「グロテスク/残酷」映画一覧(4ページ目)

ビラボン BILLABONGの紹介:2016年製作のオーストラリア映画。オーストラリアの先住民・アボリジニに伝わる謎の怪物が襲い来るモンスターパニック。亡くなった祖父から、土地をアボリジニに返すよう遺言を受けていた兄弟。ふたりはある日、近くの森で不気味な咆哮を耳にする…。

ネタバレを読む

闇金ドッグス3の紹介:2016年5月公開の日本映画。闇金業界を舞台に、欲望渦巻く赤裸々な人間模様に迫った『闇金ドッグス』シリーズの第3弾。前作の主人公が経営する闇金会社で働く元ホストが、債務者を苦しめる悪徳芸能事務所の社長と対決する。

ネタバレを読む

デイブレイカーの紹介:2009年公開のSFホラー。人口のほとんどがヴァンパイアとなった近未来で、彼らに立ち向かう人間達と協力するヴァンパイアの姿を描いた作品。監督・脚本は「プリデスティネーション」のスピエリッグ兄弟。出演は「ガタカ」のイーサン・ホーク、「プラトーン」のウィレム・デフォー、「マウス・オブ・マッドネス」のサム・ニールなど。

ネタバレを読む

任侠野郎の紹介:仇討の服役が終わり、かたぎとして暮らしている源治。過去の衝撃の真実を知った彼は、再び争いに巻き込まれていく。漫画家でタレントの蛭子能収の長編映画初出演作。メガホンを取ったのはテレビ業界でヒット作を手掛けてきた徳永清孝。今作で監督デビューを果たした。幅広い分野で活躍中の福田雄一の脚本と豪華キャストと共に送る平成の任侠映画。2016年の公開作。

ネタバレを読む

クリープショーの紹介:ホラー好きの少年ビリーが父親に捨てられたコミック”クリープショー”。それにはゾンビや草と化す人間、箱の中の怪物などなど怖くてワクドキの物語が5つ収録されていて…という1982年アメリカ制作の5話のホラー・オムニバス映画。監督は「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を始め数々のゾンビ映画で知られるジョージ・A・ロメロ、脚本はホラー小説の帝王スティーヴン・キングで「ジョディ・ヴェレルの孤独な死」の主役を演じている。特殊メイクは俳優としても知られるトム・サヴィーニで作中にも登場する。

ネタバレを読む

30デイズ・ナイトの紹介:2007年公開のアメリカ映画。極夜の町を襲った悲劇を描いた作品。スティーヴ・ナイルズの同名コミックが原作。監督は「エクリプス/トワイライト・サーガ」のデヴィッド・スレイド。脚本には「コラテラル」のスチュアート・ビーティーが参加。制作は「死霊のはらわた」シリーズのサム・ライミと「ゴースト・ハウス」のロブ・タパート。主演は「ブラックホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネットと「悪魔の棲む家」のメリッサ・ジョージ。

ネタバレを読む

パーフェクト・トラップの紹介:2012年制作のアメリカ映画。恐ろしい殺人鬼の罠から、生け捕りにされた女性を助け出す姿を描いている。原題は「THE COLLECTION」で、2009年の「ワナオトコ(原題 THE COLLECTOR)」の続編。「ソウ」シリーズや「フィースト」シリーズのマーカス・ダンスタンとパトリック・メルトンが手がけた作品。音楽は「バイオハザードⅢ」のチャーリー・クロウザーが担当。

ネタバレを読む

ギャング・オブ・ニューヨークの紹介:2002年製作のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。敵役を務めたダニエル・デイ=ルイスは、本作で主演男優賞にノミネートされた。日本公開は2002年。

ネタバレを読む

ビッチ・スラップ 危険な天使たちの紹介:2010年公開のアメリカ映画。3人の美女と裏社会の大物の手下達との、ダイヤを巡る血と汗とエロスにまみれた壮絶な戦いを描いた作品。出演は「マニアック」のアメリカ・オリーヴォ、「アンドロメダ」のケヴィン・ソルボ、「キル・ビル」のスタント・ウーマンとして有名なゾーイ・ベルなど。

ネタバレを読む

ザ・コレクターの紹介:2016年製作のロシア映画。人間を襲い、コレクションして捕食する未確認生物の恐怖を描いたSFスリラー。ローマンとダーシャのカップルら乗客を乗せた電車が、トンネル内で突如姿を消す。ふたりの友人とレスキュー鉱員はトンネルの調査を開始するが、そこには怪人が潜んでいた…。

ネタバレを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガンの紹介:2014年製作のアメリカ映画。ドキュメンタリー映画制作のために、アルツハイマー症の老女デボラ・ローガンを密着取材する一同が遭遇する恐怖を描く。取材するうちにただの病気では説明がつかない事象が起こり始め…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。