「恋愛」映画一覧(2ページ目)

ラストキスの紹介:2006年のラブコメディ映画。現代カップルの実情を様々な角度から絶妙に描いている。脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」のポール・ハギス。製作総指揮には「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ。出演は「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」のザック・ブラフ、「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレック、テレビドラマ「The O.C.」のレイチェル・ビルソンなど。

ネタバレを読む

クモ男の復讐の紹介:気弱で人のいい警備員がアメコミのヒーローに憧れるあまりクモのDNAを自身の身体に注入し超人化するという、2001年公開のアメリカのSF・ホラー映画。「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1作。監督は「L.A.救命士」のスコット・ジール、脚本は「神は死んだのか」のケイリー・ソロモン、チャック・コンツェルマンなど。オリジナルはバート・I・ゴードン監督の「吸血原子蜘蛛」(1962年公開)。事件を追う刑事役を「ゴーストバスターズ」(1984年)のダン・エイクロイド、クモ化する主人公を「リーカー 地獄のモーテル」のデヴォン・ガマーソール、ヒロインを「イギリスから来た男」のアメリア・ハインルが演じている。

ネタバレを読む

クロコダイル・ダンディーの紹介:1986年公開。オーストラリアの奥地に住む探検家が、ニューヨークにやってきて巻き起こす騒動を描いた作品。「クロコダイル・ダンディー」シリーズの第一作目。アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。撮影は「ライアー ライアー」のラッセル・ボイド。出演者のポール・ホーガンとリンダ・コズラウスキーは共演がきっかけで結婚。

ネタバレを読む

P.S. アイラヴユーの紹介:2007年公開。最愛の夫を亡くした女性が、亡き夫からの手紙をきっかけに立ち直っていく姿を描いた作品。セシリア・アハーンの小説が原作。監督・脚本は「マディソン郡の橋」で脚本を担当したリチャード・ラグラヴェネーズ。主演は「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。「300<スリーハンドレッド>のジェラルド・バトラー、「イルカと少年」のハリー・コニック・ジュニア、「ミザリー」のキャシー・ベイツも出演。

ネタバレを読む

ディボース・ショウの紹介:2003年公開。莫大な慰謝料を巡る男と女の駆け引きを描いた作品。監督・脚本は「ファーゴ」のコーエン兄弟。出演は「フィクサー」のジョージ・クルーニー、「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス。

ネタバレを読む

オールウェイズの紹介:1989年公開。仲間を助けるために死んだ消防隊員が、恋人を見守り続ける姿を描いた作品。1943年の「A Guy Named Joe」を「ジュラシック・パーク」などで知られるスティーヴン・スピルバーグが監督してリメイク。天使のハップ役にはオードリー・ヘプバーンが演じ、彼女が最後に出演した映画になる。「グッバイガール」のリチャード・ドレイファスや「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンター、「夢を生きた男/ザ・ベーブ」のジョン・グッドマンも出演。

ネタバレを読む

心霊写真奇譚の紹介:2006年公開の心霊写真にまつわる5話のホラー・オムニバス・ストーリー。監督は「口裂け女2」「となりの801ちゃん」の寺内幸太郎、「水霊 ミズチ」「END CALL」の山本清史、「ノロイ」「貞子vs伽椰子」の白石晃士。出演は優木まおみ、仲村瑠璃亜、近野成美、三宅梢子などの若手アイドルに加え、ミュージカル「テニスの王子様」(2006年)で知られる加藤和樹、鈴木裕樹、小谷嘉一、足立理などのイケメン俳優陣も充実している。

ネタバレを読む

ターミナルの紹介:2004年公開。アメリカの空港から出ることができなくなった東欧人の奮闘、従業員との交流や恋模様を描いた作品。監督は「シンドラーのリスト」のスティーヴン・スピルバーグ。主演は「フィラデルフィア」のトム・ハンクス。「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、「ラブリーボーン」でジョージ役のスタンリー・トゥッチ、「アバター」でネイティリ役のゾーイ・サルダナも出演。

ネタバレを読む

ゴースト ニューヨークの幻の紹介:1990年公開のアメリカ映画。幽霊となっても愛する人を守ろうとする男の姿を描くファンタジックなラブ・ストーリーで、ロマンス、コメディ、ファンタジー、ホラーといったいくつかのジャンルに含まれる。主題歌となったライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」(元々は1955年の映画『Unchained』の主題歌)は大ヒットした。

ネタバレを読む

近距離恋愛の紹介:2008年公開。親友だった女性が結婚することになって、彼女を好きなことに気づいた男性の恋を描いた作品。トムは大学生の時に相手を間違ってハンナを襲ってしまう。事なきをえて、彼女の考えに気に入って10年。親友同士となったトムとハンナ。二人はお互いの好みなど全て把握していた。ある日、ハンナが出張になってスコットランドに行くことに。ハンナのいない生活にトムは自分の気持ちに気づく。しかし、ハンナは結婚を決めたコリンを連れて帰ってくるのだった。

ネタバレを読む

恋のロンドン狂騒曲の紹介:2010年公開。思いがけず人生の転機に差し掛かった男女の姿を描いた作品。監督・脚本は「ミッドナイト・イン・パリ」のウディ・アレン。「デスペラード」のアントニオ・バンデラス、「ブッシュ」のジョシュ・ブローリン、「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスなど豪華キャストが出演。

ネタバレを読む

スリーピング・ディクショナリーの紹介:2003年公開。20世紀前半、植民地のインドネシアに派遣されたイギリスの行政官の青年が、「スリーピング・ディクショナリー」と呼ばれる風習に反発しながらも現地の女性と恋をする姿を描いた作品。出演はテレビシリーズ「ダークエンジェル」のジェシカ・アルバ、「モナリザ」のボブ・ホスキンス、「秘密の嘘」のブレンダ・ブレッシン。

ネタバレを読む

6デイズ/7ナイツの紹介:1998年公開。南海の無人島に不時着した男女の脱出劇を描いた作品。監督は「ゴーストバスターズ」のアイヴィン・ライトマン。出演は「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード、「ボルケーノ」のアン・ヘッシュ、テレビドラマ「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマー、「ザ・ホワイトハウス」のアリソン・ジャニーなど。

ネタバレを読む

あの頃ペニー・レインとの紹介:2000年公開。ロックジャーナリストに挑戦する少年の姿を描いた作品。第73回アカデミー賞脚本賞、第58回ゴールデングローブ賞作品賞を受賞。監督・脚本・制作は「バニラ・スカイ」「幸せへのキセキ」のキャメロン・クロウ。出演は「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンド、「200本のたばこ」のケイト・ハドソン。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。