「ヤクザ/マフィア」映画一覧

われらが背きし者の紹介:2016年公開のイギリス映画。スパイ・サスペンス小説の巨匠、ジョン・ル・カレの人気作をユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス。ロシア・マフィアの機密情報を入手したために、世界を股にかけた危険な逃亡劇を繰り広げる事になる大学教授とその妻の姿を描く。

ネタバレを読む

ザ・コンサルタントの紹介:2016年製作のアメリカ映画。田舎のさえない会計士と裏社会の殺し屋という2つの顔をもつ男が、犯罪組織や企業の不正を暴いていく様を描くサスペンスアクション。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではバットマンというヒーローを演じたベン・アフレックが、アメリカの裏社会で暗躍するアンチ・ヒーローに扮し、新たな一面を見せる。

ネタバレを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化したコミカルなアクション。出資詐欺に巻き込まれたイケイケなやくざと建設コンサルタントの凸凹コンビが詐欺師を追って、関西やマカオを奔走する姿が描かれる。

ネタバレを読む

ベルベット・レインの紹介:香港マフィアの大ボス・ホンと彼の右腕レフティ、黒社会で生きることを夢見る若者イックとターボ。2組のエピソードが交錯し、悲しき宿命が収束していく。
2004年製作の香港映画で、香港を代表する豪華4大スターが顔を揃えたノワール・サスペンス。監督は今作が初の商業映画となったウォン・ジンポーで、香港電影金像奨の最優秀新人監督賞を獲得した。

ネタバレを読む

土竜の唄 香港狂騒曲の紹介:2016年12月23日公開の日本映画。交番勤務のダメ警官から潜入捜査官に転身した男の、ハチャメチャな活躍を描く、生田斗真主演のアクションの続編。原作コミックの中でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を映画化。前作のキャストに加え、エリート警官・兜役に瑛太、チャイニーズマフィアのヒットガール役を菜々緒が演じるなど、個性派キャラが勢ぞろいした。

ネタバレを読む

ドラッグ・ウォー 毒戦の紹介:「エグザイル/絆」などで知られる、香港映画界の巨匠ジョニー・トーによる、監督50作目作品。現代の中国を舞台に、公安警察が巨大麻薬組織と熾烈な戦いを繰り広げる姿を描く。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

3-4X10月の紹介:1990年公開の日本映画。監督・北野武の第2作品。タイトルの読み方は「さんたいよんえっくすじゅうがつ」で、「3-4X」は草野球の試合のスコアボードに由来する。10月に公開予定だったので「10月」と付けられたが、実際の公開は9月となった。

ネタバレを読む

レッド・ダイヤモンドの紹介:2016年製作のカナダ映画。ブルース・ウィリスが悪役を演じる犯罪アクション。凄腕の泥棒ジャックの元に、元相棒で恋人のカレンが現れる。カレンは仕事をしくじり、犯罪組織のボス、エディに追われていた。ジャックは彼女の仕事を手伝うが、エディの放った刺客が彼らを襲う。

ネタバレを読む

セットアップ(2011年)の紹介:2011年製作のアメリカ映画。お互いに支え合った仲間同士が、ある事件をきっかけに決裂して、裏切りの連鎖へと翻弄される姿を描いている。50セントやブルース・ウィリス、ライアン・フィリップなど豪華出演者で贈る作品。

ネタバレを読む

仁義なき戦いの紹介:1973年製作の深作欣二監督による暴力団の抗争を描いた実録ヤクザ映画の第一作目となる作品。飯干晃一による広島抗争を題材にした同名のドキュメンタリーに基づき製作された。戦後間もない広島を舞台に、山守組と土居組による争いやその後の内部抗争を生々しいバイオレンスシーンをまじえて描いていく。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。