「怪獣/怪物」映画一覧(4ページ目)

アンダーワールド:エボリューションの紹介:2006年公開のアメリカ映画。映画『アンダーワールド』の続編。ヴァンパイア族の女処刑人・セリーンの新たな戦いを描く。ヴァンパイア族とライカン族両方から追われる身となったセリーンとマイケルは、ある作戦を考えるが…。

ネタバレを読む

アンダーワールドの紹介:2003年公開のアメリカ映画。人間の知らない「闇の世界=アンダーワールド」で吸血鬼一族と狼男一族の間に続く、何百年にもおよぶ戦いと謎を描いた作品。ヒットに恵まれて、続編も次々に制作された。

ネタバレを読む

グレートウォールの紹介:2016年にアメリカと中国の合作で製作された歴史ファンタジー映画。人類最大の建造物である万里の長城を舞台に、60年に一度押し寄せる怪物の軍勢との壮絶な戦いが描かれる。監督は『紅いコーリャン』『初恋のきた道』『HERO』など幅広い作風で知られるチャン・イーモウ。製作は『パシフィック・リム』や『ジュラシック・ワールド』などのSF・ファンタジー系の大作で知られるレジェンダリー・ピクチャーズ。同社は2016年に中国の大手企業大連万達グループに買収されたことで有名。本作にもその影響が噂されている。

ネタバレを読む

ダークマンの紹介:1990年公開のアメリカ映画。全身に火傷を負った男が復讐の鬼と化し、黒マントに身を包み異形のヒーローとなって活躍する姿を描いた作品。サム・ライミ監督・原案、リーアム・ニーソンとフランシス・マクドーマンド共演で贈るホラー・アクション。

ネタバレを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書の紹介:2015年製作のアメリカ&オーストリア合作映画。シリーズ累計3億5千万部のベストセラー小説『グースバンプス』をジャック・ブラック主演で映画化したファンタジー。作家のスタインが書いた小説の中のモンスターたちが現実世界に出現。隣家の少年ザックとスタインは、モンスターを封印する冒険に旅立つ。

ネタバレを読む

夜明けのゾンビの紹介:2011年制作のアメリカ映画。南北戦争期にゾンビが大量発生し、家族を失った男性の使命を全うする姿を描いている。ゾンビ映画界のテレンス・マリック、ジョン・ゲデスが監督・脚本を務めた作品。原題はEXIT HUMANITY。

ネタバレを読む

ゾンビハーレムの紹介:2009年制作のイギリス映画。ゾンビ化した女性ばかりの町にやってきた男たちの生き様を描いている。原題はDOGHOUSE。男に飢えた女性ゾンビが襲ってくる痛快ホラーコメディ。歯医者のゾンビや美容師のゾンビなど様々な職業のゾンビが襲ってくる作品。

ネタバレを読む

ゾンビ・リミットの紹介:2013年制作のホラー・サスペンス映画。原題はTHE RETURNED。ゾンビ化を防ぐワクチンを巡って、人間達の本性が露わになる様を描いている。RECの制作チームが手がけた作品。シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014にて全国劇場公開された。

ネタバレを読む

ビラボン BILLABONGの紹介:2016年製作のオーストラリア映画。オーストラリアの先住民・アボリジニに伝わる謎の怪物が襲い来るモンスターパニック。亡くなった祖父から、土地をアボリジニに返すよう遺言を受けていた兄弟。ふたりはある日、近くの森で不気味な咆哮を耳にする…。

ネタバレを読む

キングコング: 髑髏島の巨神の紹介:2017年公開のアメリカ映画。監督は『ザ・キングス・オブ・サマー』に続いて本作が2作目となる新鋭ジョーダン・ヴォート=ロバーツ。製作はレジェンダリー・ピクチャーズ。さまざまな怪獣映画を統一された世界観で描く「モンスターバース」シリーズで、2014年の『GODZILLA ゴジラ』に続く2作目となる。また監督のジョーダン・ヴォートは日本の怪獣映画やアニメ・ゲームなどに多大な影響を受けたことを公言していて、本作でもそれらへのリスペクトとされる場面が数多く存在する。監督によると、冒頭部分に登場した日本兵グンペイ・イカリは『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジと、ゲームクリエイターの横井軍平をもとに命名されとのことである。

ネタバレを読む

蠅男の恐怖(1958)の紹介:物質転送機を発明した男が自ら人体実験に挑んだ際、1匹のハエが紛れ込んだ事で起った悲劇を描いた1958年アメリカのSF映画。劇場公開時の邦題は「ハエ男の恐怖」。原作はジョルジュ・ランジュランの小説「蠅」。監督は「火星探検」のカート・ニューマン。脚本は「大脱走」「いつも心に太陽を」のジェームズ・クラヴェル。特撮は「ミクロの決死圏」「猿の惑星」のL・B・アボット。続編は「蠅男の逆襲」(「恐怖のハエ人間」1959年)、続々編は「蠅男の呪い」(1965年)。1986年にはデヴィッド・クローネンバーグ監督によるリメイク作品「ザ・フライ」が公開された。

ネタバレを読む

クリープショーの紹介:ホラー好きの少年ビリーが父親に捨てられたコミック”クリープショー”。それにはゾンビや草と化す人間、箱の中の怪物などなど怖くてワクドキの物語が5つ収録されていて…という1982年アメリカ制作の5話のホラー・オムニバス映画。監督は「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を始め数々のゾンビ映画で知られるジョージ・A・ロメロ、脚本はホラー小説の帝王スティーヴン・キングで「ジョディ・ヴェレルの孤独な死」の主役を演じている。特殊メイクは俳優としても知られるトム・サヴィーニで作中にも登場する。

ネタバレを読む

チャイルズ・アイの紹介:タイにバカンスやってきた6人の若者がいわく付きの古ホテルで遭遇する恐怖を描いた2010年の香港ホラー。製作/監督/脚本は「The EYE」シリーズで知られるパン・ブラザーズ。主演は「僕のSweet Devil」「流星花園~花より男子~」で知られるキュートな華流アイドルレイニー・ヤン、その彼氏を「軍鶏~shamo~」のショーン・ユー、謎の男クワンを「インファナル・アフェア」「エレクション」シリーズで知られるラム・カートンが演じている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。