「恋愛」映画一覧(2ページ目)

夫以外の選択肢の紹介:2004年公開のアメリカ・カナダ合作映画。夫婦ぐるみで付き合いをしている二つの家庭の崩壊を描いている。4人の男女の心と身体が絡み合うスキャンダルな作品で、ナオミ・ワッツが不倫に溺れる主婦を熱演した。アンドレ・デビュースの小説が原作。

ネタバレを読む

オンディーヌ 海辺の恋人(2009年)の紹介:2009年製作のアイルランド映画。田舎町を舞台に、網にかかっていた女性と漁師との恋を描いている。ニール・ジョーダンが監督・脚本・製作を務めたファンタジックなラブストーリー。アイルランドの美しい海辺の風景や、おとぎ話を取り入れたストーリーに注目の作品。コリン・ファレルとアリシア・バックレーダ主演で贈る。

ネタバレを読む

石内尋常高等小学校 花は散れどもの紹介:2008年公開の日本映画。95歳となる新藤兼人が監督・脚本を務めた作品で、彼の自伝的作品。広島での幼少期から、シナリオライターとして自立していくまでを描いている。若き日の新藤兼人を演じるのは豊川悦司、恩師役を演じるのは柄本明。大竹しのぶや大杉連、六平直政らも出演。

ネタバレを読む

砂漠の流れ者の紹介:1970年製作のサム・ペキンパー監督による西部劇。西部開拓期末期を舞台に、水場を開拓しながら復讐の時を待つ男の物語を描く。ジェイソン・ロバーズ、ステラ・スティーブンス、デビッド・ワーナーらがコミカルで愛らしいキャラクターを好演している。

ネタバレを読む

ダウン・イン・ザ・バレーの紹介:2005年公開のアメリカ映画。父親の束縛に息苦しさを感じている少女が、カウボーイ気取りの風変わりな男性と出会って、恋に落ちる様を描いている。エドワード・ノートン主演・製作で贈るラブ・ロマンス。彼の相手役を務めるのは、エヴァン・レイチェル・ウッド。17歳の少女を演じる彼女の演技にも注目の作品。

ネタバレを読む

すべては海になるの紹介:2010年公開の日本映画。本に救われた過去を持つ書店員の女性と、荒れている家庭の中で本を支えに生きている高校生の男の子との交流を描いた作品。監督・脚本・原作は山田あかねが務める。主演は佐藤江梨子と柳楽優弥。

ネタバレを読む

痴人の愛(1967年)の紹介:1967年公開の日本映画。自分の妻にしようと少女を育成する真面目な男性が、次第に彼女にとりつかれていく様を描いている。谷崎潤一郎の長編小説が原作で、今作は3度目のリメイク作品。監督は増村保造が務め、河合役は小沢昭一、ナオミ役は安田道代で贈る。

ネタバレを読む

リトル・バード 164マイルの恋の紹介:2012年製作のアメリカ映画。都会の青年に恋をした少女が、親友と共に会いに旅に出て、成長していく様を描いた作品。ジュノー・テンプル主演、「ブルーバレンタイン」のスタッフが贈る青春ドラマ。ケイ・パナベイカー、レスリー・マン、ケイト・ボスワースら実力派が脇を固める。

ネタバレを読む

ドリスの恋愛妄想適齢期の紹介:60歳を過ぎても独身のドリス。恋とは無縁な彼女が一目惚れしたのは、新しく会社にやって来た20代の青年だった。おちゃめなドリスの恋の奮闘を綴ったラブ・コメディ。
2015年製作のアメリカ映画で、日本では未公開。サウス・バイ・サウスウェスト映画祭では観客賞を受賞した。原題は『Hello, My Name Is Doris』。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。