「グロテスク/残酷」映画一覧(3ページ目)

エリア52の紹介:2011年製作のオーストラリア映画。地下深くにある極秘施設で、謎の女性と遭遇した特殊部隊が、狂気と混乱の中で戦いを繰り広げる姿を描いている。米軍基地「パインギャップ」にあるとされている「エリア52」をモチーフにしたSFアクション。

ネタバレを読む

フェーズ6の紹介:2009年公開のアメリカ映画。感染すれば必ず死が訪れるウィルスが蔓延する中、生き残った4人の若者がサバイバルを繰り広げる姿を描いている。パンデミックによる恐怖だけでなく、生き残った人間の本性も映し出している作品。クリス・パイン主演で贈るパニック・スリラー。

ネタバレを読む

バイオハザード ダムネーションの紹介:2012年公開のフルCGアニメ映画。内乱が激化する国に単独潜入したエージェントの姿を描いている。「バイオハザード ディジェネレーション」の続編。原案はカプコンのゲーム「バイオハザードシリーズ」。前作のスタッフが再結集し、絶体絶命の状況の中でも前進する主人公の姿が映し出される。

ネタバレを読む

ヴァルハラ・ライジングの紹介:2009年公開のデンマーク・イギリス合作の映画。奴隷の身から解放された戦士と、ヴァイキングの戦士たちとの旅を描いている。ニコラス・ウィンディング・レフンがメガホンをとり、北欧神話を背景にした作品。主演を務めたマッツ・ミケルセンの戦闘シーンなど、バイオレンスな描写と共に美しくスタイリッシュな映像に注目。

ネタバレを読む

アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの紹介:2009年製作のフランス映画。日本の俳優・木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。

ネタバレを読む

マラソンマンの紹介:1976年に製作されたアメリカ映画で、ウィリアム・ゴールドマンの同名小説を映画化したサスペンススリラー。監督と主演は「真夜中のカーボーイ」でもコンビを組んだジョン・シュレシンジャーとダスティン・ホフマン。マラソンを愛する大学院生がナチスの残党の陰謀に巻き込まれていく。主人公を苦しめる元ナチス党員を演じたローレンス・オリヴィエは、本作の演技で第34回ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を獲得した。

ネタバレを読む

オフィス 檻の中の群狼の紹介:2015年製作の韓国映画。『チェイサー』の脚本家、ホン・ウォンチャンが初監督を務めたサイコスリラー。勤勉な会社員、キム・ヒョングクが家族を殺害して姿をくらました。刑事のジョンフンが捜査を始めるが事件は迷宮入り。やがて、キムの会社で不可解な事件が起きる…。

ネタバレを読む

パラノーマル・エクスペリエンスの紹介:2011年製作のスペイン映画。未解決事件の起こった村に、6名の若者が単位を取得するためにやってきて、恐ろしい恐怖に襲われる様を描いている。逃れられない死の運命にさらされる若者たちの姿を映し出す。

ネタバレを読む

バニーマン 殺戮のカーニバルの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを身に着けた怪人が起こす殺戮劇を描くス〝バニーマン〟シリーズ第2弾。幼少期に受けた虐待で顔が焼けただれ、ウサギの着ぐるみを脱ぐことができなくなった通称“バニーマン”。彼の家族と元同僚は、ホラー小屋を建て恐ろしい計画を企てる…。

ネタバレを読む

バニーマン/鮮血のチェーンソーの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを着た男がチェーンソー片手に殺戮を繰り広げるホラー。ラスベガスに向かう道中、トラックの運転手とトラブルになった3組のカップル。そのトラックから姿を現したのはウサギの着ぐるみを身にまとった男だった…。続編も作られた。

ネタバレを読む

バッド・マイロ!の紹介:2013年製作のアメリカ映画。ストレスによって腸腫瘍となった怪物が、人間たちを襲う恐怖を描いている。主人公と怪物との交流等も描かれているホラー・コメディ。CGを使ってない怪物の姿や動きにも注目の作品。

ネタバレを読む

モスキートマンの紹介:2012年製作のアメリカ映画。遺伝子操作により蚊の特性とずば抜けた身体能力を持つ怪物、モスキートマンと化してしまった男の復讐(ふくしゅう)劇。邪悪な科学者の実験台にされ翻弄(ほんろう)されながらも、愛する人のために戦う主人公を、監督と脚本なども手掛けるマイケル・マナッセリが怪演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。