「笑える」映画一覧(2ページ目)

キル・ビル vol.2の紹介:2004年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督、ア・バンド・アパート製作。タイトルの通り、主人公を絶望の淵に落とした張本人である黒幕「ビル」とその配下に復讐するハードバイオレンス・アクションムービーだが、ブラック・コメディの要素も強い。Vol.2ではアメリカ、中国、メキシコが舞台。

ネタバレを読む

キル・ビル vol.1の紹介:2003年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督、ア・バンド・アパート製作。タイトルの通り、主人公を絶望の淵に落とした張本人である黒幕「ビル」とその配下に復讐するハードバイオレンス・アクションムービーだが、ブラック・コメディの要素も強い。当初は1作品の予定だったが2本の作品となった。Vol.1ではアメリカ、沖縄、東京が舞台。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズの紹介:2004年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第12弾。ひょんなことから映画の西部劇の世界に迷い込んでしまったしんちゃん率いる“かすかべ防衛隊”が、春日部市にある我が家へ帰ろうと奔走する。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロードの紹介:2003年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第11弾。知らぬ間に悪の組織の陰謀に巻き込まれた野原家が、晩ご飯に家族そろって焼肉を食べるために奮闘する。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃の紹介:2016年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第24弾。劇団ひとりが『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の高橋渉とともに脚本を担当し、謎の転校生の出現を機に悪夢へと変わった夢の世界を元に戻そうとする姿がつづられる。

ネタバレを読む

40オトコの恋愛事情の紹介:2007年のコメディ映画。3人の娘をもつシングルファーザーが、偶然出会った女性に恋をして起こる騒動を描いた作品。音楽はソンドレ・ラルケが担当。主演は「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレル。「ショコラ」のジュリエット・ビノシュや「アヴァロン 千年の恋」のブリット・ロバートソンらも出演。

ネタバレを読む

ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクションの紹介:2003年公開。アニメと実写を組み合わせた大騒動を描いた作品。バッグス・バニーやダフィー・ダックといったワーナーが誇る「ルーニー・テューンズ」の人気キャラクターが多数出演。1996年の「スペース・ジャム」の続編。監督は「グレムリン」シリーズのジョー・ダンテ。撮影は「キャスパー」のディーン・カンディ。音楽には「パピヨン」のジェリー・ゴールドスミスが参加し、彼の遺作となった作品。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセスの紹介:2012年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第20弾。20作目となる本作では、とうとうしんのすけが宇宙まで飛び出したスケールの大きな物語が展開する。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングルの紹介:2000年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第8弾。南海の孤島を舞台に、お馴染みの嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんが世界征服を企む悪者相手に活躍する。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦の紹介:2011年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第19弾。今作では主人公のしんのすけがスパイとなって、あるミッションに挑んでいく。スパイとして変装し、秘密道具を操る姿をユニークに描写。定番のおバカなシーンが繰り広げられる一方、しんのすけの家族の間にも秘密が生まれることに。

ネタバレを読む

チチを撮りにの紹介:母子家庭で育った葉月と呼春姉妹。父の記憶もほぼ無い二人に母が頼んだのは、もうすぐ死ぬ父の写真を撮って来るという“おつかい”だった。
『湯を沸かすほどの熱い愛』で世界中から高い評価を受けた中野量太監督の劇場長編処女作。SKIP国際Dシネマ映画祭2012にて、監督賞・SKIPシティアワードをW受賞し、全14賞を受賞。第63回ベルリン国際映画祭ではジェネレーション部門で正式招待された。

ネタバレを読む

日本のこわい夜の紹介:2004年公開の「感染」「予言」をはじめとしたJホラーブームに合わせ、TBS系列「水曜プレミア」の特番として制作、放映されたホラー・オムニバス作品。プロデューサーは一瀬隆重、監督は「ほんとにあった!呪いのビデオ」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋、「予言」「おろち」の鶴田法男、「呪怨」「ラビット・ホラー3D」の清水崇、「感染」「シャッター」の落合正幸。物語をけん引する”かたりべ”役を個性派女優白石加代子が演じている。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁の紹介:2010年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第18弾。原作者・臼井儀人の没後の第1作でもある。自分を救うはめになったしんのすけが、将来の花嫁とともに未来都市で大暴れする。

ネタバレを読む

レーシング・ストライプスの紹介:2005年公開。競走馬として活躍するシマウマの姿を描いた作品。声優は「塔の上のラプンツェル」のマンディ・ムーアや「レインマン」のダスティン・ホフマン、「天使にラブソングを…」のウーピー・ゴールドバーグらが務めた。音楽は「ミスト」のマーク・アイシャム。制作には「レジェンド・オブ・ゾロ」のロイド・フィリップスが参加。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。