「笑える」映画一覧(2ページ目)

ルドルフとイッパイアッテナの紹介:2016年8月6日公開の日本アニメーション映画。ノラ猫たちの交流を描き、ベストセラーとなった斉藤洋の児童文学を3DCGでアニメ映画化。都会で迷子になってしまった猫のルドルフが、ボス猫のイッパイアッテナと出会い、ノラ猫としての生き方を学び、絆を深めていく姿がつづられる。主人公ルドルフの声を井上真央、イッパイアッテナの声を鈴木亮平が演じる。

ネタバレを読む

キサラギの紹介:2007年公開の日本映画。自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、彼女の死の真相について壮絶な推理バトルを展開する密室サスペンス会話劇。古沢良太の巧みな脚本を、小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之という人気、実力を兼ね備えた5人が演じる。

ネタバレを読む

トイ・ストーリー3の紹介ピクサーアニメーションの人気シリーズ、トイ・ストーリーの三作目。成長の段階で誰もが一度は経験するおもちゃとの別れ、それをおもちゃ側からの視点で描いた愉快でちょっぴり切ない作品です。

ネタバレを読む

男子高校生の日常の紹介:2013年公開の日本映画。Web雑誌『ガンガンONLINE』で連載された山内泰延の同名コミックを「アフロ田中」の松居大悟監督が実写映画化。男子校に通う冴えない3人組とそのクラスメイトたちの、ぐだぐだな学園生活を描く。

ネタバレを読む

スプリング・ブレイカーズの紹介:退屈な大学生活を送っているフェイス、ブリット、キャンディ、コティの4人はお金を貯めてスプリング・ブレイクにフロリダへ旅行に行くことを計画します。そこでエイリアンというギャングスターと出会い、彼女達の運命は大きく変わっていきます。その運命を描いた衝撃の作品。

ネタバレを読む

パーマネント野ばらの紹介:離婚して娘を連れて実家に帰ってきたなおこ。実家は美容院「パーマネント野ばら」を母が営んでいた。なおこの幼馴染のみっちゃんと、ともちゃんも男運は悪くて毎日大変な様子。なおこは教師のカシマと周りには内緒で付き合っていた。なおこや家族、周囲の人達の物語を描いた作品。第14回富川国際ファンタスティック映画祭2010、NETPAC賞受賞。

ネタバレを読む

ハングオーバー・ゲームの紹介:「ハングオーバー」の登場人物で(俳優は別人。ダグ以外の3人はオリジナルの俳優の名前が役名になっている)「ハンガー・ゲーム」をするパロディ映画。バチェラー・パーティの翌朝、2213年にタイム・ワープしたアホ4人組は映画のキャラクターたちと戦うハングオーバー・ゲームのプレーヤーになっていた。2014年米国。監督:ジョシュ・ストールバーグ。「ハングオーバー」のスチュに相当するエドが主役。「スクリーム」シリーズでランディ役を演じたジェイミー・ケネディが「ハンガー・ゲーム」のヘイミッチやファッションコンサルタントのティム・ガンなどのパロディを演じている。

ネタバレを読む

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの紹介:結婚式直前のバチェラー・パーティにラスベガスへとくり出した新郎と友人たちが、翌朝目覚めると昨夜の記憶がなくホテルの部屋はカオス状態で新郎は行方不明、必死に新郎を捜す彼らに次から次へとんでもないハプニングが降りかかってくる。2009年米国。監督:トッド・フィリップス。低予算で作られ公開時のスクリーン数も少なかったが、思わぬ大ヒットとなり続編が制作された。

ネタバレを読む

ハチェット レジェンド・ネバー・ダイの紹介:ハチェット3部作の最後の作品。怪奇沼の幽霊ヴィクターに襲われたメリーベス。彼女は返り血を浴びながらヴィクターを倒すことに成功する。近くの街の警察に事情を説明するも信じてもらえず拘留される。現場を捜査しにいく警察やSWAT隊員だったが、突如復活したヴィクターに襲われて死亡していく。超人的な肉体を持つヴィクターに対抗するメリーベス達を描いた作品。

ネタバレを読む

アフタースクールの紹介:裏でヤバイ探偵業を営む北沢に、木村という男を探して欲しいと依頼が舞い込む。早速木村の母校へ同級生を装い情報を探りに行くと、木村の親友の神野という教師と出会い、木村には妻がおり、子供が生まれたばかりだと聞かされる。何故そんな時に木村は別の女性と行方をくらませたのか?様々な伏線がラストで一気に回収される、大どんでん返しを楽しめる映画

ネタバレを読む

北国の帝王の紹介:1933年の大恐慌まっただ中、北米オレゴン州を走る列車のタダ乗りを目論む失業者と鬼車掌の攻防を描いた、1973年公開のアメリカ映画。監督は「特攻大作戦」「ロンゲスト・ヤード」のロバート・アルドリッチ。脚本は「明日なき追撃」「白い恐怖」のクリストファー・ノップ。音楽は「飛べ!フェニックス」「ふるえて眠れ」のフランク・デ・ヴォール。主題歌はマーティ・ロビンスの「A Man And A Train」。

ネタバレを読む

もっともあぶない刑事の紹介:ある事件で使われた拳銃が15年前の未解決事件で使用されたものと同一であるのをきっかけに、その事件の裏に潜む警察内部の汚職にタカとユージが挑んでいく宿敵銀星会との最後の戦いを描いた作品。あぶない刑事前期のハードボイルタッチでありながらユーモア溢れる秀作。名優中条静夫の名言「大馬鹿者!」が聞ける最後の作品でもあります。

ネタバレを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?の紹介:豪華キャストによる男女それぞれの恋愛、結婚事情を描いた作品。彼らは本音と向き合って本当の幸せの道を探していく。彼を捨てる彼女もいれば、復縁するカップル、結婚にまで発展する恋人同士も。2009年に公開。全米初登場第一位と大ヒットを記録。

ネタバレを読む

ウォーターボーイズの紹介:シンクロに取り組むことになった男子高校生たちの、楽しくさわやかな青春コメディ劇。映画の大ヒットを機にドラマ化もされ、高視聴率を獲得。劇中で使用された曲シルヴィ・バルタンの『あなたのとりこ』もリバイバルヒットした。監督は後に『スイングガールズ』や『ハッピーフライト』を世に送り出した矢口史靖。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。