「笑える」映画一覧

コワイ女の紹介:”コワイ女”をテーマにした2006年公開のオムニバス・ホラー映画。ある日突然憤怒の形相の女に追われるOLの恐怖を描いた雨宮慶太監督の「カタカタ」、ズダ袋を被った美脚の女性”鋼”との交際を強要される町工場の作業員の苦悩を描いた鈴木卓爾監督の「鋼-はがね-」、若く美しい母親と幼い息子の偏愛を描いた清水崇監督監修/豊島圭介監督の「うけつぐもの」。音楽は「呪怨」シリーズのゲイリー芦屋、エンディングテーマは森大輔「ふれられない場所」。

ネタバレを読む

ザ・ウォッチャーの紹介:LAで女性連続殺人鬼の捜査で疲れ果て、休職してシカゴに移ったFBI捜査官をその殺人鬼が追い、予告殺人のゲームを仕掛けるという2000年公開のサスペンス映画。監督は本作がデビュー作となるジョー・チャーバニック。音楽は「スクリーム」「パラサイト」のマルコ・ベルトラミ。主演のFBI捜査官役を「セックスと嘘とビデオテープ」「ボストン・リーガル」のジェームズ・スペイダー、ヒロインを「レスラー」「いとこのビニー」のマリサ・トメイが演じ、初の悪役となる殺人鬼を「マトリックス」「スウィート・ノベンバー」のキアヌ・リーヴスが演じている。

ネタバレを読む

口裂け女 in L.A.の紹介:”口裂け女”の噂がロスに蔓延し無惨な殺人事件が発生、ロス市警は日本の都市伝説にまつわる連続殺人の捜査に日本人陰陽師を招聘するが…。日本人監督4人が現地でキャストを起用、こっくりさん、メイドカフェ、丑の刻参り、ゾンビなどなど和洋折衷てんこ盛り、世界21か国44映画祭に招待された、2014年公開のオムニバス・ホラー映画。脚本/監督は比呂啓「こっくりさん」、廣瀬陽「陰陽師 風蓮」、小川和也「ウメコの友達」、曽根剛「口裂け女 ワタシ、綺霊?」。特殊メイクはカズユキ・オカダ、主題歌はクレア役のローレン・テイラーの「Carousel」。

ネタバレを読む

魔界覇王の紹介:「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、TVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1本。3Dダンジョンのホラーアクションゲーム「魔界覇王」のために雇われた3人のオタククリエイターが創ったモンスターが現実化してしまい、彼らを殺害し取り込んでいくという2001年公開のアメリカのSF・ホラー。出演は「犯罪捜査官ネイビーファイル」などのTVドラマで知られるスティーヴン・カルプ、「パラサイト」のクレア・デュヴァル、「X-メン」のタイラー・メインなど。監督/脚本はジョージ・ハング。オリジナルは「怪物を造る男」(1958年/ハーバート・L・ストロック監督)。

ネタバレを読む

狼男アメリカンの紹介:イギリスを旅するアメリカ人ヒッチハイカーが狼男に襲われ狼男となる悲喜交々を描いた、リアルな変身シーンが80年代以降の先駆となったホラーコメディ。劇場公開は1981年で、第9回サターンホラー映画賞受賞を受賞。監督/脚本は「ブルース・ブラザース」「大逆転」などのコメディで知られるジョン・ランディス。特殊メイクは「ヴィデオドローム」「メン・イン・ブラック」のリック・ベイカーが担当し、同年のアカデミー賞メイクアップ賞を獲得している。音楽は「ゴーストバスターズ」のエルマー・バーンスタイン。

ネタバレを読む

the EYE 3の紹介:「幽霊を見る10の方法」を遊び半分で試した男女の仲良し5人組が体験する恐怖とは?と言う、2002年公開の「The EYE【アイ】」シリーズの第3作目で、2005年公開の香港/タイ合作ホラー・コメディ映画。監督/脚本は「リサイクル-死界-」「ゴーストハウス」のパン・ブラザーズ。アジアンテイストの「百物語」風小ネタが満載で、コメディとはいえ亡霊のイマジネーションはさすがです。

ネタバレを読む

人生スイッチの紹介:2014年製作のスペイン&アルゼンチンのブラックコメディ映画。不運の連鎖によって思いも寄らぬ運命をたどる6人の男女の姿を描き、第87回アカデミー賞で外国語映画賞候補になった。元彼と関わりのある人だけが乗った飛行機に乗り合わせたファッションモデルらが経験する意外な物語の結末が描かれる。

ネタバレを読む

ヒットエンドランの紹介:素性を隠して田舎暮らしをしていたチャーリー。彼には大切な恋人のアニーがいた。アニーがロサンゼルスに仕事の都合で引っ越しを考える。証人保護プログラムを撤回して、アニーのためにチャーリーは一緒にロスに行くことに。しかし、チャーリーを探していた昔のギャング仲間に見つかってしまう。全米TOP10のスマッシュヒットした作品。全力疾走で逃げるチャーリーとアニーを描いたアクションコメディ。

ネタバレを読む

ルパン三世DEADORALIVEの紹介:1996年4月20日に公開された、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場版第6弾。モンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品である。また、前作「ルパン三世くたばれ!ノストラダムス」より、二代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が本作品でもルパンを演じている。また、他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれているのも特徴のひとつである。

ネタバレを読む

チャイルド・マスターの紹介:幼くして両親を亡くした兄ノルベルトと妹アンジェリーナ。二人には人形のダミーが残されていた。里親を転々としながら二人は成長していく。そしてダミーを使って腹話術で儲けるため、ラスベガスを目指す。次第にダミーには心と魂が宿っていく。兄妹とダミーの狂気を描いた作品。

ネタバレを読む

ゴーストバスターズ(2016年)の紹介:1984年に公開された同名のオカルトコメディ映画のリブート作。本来はオリジナルのキャストを再結集した続編の予定だったが、脚本の遅れなどで製作が伸びているうちに主要メンバーの一人、ハロルド・ライミスが死去したことによって続編としての製作はキャンセルされ、メンバーを一新した完全新作として製作された。オリジナルを監督したアイヴァン・ライトマンは製作にまわり、俳優としても活躍しているポール・フェイグが新たにメガホンをとった。また、オリジナル版に出演したダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、シガーニー・ウィーバーなどもカメオ出演している。日本語版では、主要4人の女性キャストをお笑いタレントの友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代が担当していることでも話題となった。

ネタバレを読む

ペットの紹介:2016年8月11日公開のアメリカ映画。世界中で大ヒットを記録した『ミニオンズ』のイルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオが手がけた、人間のペットとして暮らす動物たちの知られざる姿を映し出すユニークなアニメ。ニューヨークで迷子になってしまった2匹の犬が大好きな飼い主のいる家に帰ろうと奮闘する姿が描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。