「笑える」映画一覧(3ページ目)

クレヨンしんちゃん オタケベ! カスカベ野生王国の紹介:2009年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第17弾。カスカベの街で密かに進む“人類動物化計画”の恐ろしい陰謀を食い止めようと、しんのすけと仲間たちが大活躍する。

ネタバレを読む

恋妻家宮本の紹介:子供が巣立ち、初めて二人きりでの生活を迎える宮本夫妻。ところが夫は妻が隠していた離婚届を発見してしまう…。
数々のドラマ脚本を手掛けてきた遊川和彦の映画初監督作品。重松清の原作小説『ファミレス』に脚色を加え、遊川自身が脚本を執筆。コミカルに綴られた夫婦の物語。2016年モントリオール世界映画祭First Films World Competition部門出品作品。

ネタバレを読む

ぼくんちの紹介:2003年公開。貧しくも逞しく生きる姉弟と周囲の人々の触れ合いを描いた作品。文藝春秋漫画賞を受賞した西原理恵子の漫画が原作。監督は「北のカナリアたち」の坂本順治。撮影は「亡国のイージス」の笠松則通。主演は「ナースのお仕事 ザ・ムービー」の観月ありさ。主題歌はガガガSPの「卒業」。

ネタバレを読む

無ケーカクの命中男/ノックトアップの紹介:2007年公開のアメリカ映画。無責任で自堕落な生活を送る無職の男性が、一晩を共に過ごした女性を妊娠させてしまったことから変わっていく様を描いた作品。監督・脚本・制作は「40歳の童貞男」のジャド・アパトー。主演は「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲン、「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグル。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! アッパレ戦国大合戦の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第10弾。野原家のある春日部の戦国時代の夢が出てきて…。本作を原案とした時代劇作品『BALLAD 名もなき恋のうた』が、草彅剛、新垣結衣、武井証ら出演、山崎貴監督で2009年に製作された。

ネタバレを読む

幸せになるための27のドレスの紹介:2008年公開のアメリカ映画。花嫁付添い人に生き甲斐を感じていた女性が、自分の幸せに向かって成長していく姿を描いた作品。「プラダを着た悪魔」の制作スタッフが贈るロマンチック・コメディ映画。監督は「ステップ・アップ」のアン・フレッチャー。音楽は「ラスト・オブ・モヒカン」のランディ・エデルマン。主演は「ラブ&マネー」のキャサリン・ハイグル。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡の紹介:1997年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第5弾。世界征服の鍵を握る不思議なタマをめぐるオカマ3兄弟とホステス軍団の争いに、おなじみしんちゃんたちが巻き込まれて大騒ぎを展開する。

ネタバレを読む

神様メールの紹介:2016年公開のフランス&ベルギー&ルクセンブルク合作映画。ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞で最優秀作品賞に輝くなど、数々の映画賞に輝いたユニークでブラックコメディな内容。世界中の人々に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、パニックに陥りながらも、それぞれの生きがいを見つけようとする人々に手を差し伸べようとする姿を描く。

ネタバレを読む

自虐の詩の紹介:2007年公開の日本映画。幼い頃から不幸にばかり見舞われてきた女性の半生を描いた作品。業田良家の漫画が原作。監督は「天空の蜂」の堤幸彦。主題歌は安藤裕子の「海原の月」。主演は「嫌われ松子の一生」の中谷美紀と「テルマエ・ロマエ」の阿部寛。

ネタバレを読む

大鹿村騒動記の紹介:2011年公開の日本映画。阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。

ネタバレを読む

恋の門の紹介:2004年公開の日本映画。石で漫画を描く漫画芸術家と、コスプレと漫画を描くことが好きな女性との恋愛を描いたラブコメディ。羽生生純の漫画が原作。監督は「クワイエットルームにようこそ」の松尾スズキ。今作が初監督。音楽は「グッモーエビアン!」の葉山たけし。主演は「舟を編む」の松田龍平と「木更津キャッツアイ」の酒井若菜。主題歌はサンボマスターで「月に咲く花のようになるの」。

ネタバレを読む

守護天使の紹介:2009年公開。貧乏サラリーマンが、一目惚れした女子高生を守ろうと奮闘する姿を描いた作品。監督は「キサラギ」の佐藤祐市。脚本は「映画 ビリギャル」の橋本裕志。音楽は「ALWAYS 三丁目の夕日」の佐藤直紀。主演は「ねこタクシー」のカンニング竹山。主題歌はエイジアエンジニアの「僕にできる事のすべて」。

ネタバレを読む

ウソツキは結婚のはじまりの紹介:2011年公開。ウソをついてしまった男性が、結婚したい女性のために周りの人々を巻き込んでいく騒動を描いた作品。1969年の「サボテンの花」のリメイク。監督は「ビッグ・ダディ」のデニス・デューガン。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーと「グッド・ガール」のジェニファー・アニストン。「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンも出演。

ネタバレを読む

グリンチの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ドクター・スースが1957年に刊行した児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』 (How the Grinch Stole Christmas!)を原作とするファンタジー映画。クリスマスが嫌いなグリンチは、隣の村のクリスマスを台無しにしようとするが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。