「グロテスク/残酷」映画一覧(4ページ目)

エイリアン:コヴェナントの紹介:2017年のアメリカ映画。1979年に公開され、その後のSFホラー映画に多大な影響を与えた『エイリアン』の前日談として作られた2012年の映画『プロメテウス』の続編であり、実質的なエイリアンの新シリーズの2作目でもある。監督は『エイリアン』および『プロメテウス』のリドリー・スコット。この作品の後にもまだシリーズの制作が予定されていて、一作目の『エイリアン』に続く物語の展開が期待されている。タイトルの「コヴェナント(Covenant)」とは神と人との契約を意味し、人類とその創造主を巡る壮大な物語が暗示されている。当初は『Alien: Paradise Lost(失楽園)』のタイトルが予定されていた。

ネタバレを読む

スプライスの紹介:2009年公開。人と動物の遺伝子を組み合わせ、新種の生命体を生み出した科学者夫妻の姿を描いている。新種の生命体の姿と、創造した科学者夫妻の心理が注目の作品。鬼才ヴィンチェンゾ・ナタリが監督を務め、エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー出演で贈るSFホラー。

ネタバレを読む

ハード・パニッシャーの紹介:2013年製作のイギリス映画。両親を殺された精鋭部隊の隊員が行う過激な復讐劇を描いたハードボイルド・リベンジ・アクション。大切な家族を殺され、冷酷な処刑人と化した主人公をダニー・ダイアが演じる。

ネタバレを読む

ミヒャエルの紹介:35歳独身のミヒャエルは、自宅の一室に10歳の少年を軟禁するという秘密を抱えていた。ある時ミヒャエルが事故に遭ったことをきっかけに、少年との関係が変質していく…。
2011年製作のオーストリア映画。数々の映画製作に携わってきたマルクス・シュラインツァーの監督処女作で、誘拐事件が多いオーストリアで問題解決のためにタブーな題材に挑んだ。カンヌ国際映画祭など世界中の映画祭で上映され、ダブリン国際映画祭をはじめ多数の賞を獲得した。

ネタバレを読む

ケープ・フィアーの紹介:1991年製作のアメリカ映画。レイプ犯として長く獄中生活を送った男が、復讐相手である弁護士一家を恐怖のドン底に追い詰めるスリラー。異常なまでに執念深い犯罪者を、ロバート・デ・ニーロが演じる。1962年公開の『恐怖の岬』のリメイク作品。

ネタバレを読む

ロング・エンゲージメントの紹介:婚約者の戦死を知らされても彼の生存を信じる女性。謎解きしながら愛する人の行方を追う主人公の粘り強さや、戦争に翻弄された人々の苦悩を描いたミステリー・ロマンス。
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が再びオドレイ・トトゥを主演に迎えた2004年の作品。原作は仏のベストセラー小説『長い日曜日』。映画原題は日本語で“婚約中の長い日曜日”という意。セザール賞をはじめ世界の映画賞で受賞、ノミネートされた。R15+指定。

ネタバレを読む

殺人の才能の紹介:2016年製作の韓国映画。『プンサンケ』のチョン・ジェホン監督によるスリラー。リストラされ、恋人にも振られたミンス。そんなある日、再会した元上司に見下されたミンスは、怒りのあまり衝動的に殺害してしまう。自らの「殺人の才能」に気付いた彼は、快楽殺人鬼と化し…。

ネタバレを読む

セデック・バレの紹介:1930年10月27日、日本統治下の台湾で起こった、先住民セデック族の抗日暴動「霧社事件」を描いた超大作。上映時間は4時間36分で、「第一部:太陽旗」と「第二部:虹の橋」の2部構成になっている。日本公開は2013年。

ネタバレを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの紹介:2007年公開の日本映画。本谷有希子による戯曲を原作としたブラックコメディ。主演は佐藤江梨子、監督は「紙の月」などで知られる吉田大八。劇中に登場する漫画は、ホラー漫画家の呪みちるが手がけたものである。

ネタバレを読む

哭声/コクソンの紹介:韓国の田舎町コクソン(谷城)で相次ぐ心中事件に1人の日本人が関わっていると噂され、次第にその狂態が明らかになると同時に、事件を俯瞰していた中年警官の娘に加害者と同様の異変が始まり、噂が信憑性を帯びて行くという2016年公開の韓国のオカルト・サスペンス。監督/脚本は「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン。主人公ジョングを「哀しき獣」「弁護人」のカク・トウォン、祈祷師イルグァンを「新しき世界」のファン・ジョンミン、謎の女ムミョンを「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」「笛を吹く男」のチャン・ウヒが演じ、第37回青龍映画賞監督賞、音楽賞、編集賞、そして謎の日本人を演じた國村隼は外国人としては初の男優助演賞/人気スター賞を獲得した。

ネタバレを読む

パシフィック・ハイツの紹介:1990年製作のアメリカ映画。サイコパス(社会病質者)に間貸ししたことから、若いカップルが体験する恐怖を描くサイコ・サスペンス。マシュー・モディーン、メラニー・グリフィス、マイケル・キートンらが出演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。