「怪獣/怪物」映画一覧

チャイルズ・アイの紹介:タイにバカンスやってきた6人の若者がいわく付きの古ホテルで遭遇する恐怖を描いた2010年の香港ホラー。製作/監督/脚本は「The EYE」シリーズで知られるパン・ブラザーズ。主演は「僕のSweet Devil」「流星花園~花より男子~」で知られるキュートな華流アイドルレイニー・ヤン、その彼氏を「軍鶏~shamo~」のショーン・ユー、謎の男クワンを「インファナル・アフェア」「エレクション」シリーズで知られるラム・カートンが演じている。

ネタバレを読む

ザ・コレクターの紹介:2016年製作のロシア映画。人間を襲い、コレクションして捕食する未確認生物の恐怖を描いたSFスリラー。ローマンとダーシャのカップルら乗客を乗せた電車が、トンネル内で突如姿を消す。ふたりの友人とレスキュー鉱員はトンネルの調査を開始するが、そこには怪人が潜んでいた…。

ネタバレを読む

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリートの紹介:ハロウィンの乱痴気騒ぎで盛り上がるオハイオの田舎町で起こる4つの恐ろしい出来事を描いた、2009年のカナダ/米合作のダーク・ファンタジー・ホラー。製作は「X-MEN」「Dr.HOUSE」シリーズで知られるブライアン・シンガー。本作では監督/製作総指揮/脚本をつとめたマイケル・ドハティ監督の短編アニメ「Season’s Greetings」をベースとしていて、その主人公であった麻袋を被った子供サムが愛くるしくも恐ろしいアイコンとなっている。

ネタバレを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクトの紹介:1982年のある日、南極で発見された宇宙船の第一発見者となったノルウェー隊が”地球外生命体”に襲われ、決死の攻防を繰り広げるが…という「遊星からの物体X」(1982年)の前日譚に当たる、2011年公開のアメリカのSF・ホラー映画。原作はジョン・W・キャンベル『影が行く』。監督は本作が長編デビュー作となるマティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.。脚本は「ライト/オフ」「ファイナル・デッドブリッジ」のエリック・ハイセラー。主演は「ファイナル・デッドコースター」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。音楽は「ブレイド2」「ヘルボーイ」のマルコ・ベルトラミ。

ネタバレを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

ネタバレを読む

へんげの紹介:都内近郊のとある住宅地に、謎の発作に襲われ苦悶し絶叫する夫を懸命に介護する妻がいた。彼は発作のたび咆哮し、やがて人ならざるモノへと変貌し始めるが…という2011年公開のホラー映画。監督/脚本は「劇場版 稲川怪談 かたりべ」「鬼談百景(「一緒に見ていた」「赤い女」)」の大畑創。2012年第16回モントリオール・ファンタジア映画祭にて特別賞を獲得した。

ネタバレを読む

トレマーズ4の紹介:2004年のアメリカ映画。監督は『トレマーズ2』のS. S.・ウィルソン。『トレマーズ』第一作から100年前の西部開拓時代を舞台に、一作目の舞台となった町の住人たちの先祖の人々と、その時代にも現れていた地底怪物「グラボイズ」の戦いを描く。一作目から続けて出演しているバート・ガンマー役のマイケル・グロスも、曾祖父であるハイラム・ガンマー役で出演している。

ネタバレを読む

トレマーズ3の紹介:2001年のアメリカ映画。地底から出現し地上の生き物を襲う怪物「グラボイズ」と、人間たちとの戦いを描く『トレマーズ』シリーズの3作目。監督は、『ニューヨーク東8番街の奇跡』『ショート・サーキット』などの脚本を執筆し、本シリーズの1作目と2作目でも脚本を担当したブレント・マドック。
前作の監督S. S.・ウィルソンは製作を担当している。

ネタバレを読む

キング・コング(2005年)の紹介:2005年公開。幻の島にいる巨大な野獣と美女との悲恋を描いている。1933年の「キング・コング」のリメイク作品。アカデミー賞では視覚効果賞、音響編集賞、録音賞を受賞。監督は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン。主演は「ザ・リング」のナオミ・ワッツ。彼女は今作で「37歳のヒロイン」として話題になった。

ネタバレを読む

日本のこわい夜の紹介:2004年公開の「感染」「予言」をはじめとしたJホラーブームに合わせ、TBS系列「水曜プレミア」の特番として制作、放映されたホラー・オムニバス作品。プロデューサーは一瀬隆重、監督は「ほんとにあった!呪いのビデオ」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋、「予言」「おろち」の鶴田法男、「呪怨」「ラビット・ホラー3D」の清水崇、「感染」「シャッター」の落合正幸。物語をけん引する”かたりべ”役を個性派女優白石加代子が演じている。

ネタバレを読む

蛾人間モスマンの紹介:2010年に公開されたアメリカ合衆国のテレビ映画。1960年代からウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を中心に流布された都市伝説を題材として製作されたホラー映画である。監督は『クリムゾン』『モンスター・オブ・レジェンド』『スノウマゲドン』などのシェルドン・ウィルソン。

ネタバレを読む

Dressing Up ドレッシングアップの紹介:他界した母がどんな人だったのか興味を持った中学生の育美。ある時母の壮絶な過去を知ってから彼女は混乱していく。
2012年大阪アジアン映画祭インディー・フォーラム部門CO2助成作品として上映され、15年に全国公開。2013年TAMA NEW WAVEグランプリ受賞、2015年度日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞作。※本編にはホラー映画同等のショッキングな映像が含まれる。

ネタバレを読む

ピッチブラックの紹介:2000年公開。未知の惑星に不時着した人々が、肉食エイリアンに襲われる恐怖を描いた作品。監督は「パーフェクト・ゲッタウェイ」のデヴィッド・トゥーヒー。制作は「ラストサムライ」のトム・エンゲルマン。音楽は「トゥームレイダー」のグレーム・レヴェル。主演は「トリプルX」のヴィン・ディーゼルと「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。