「怪獣/怪物」映画一覧

アマゾネス・プリンセスの紹介:2011年製作のカナダ映画。ダークライジング部隊と異界からやってきた悪魔との死闘を描いた作品。ブリジット・キングスレー主演で贈るSFアクション。ダーク・ワールド(2007年)の続編で、「DARK RISING」シリーズの2作目。

ネタバレを読む

モンスタートラックの紹介:2016年製作のアメリカ&カナダ合作映画。トラックのカスタマイズが得意な高校生トリップが出会ったとんでもない生き物。それは油をがぶ飲みする未知の生物だった。彼はその生物をクリーチと名づけるが…。

ネタバレを読む

パワーレンジャー(2017年)の紹介:日本・東映の特撮テレビ作品『スーパー戦隊シリーズ』の英語版として制作されたテレビシリーズ『パワーレンジャー』を元にした長編劇場用映画。パワーレンジャーのシリーズとしては過去にも2度映画化されているが、今回は設定・キャストを一新し、完全新作としてリブートされた。監督は南アフリカ出身で、本作が長編2作目となる新鋭ディーン・イズラライト。製作総指揮として東映で数々のスーパー戦隊シリーズに携わってきたプロデューサーの鈴木武幸も参加している。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士の紹介:1987年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第8弾。藤子不二雄・名義の最後のドラえもん映画作品。恐竜が今でも生き残っていたらという仮定に基づき、地底世界をドラえもんたちが冒険する話を描く。

ネタバレを読む

アイ・フランケンシュタインの紹介:2014年制作。現代まで生き残った人造人間のフランケンシュタインが、天使と悪魔との戦いに関わる姿を描いている。ケヴィン・グレイヴォーのグラフィック・ノベルが原作。スチュアート・ビーティー監督・脚本、アーロン・エッカート主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ミミックⅢの紹介:2003年製作のアメリカ映画。人間に擬態し、捕食する昆虫“ユダの血統”の恐怖を描いたSF・ホラー映画『ミミック』シリーズ第3弾。ストリックラー病の後遺症に悩む青年・マーヴィンを主人公に据えて、ユダの血統との戦いが描かれる。

ネタバレを読む

ミミック2の紹介:2001年製作のアメリカ映画。映画『ミミック』の続編。遺伝子操作により生み出された新種の昆虫“ユダの血統”が人間を襲うSFホラーの続編。顔を剥ぎ取られ、内臓も抜かれた無惨な死体が発見される。教師となった昆虫学者のレミ・パノスはいまだに悪夢にうなされていたが…。

ネタバレを読む

ミミックの紹介:1997年製作のアメリカ映画。ニューヨーク市を舞台に、遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いを描くSFホラー。好評を博し、シリーズ作が3まで作られた。「ミミック」とは「擬態」という意味。被捕食者が捕食者に擬態することで難を逃れようとするさま。

ネタバレを読む

プロメテウスの紹介:2012年公開のアメリカ映画。当初はリドリー・スコット監督自身の映画『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった。地球の古代遺跡から発見された“人類の起源”を解き明かすヒントを基に、未知の惑星を訪れた人々が体験する想像を絶する出来事の数々が描かれる。

ネタバレを読む

ゾンビ・ガールの紹介:2014年制作のアメリカ映画。恋人の死によって悲しむ青年が、新たな恋に進もうとすると、彼女がゾンビとして蘇ってきて起こる騒動を描いている。巨匠ジョー・ダンテが監督を務め、アントン・イェルチン主演で贈る作品。

ネタバレを読む

メッセージの紹介:2016年のアメリカ映画。アメリカでSF作品に与えられる最高峰のネビュラ賞を受賞したテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』を原作に、『プリズナーズ』『複製された男』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によって製作されたSF映画。言語学者のヒロインが異星人との対話を通じて、自分の人生を見つめ直していくという物語である。2016年度のアカデミー賞で8部門にノミネートされ、音響効果賞を受賞した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。