、キング自身も薬局店主役で出演。監督は「フライトナイト」「チャイルド・プレイ」のトム・ホランド。共同脚本は「ビートルジュース」「フロム・ザ・ダークサイド」のマイケル・マクダウェル。135㎏の肥満体を57㎏の痩身に落とす特殊メイクは「ドラキュラ」「ミセス・ダウト」で2回のアカデミー賞を獲得したグレッグ・キャノン。ゲスな主人公が落ちていく様が小気味いいというブラックな佳作です。

ネタバレを読む

悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲の紹介:1990年制作のアメリカ映画。テキサスに潜む人肉嗜好一家が、残虐な殺人を引き起こす『悪魔のいけにえ』シリーズの第3弾。今回もソーヤー一家が勢ぞろいして、殺戮を重ねる…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。