「笑える」映画一覧

ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡の紹介:2011年制作のアメリカ映画。ニートの弟と寝取られダメ亭主の兄が繰り広げる騒動を描いている。スーザン・サランドン、ジェイソン・シーゲル、エド・ヘルムズ豪華出演で贈るハートフル・コメディ。デュプラス兄弟が監督・脚本を務め、定評のあるジェイソン・ライトマン、リアンヌ・ファルホン、ラッセル・スミスの3名が制作陣に名を連ねた話題作。

ネタバレを読む

恋するインターン~現場からは以上です!~の紹介:2015年製作の韓国映画。「就職さえすれば人生楽勝」と考えていた新人の芸能記者が鬼上司にしごかれながら奮闘し、一人前の社会人へと成長するストーリー。スポーツ新聞の新人芸能記者ト・ラヒの前に現れたのは、鬼上司のハ・ジェグァン。度重なるジェグァンの無理難題を乗り越え、一人前の記者を目指すラヒの奮闘が始まる。

ネタバレを読む

ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~の紹介:2012年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第23弾。マルコ・ポーロの旅行記『東方見聞録』にまつわるなぞをルパンが解き明かす。

ネタバレを読む

それでも、やっぱりパパが好き!の紹介:双極性障害を抱えた父親と家族の奮闘劇。愛情たっぷりの物語をコミカルに綴る。
脚本家マイア・フォーブスの10歳頃の実際の体験談をもとに、本人が監督した。2015年公開のアメリカ映画で、日本では未公開。第73 回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞にノミネートされた。

ネタバレを読む

ルパン三世 盗まれたルパン ~コピーキャットは真夏の蝶~の紹介:2004年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第16弾。手にした泥棒は全て死に至る呪われた宝石「ブルズ・アイ」をめぐってのルパンの活躍を描く。

ネタバレを読む

40男のバージンロードの紹介:2009年公開のポール・ラッド主演のアメリカ映画。理想の女性と結婚することが決まった男性が、親友がいないことに気づいて付添人探しする様を描いた作品。ラシダ・ジョーンズやジェイソン・シーゲルらも出演した婚活コメディ。

ネタバレを読む

アングリーバードの紹介:2016年10月公開の映画。世界中で人気のアクションゲーム「アングリーバード」のキャラクターたちの活躍を描く3Dアニメーション。バードアイランドで暮らすレッド、チャック、ボムら個性的な鳥たちが、いじわるな豚たちに盗まれたたまごを取り戻そうと大騒動を繰り広げる。

ネタバレを読む

ナタリーの紹介:愛する夫を亡くした女性と、冴えない同僚の男性。不意打ちのキスで始まった二人の恋物語。
フランスのベストセラー小説『La délicatesse』(映画原題)を、原作者であるダヴィド・フェンキノスが兄のステファンと共同で映画化した作品。共に2011年のセザール賞新人監督作品賞、ダヴィットは脚色賞にもノミネートされた。日本では未公開作品で、TSUTAYA限定でレンタルされている。

ネタバレを読む

ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~の紹介:2011年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第22弾でアニメ化40周年記念作品。五ェ門、不二子、銭形のメインキャストが新声優に変更。「人魚の鱗」という宝石に隠された秘密を探り、ルパンが氷室と戦いを展開する。

ネタバレを読む

ダークマンの紹介:1990年公開のアメリカ映画。全身に火傷を負った男が復讐の鬼と化し、黒マントに身を包み異形のヒーローとなって活躍する姿を描いた作品。サム・ライミ監督・原案、リーアム・ニーソンとフランシス・マクドーマンド共演で贈るホラー・アクション。

ネタバレを読む

リベンジ・マッチの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、年老いたボクサーたちを主人公にしたスポーツコメディ。主演を務めたのは、ともにボクシング映画での演技が高く評価されたシルヴェスター・スタローンとロバート・デ・ニーロ。1980年代に世界タイトルを掛け激しい試合を演じたボクサー二人が、その30年後、決着をつけるべく再びリングに上がる。

ネタバレを読む

モダン・タイムスの紹介:1936年公開のモノクロ映画。機械とお金にがんじがらめの時代を風刺して描いた作品。喜劇王チャーリー・チャップリン出演、監督、脚本、音楽、制作で贈るブラック・コメディ。チャップリンの代表作のひとつ。

ネタバレを読む

愛しのタチアナの紹介:無口でシャイな男2人が充てのない旅に出る。途中で乗せた外国人女性2人と共に送るロードムービー。
監督はフィンランドの名将アキ・カウリスマキ。カウリスマキ節と呼ばれる独特な間や、コミカルさが散りばめられた作品。俳優やスタッフ陣にはカウリスマキ作品の常連が並び、レイノ役のマッティ・ペロンパーはこの作品が遺作となった。1994年公開の中篇モノクロ映画。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。