「恋愛」映画一覧(4ページ目)

愛さずにはいられないの紹介:1997年公開の心温まるラブ・コメディ。ニューヨーカーのビジネスマンと情熱的なメキシカンの娘が、人種や文化という壁を乗り越えて運命と愛の力を信じるまでを描いた作品。監督は「最後の恋のはじめ方」のアンディ・テナント。音楽は「フォレスト・ガンプ/一期一会」など数多くの大作・話題作を手がけているアラン・シルヴェストリ。出演は「セブンティーン・アゲイン」のマシュー・ペリー、「フリーダ」のサルマ・ハエック、「結婚しない女」のジル・クレイバーグなど。

ネタバレを読む

口裂け女VSカシマさんの紹介:2016年公開の日本映画。最恐のJホラーヒロイン、口裂け女とカシマさんの対決を描いたオリジナルホラー。恋人として互いに未練を残しながらも、心のすれ違いから別れることを決めた稲村八重子と大森省吾。2人は最後の別れになる時を過ごしていたが、同じ頃、八重子と省吾それぞれの新しい恋人が、口の裂けた女と下半身のない女に惨殺されるという事件が起こる。

ネタバレを読む

すべての美しい馬の紹介:2000年公開のアメリカ映画。メキシコの壮大な自然を背景に、若者が成長していく過程を美しい馬と共に描いた作品。コーマック・マッカーシーのベストセラー小説が原作。監督は「スリング・ブレイド」のビリー・ボブ・ソーントン。脚本は「羊たちの沈黙」のテッド・タリー。制作は「世界にひとつのプレイブック」のジョナサン・ゴードンと「パルプ・フィクション」のサリー・メンケ。豪華な出演陣は「ボーン」シリーズのマット・デイモン、「E.T.」のヘンリー・トーマス、「バニラ・スカイ」のペネロペ・クルスなど。

ネタバレを読む

クリスティーナの好きなコトの紹介:2002年公開のアメリカ映画。軽い気持ちの恋愛ばかりだった女性が、運命の男性と出会って変わっていく姿を描いた作品。主演は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのキャメロン・ディアス。「サマンサ Who?」のクリスティナ・アップルゲイトや「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレアも出演。音楽は「デンジャラス・ビューティー」のエドワード・シェアマー、撮影は「キューティ・ブロンド」のアンソニー・B・リッチモンドが担当した。

ネタバレを読む

CHLOE/クロエの紹介:2009年公開。夫の不倫を疑った妻が、若い女性に夫を誘惑するように依頼して起こる出来事を描いた作品。監督は「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン。制作には「ベートーベン」のアイヴァン・ライトマンが参加。製作総指揮は「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマン。音楽は「リトル・ミス・サンシャイン」のマイケル・ダナ。豪華な出演陣は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・サイフリッド、「96時間」のリーアン・ニムソン、「シェルター」のジュリアン・ムーアなど。

ネタバレを読む

テンダー・マーシーの紹介:カントリーシンガーとして成功したが落ちぶれて哀愁漂う男。彼の音楽と人生の再起を描いたヒューマンドラマ。
1983年ゴールデングローブ賞主演男優賞、84年米アカデミー賞主演男優賞・脚本賞のほか多数の賞を獲得・ノミネートしながら、日本では未公開の作品。オーストラリア出身のブルース・ベレスフォード監督がアメリカに進出した一本目の作品。

ネタバレを読む

マンハッタン恋愛セラピーの紹介:2006年制作のアメリカ映画。兄の妻と仲良くなった妹が、新事実に気づいて七転八倒する姿を描いた作品。「キリング・ミー・ソフトリー」のヘザー・グレアムと「アイ,ロボット」のブリジット・モイナハンの2大女優で贈るラブ・コメディ。製作総指揮には「ファミリー・ツリー」のアレクサンダー・ペインが参加。

ネタバレを読む

恋するリストランテの紹介:2010年制作。人気レストランの職場で出会った男女の恋愛模様を描いた作品。脚本には「トカレフ」のパコ・カベサスが参加。出演は「アラトリステ」のウナクス・ウガルデ、「踊るアイラブユー♪」のジュリオ・ベルーチ、「アグネスと彼の兄弟」のヘルベルト・クナウプなど。

ネタバレを読む

カンフー・マスター!の紹介:娘の同級生に恋をしてしまった40歳の女性の儚き恋愛模様を描く。
ヌーヴェルヴァーグの女性監督アニエス・ヴァルダの1987年の公開作で、原作は主演のジェーン・バーキン。バーキンの娘と、ヴァルダの息子が共演している。

ネタバレを読む

地中海式 人生のレシピの紹介:2009年のスペイン映画。食を主題に3人の男女の破天荒な物語を描いた作品。監督・脚本は「スカートの奥で」で脚本を務めたホアキン・オリストレル。脚本には「ペネロペ・クルスの抱きしめたい!」のヨランダ・ガルシア・セラーノも参加。出演は「誰かが見ている」のロベルト・アルバレスなど。

ネタバレを読む

幸福(しあわせ)の紹介:妻子を愛しながらも、若い娘と恋に落ちたフランソワ。彼にとって、家族にとっての幸福とは一体何か…。
監督・脚本はアニエス・ヴァルダ。劇中の音楽はモーツアルトの楽曲を使用。ジャン・ルノワールの『ピクニック』へのオマージュ作品でもある。日本では1966年に初公開され、73年にリバイバル公開された。1965年度のルイ・デリュック賞、ベルリン映画祭銀熊・審査員特別賞受賞作。

ネタバレを読む

マニアック(2012年)の紹介:1980年のスプラッター・ホラー「マニアック」のリメイク作品で、亡き母親のトラウマからマネキンしか愛せなくなったマネキン修復師のフランクは、女性を殺害してはその頭髪を剥ぐシリアル・キラー。ある日美しくキュートな写真家アンナと出会いシンパシーを感じるが…と言う2012年の米仏合作のホラー・サスペンス。主演は「パラサイト」「シンシティ」のイライジャ・ウッド。製作/脚本は「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャ、監督は「P2」のフランク・カルフン、オリジナル脚本はジョー・スピネル。音楽は「タイピスト」のロブ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。