「笑える」映画一覧

アマゾネス・プリンセスの紹介:2011年製作のカナダ映画。ダークライジング部隊と異界からやってきた悪魔との死闘を描いた作品。ブリジット・キングスレー主演で贈るSFアクション。ダーク・ワールド(2007年)の続編で、「DARK RISING」シリーズの2作目。

ネタバレを読む

王様の剣:イギリスの名高き古代史であるアーサー王伝説をディズニーがアニメ化した冒険ファンタジー作。T・H・ホワイトの小説『永遠の王』・第1部『石に刺さった剣』を題材に製作された。1963年公開のアメリカ映画で、日本での公開当初は『王さまの剣』と表記されていたが、のちに現在のタイトルに改題された。

ネタバレを読む

フランス、幸せのメソッドの紹介:2011年公開のフランス映画。不幸続きのシングルマザーが、ある男性の家政婦に雇われることになって起こる騒動を描いた作品。セドリック・クラピッシュが監督・脚本を務めたハートフル・コメディ。

ネタバレを読む

ウソから始まる恋と仕事の成功術の紹介:2009年公開のアメリカ映画。ウソを知らない世界を舞台に、突然ウソをつくことができるようになった男が、世界に変化をもたらしていく様を描いている。リッキー・ジャーヴェイスやジェニファー・ガーナーら出演で贈るロマンチック・コメディ。

ネタバレを読む

疾風ロンドの紹介:2016年11月公開の日本映画。東野圭吾のベストセラーを阿部寛主演で映画化したユニークなサスペンス。何者かに盗まれた生物兵器の行方を捜す、平凡な研究員の奮闘を描く。阿部寛が頼りない研究員をコミカルに演じ、関ジャニ∞の大倉忠義が正義感の強いパトロール隊員を演じる。

ネタバレを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたりの紹介:2016年製作のイギリス映画。伝説の歌姫の実話をメリル・ストリープ&ヒュー・グラントの共演で描くヒューマンドラマ。歌唱力に欠陥がありながらもソプラノ歌手になる夢を追う女性と、そんな彼女を盛り立て、音楽の殿堂カーネギーホールでのリサイタルを成功させようとする夫の愛を、笑いや涙とともに描き出す。

ネタバレを読む

スパルタンXの紹介:1984年製作の香港の格闘技アクションコメディ。スペイン・バルセロナを舞台に遺産相続トラブルに巻き込まれる中国人青年トリオをジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハンらが熱演している。終盤のジャッキー・チェンと元キックボクシング王者のベニー・ユキーデとの格闘戦は必見。

ネタバレを読む

オケ老人!の紹介:2016年11月公開の日本映画。勘違いで、演奏経験の浅い老人ばかりの交響楽団に入団してしまった主人公の奮闘を描く、荒木源の同名小説を主人公を女性に置き換えて、杏主演で映画化したコメディ。左とん平、小松政夫といったベテラン俳優たちがヒロインを翻弄する老人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。放送作家や演出家としても活躍する細川徹が監督を務める。

ネタバレを読む

土竜の唄 香港狂騒曲の紹介:2016年12月23日公開の日本映画。交番勤務のダメ警官から潜入捜査官に転身した男の、ハチャメチャな活躍を描く、生田斗真主演のアクションの続編。原作コミックの中でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を映画化。前作のキャストに加え、エリート警官・兜役に瑛太、チャイニーズマフィアのヒットガール役を菜々緒が演じるなど、個性派キャラが勢ぞろいした。

ネタバレを読む

エール!の紹介:家族の中で唯一耳が聴こえるポーラは歌手としての才能を見出される。しかしポーラの歌声が聴こえない家族は彼女の夢に猛反対し、ポーラ自身も諦めようとするが…。
2014年製作のフランス映画で、本国で驚異的なヒットを記録。奇跡の歌声と称賛された歌手ルアンヌ・エメラのスクリーンデビュー作ながらセザール賞、ルミエール賞の新人賞をW受賞。その他の映画賞も多数受賞するなど、フランスを笑顔と涙で包んだ感動作。

ネタバレを読む

スマーフ2 アイドル救出大作戦!の紹介:2013年公開のアメリカ映画。世界中で愛されている小さくて青い妖精のキャラクター、スマーフを実写とCGで描いた作品。ベルギーの漫画家、ペヨのコミックが原作。スマーフシリーズの2作目。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。