「グロテスク/残酷」映画一覧(5ページ目)

NUMB 〔ナム〕 極限の争奪戦の紹介:2015年製作のカナダ映画。失業した夫婦とヒッチハイカーのカップル4人を乗せた車が、低体温症の老人をさらに乗せる。死亡した老人は荷物から銀行強盗犯だったと発覚し、大金の隠し場所を記したと思われる地図が見つかる。4人は地図を頼りに雪山へと踏み込んでいくが…。

ネタバレを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまりの紹介:ピーター・パン誕生までを描く勇気と冒険のファンタジー大作。『プライドと偏見』『つぐない』などのジョー・ライト監督が本格的なファンタジー作品を手掛けた2015年の作品。『ハリー・ポッター』のワーナーが贈る3Dアクション・アドベンチャー。

ネタバレを読む

サイレント・マウンテンの紹介:2011年製作のスウェーデン映画。雪で覆われた銀世界を舞台に、不気味な家にやってきた男女が襲われる恐怖を描いた作品。監督・脚本・撮影をソニー・ラグーナが手がけた北欧発の極寒スリラー。

ネタバレを読む

カイト/KITEの紹介:2014年公開。人身売買の行われる荒廃した近未来を舞台に、両親を殺され暗殺者として育てられた少女の壮絶な復讐を描いた作品。梅津泰臣のアダルトアニメが原作。インディア・アイズリー、カラン・マッコーリフ、サミュエル・L・ジャクソンらが出演。

ネタバレを読む

ワナオトコの紹介:2009年製作のアメリカ映画。「ソウ」シリーズの脚本家コンビが贈るホラーアクション。金庫破りの前科を持つアーキンは元妻の借金を返すために再び犯罪に手を染めることを決心するが、侵入した宝石ブローカーの家には残虐なトラップがあちこちに仕掛けられており…。

ネタバレを読む

ムースの隠遁の紹介:ドラッグ中毒で命を落とした恋人の子供を身籠った女性。隠遁生活を始めた彼女の心の変化を静かな映像で綴ったヒューマンドラマ。
多様な愛をテーマに掲げることの多い仏のフランソワ・オゾン監督の2009年の作品で、サン・セバスチャン国際映画祭審査員賞を受賞した。日本では『三大映画祭週間2012』にて上映。主演のイザベル・カレは妊娠6か月で撮影に臨んだ。

ネタバレを読む

名もなき復讐の紹介:2015年製作の韓国映画。交通事故で両親も夢も失い言語障害を負ったジウンは、ある日帰宅途中に男たちに暴行される。警察にも邪険に扱われ、彼女は自らの手で断罪しようとする…。特集企画『反逆の韓国ノワール2016』の一篇。

ネタバレを読む

バッド・ローン 借りすぎた女たちの紹介:2014年製作のイギリス映画。闇金地獄に陥れられた女たちが復讐に乗り出すサスペンススリラー。ふたりでカフェを経営する夢を抱くベックスとドーン。開業資金集めに苦労する彼女たちを支援したいという男が現れるが、彼は何人もの負債者を死に追いやった闇金業者だった…。

ネタバレを読む

THE JOYUREI~女優霊~の紹介:2010年製作のアメリカ映画。日本映画『女優霊』のハリウッドリメイク版だが、原作の日本映画版とは異なるストーリー。謎の幻覚に悩まされている映画監督・マーカスは、それをヒントに映画の構想を練っていた。そんな中、新作のオファーが舞い込み、彼は撮影の舞台であるトランシルバニア高原に向かうが…。

ネタバレを読む

パンデミック・サイトの紹介:2013年製作のカナダ映画。SNSを通じて感染する新型ウイルスの恐怖を描いたパンデミックスリラー。全世界で流行中のSNS・レッドルーム。誰もがサイトに動画や写真を投稿して繋がっていたが、大晦日の日、突然利用者が凶暴化。そのウイルスがレッドルームを通して蔓延していく。2015年に続編も作られた(邦題は『最/終/感/染 ~アンチ・ソーシャル』)。

ネタバレを読む

ベルベット・レインの紹介:香港マフィアの大ボス・ホンと彼の右腕レフティ、黒社会で生きることを夢見る若者イックとターボ。2組のエピソードが交錯し、悲しき宿命が収束していく。
2004年製作の香港映画で、香港を代表する豪華4大スターが顔を揃えたノワール・サスペンス。監督は今作が初の商業映画となったウォン・ジンポーで、香港電影金像奨の最優秀新人監督賞を獲得した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。