「恋愛」映画一覧

わが恋せし乙女の紹介:捨て子だった美子と兄妹として育った甚吾。いつしか彼は美子に妹以上の感情を寄せていた。
巨匠木下惠介監督がハリウッドの無声映画にインスパイアされた企画を脚本化し撮影した作品。切ない恋物語を甘美に描出した木下流ロマンティシズムが発露されている。戦後の開放的気分の中で公開された1946年(昭和21年)の作品。

ネタバレを読む

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年公開。二重引力が存在する世界で、下の貧民層の世界に住む男性と、上の富裕層の世界に住む女性との恋を描いたSF・ラブ・ファンタジー。上下さかさまの世界を舞台に、ジム・スタージェスとキルスティン・ダンスト共演で贈る作品。

ネタバレを読む

となり町戦争の紹介:2007年公開の日本映画。となり町同士の戦争に巻き込まれた人々の恐怖をユーモアを交えて描いている。三崎亜記のベストセラー小説が原作。江口洋介、原田知世、瑛太ら出演で贈る作品。主題歌は中島有紀の「明日晴れたら」。

ネタバレを読む

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たちの紹介:2014年制作のアメリカ映画。遠く離れた男女が、テレパシーによって感覚を分かち合い、惹かれ合う姿を描いている。ジェス・ウェドンが脚本を務め、ゾーイ・カザンとマイケル・スタール=デヴィッド主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ランダム 存在の確率の紹介:ミラー彗星が大接近した夜、ホームパーティーに集まった男女8人は、彼らと全く同じ状況のもう一組の彼らと遭遇するが…という2013年制作のアメリカのSFスリラー。製作総指揮/監督/原案/脚本は、本作が長編デビューとなるジェームズ・ウォード・バーキット。シッチェス・カタロニア、アムステルダムなど各地のファンタスティック映画祭で数々の賞を受賞した。

ネタバレを読む

恋人たちの予感の紹介:1989年公開のアメリカ映画。ニューヨークを舞台に、友情で結ばれていた男女が真実の愛を見つけるまでを描いている。本作で登場したカッツ・デリカデッセンは名所となった。バリー・ソネンフェルドが撮影を務め、メグ・ライアンとビリー・クリスタル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

白いカラスの紹介:2003年公開のアメリカ映画。心に傷を負った人々の人間ドラマを描いている。フィリップ・ロスの傑作小説が原作。名匠ロバート・ベントンが監督を務め、アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマン共演で贈る作品。

ネタバレを読む

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイトの紹介:2006年制作のアメリカ映画。偉大な写真家ダイアン・アーバスが、写真に人生を捧げるに至った、ある男性との出会いと恋を描いている。スティーヴン・シャインバーグが監督を務め、ニコール・キッドマン主演で贈る作品。

ネタバレを読む

マジック(1979)の紹介:売れないマジシャンコーキーが腹話術の人形ファッツとのコンビで大成功を収めるが突然失踪、彼の芸にはある重大な秘密があったという1979年製作のアメリカのサイコ・サスペンス。監督は俳優としても知られる「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボロー、原作/脚本は「明日に向って撃て!」のウィリアム・ゴールドマン。主演は「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス、ヒロインは「トミー」「愛の狩人」のアン=マーグレット。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。