「笑える」映画一覧(5ページ目)

21オーバー 最初の二日酔いの紹介:2012年制作のアメリカ映画。21歳の誕生日を祝って、悪友三人が大騒動を巻き起こす姿を描いている。ジョン・ルーカスとスコット・ムーアが監督・脚本を務め、マイルズ・テラーやジャスティン・チョンら出演した作品。

ネタバレを読む

真田十勇士(2016年)の紹介:2016年公開の日本映画。天下の名将として知られる真田幸村が実は腰抜けの武将だったら?という仮想で描かれるユニークな戦国ドラマ。中村勘九郎が幸村をサポートする真田十勇士の中心的存在である猿飛佐助を演じるほか、同じく忍者の霧隠才蔵を松坂桃李が演じる。

ネタバレを読む

松ヶ根乱射事件の紹介:2007年公開の日本映画。バブル崩壊後の田舎を舞台にした、コミカルで、なおかつ不気味なドラマ。「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が、人間という生き物のおかしさを見つめた異色作。ひき逃げ事件と生き返った女が巻き起こす騒動を描く。

ネタバレを読む

ヤギと男と男と壁との紹介:2009年公開のアメリカ映画。アメリカ軍に実在したという、平和を守る精神の超能力部隊の物語を描いている。ジョン・ロンスンのノンフィクション本が原作。グラント・ヘスロヴが監督を務め、ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジスなど豪華出演者で贈る作品。

ネタバレを読む

体脂肪計タニタの社員食堂の紹介:実在の会社健康機器メーカータニタで巻き起こるダイエット騒動での悲喜交々を描いた2013年のコメディ映画。原作は同社の社員食堂のレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食」、レシピの発案者は社員食堂勤務の栄養士荻野菜々子で累計485万部の大ヒットとなった。主人公菜々子を始め「もしもタニタの社員が全員太っていたら」というフィクションだが、レシピやダイエットの極意なども紹介される。監督は「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男、脚本は放送作家として知られる田中大祐、菜々子役「輪廻」の優香や幸之助役「闇金ウシジマくんPart3」の浜野謙太などのデブメイクは「ミュージアム」の百武朋。主題歌は矢野顕子の「さあ、召し上がれ」。

ネタバレを読む

マックスとヘラジカの大冒険 *クリスマスを救え*の紹介:クリスマス間近。空から降ってきたムース(ヘラジカ)と少年の交流を描いた心あたたまるファンタジー。
クリスマスの度に読まれる世界的児童文学アンドレアス・シュタインヘーフェルの『ヘラジカがふってきた! 』を映画化。オランダ・スウェーデン・ベルギー合作の2013年の作品で、日本では未公開作。

ネタバレを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズの紹介:2007年のアメリカのコメディ映画。童貞の冴えない高校生3人組が、卒業パーティーで意中の女の子との初体験を目指す青春コメディ。全米で初登場1位となり大ヒットしたが、日本では劇場未公開作品。

ネタバレを読む

箱入り息子の恋の紹介:2013年製作の星野源、夏帆主演のラブロマンスコメディ。人づきあいを極度に避ける35歳独身男性と、目に障害を抱えた若い女性とのドタバタ恋愛劇を描いていく。監督を務めたのは漫才グループ「髭男爵」の元メンバーで、「隼」、「無防備」などの作品で国際的な評価を得た市井昌秀。

ネタバレを読む

虚栄のかがり火の紹介:1990年製作のアメリカ映画。ウォール街の頂点を極めた若き債券トレーダーが、ささいな事件から転落の道を辿っていく様子を描く。製作・監督は「カジュアリティーズ」のブライアン・デ・パルマ、トム・ウルフの原作をマイケル・クリストファーが脚本化。出演はトム・ハンクス、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィスほか。

ネタバレを読む

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年製作の榮倉奈々主演のコメディ映画。都会で忙殺される女性編集者がハワイで新しい生き方を見つける物語で、監督は「婚前特急」で知られる前田弘二が務めた。映画のエンドロールでは竹内まりやが本作のために書き下ろした「アロハ式恋愛指南」が心地よい響きで流れる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。