「映画賞受賞作」映画一覧(5ページ目)

イングロリアス・バスターズの紹介:2009年公開の戦争映画。ナチス壊滅を目論む部隊と復讐をする女の姿を描いた作品。第82回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、海外の賞を多数獲得した大ヒット作。監督・脚本は「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーなど。

ネタバレを読む

毛皮のヴィーナスの紹介:2013年公開。マゾヒズムの語源となった小説家レオナルド・フォン・ザッヘル・マゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」を下地にした戯曲を映画化した作品。「毛皮を着たヴィーナス」を舞台化しようとする演出家と、舞台では一変して気品と色気を漂わせる女優とのやり取りを絶妙に描いている。監督・脚本は「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」のロマン・ポランスキー。

ネタバレを読む

7月4日に生まれての紹介:1989年公開。アメリカ独立記念日に生まれたベトナム帰還兵が、様々な苦難を経て反戦運動へ身を投じる姿を描いた作品。ロン・コーヴィックの自伝小説が原作。アカデミー賞では監督賞と編集賞の2部門を受賞した。監督は「プラトーン」のオリバー・ストーン。主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズ。彼は今作でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。テレビシリーズ「クローザー」のキーラ・セジウィック、「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のウィレム・デフォーも出演。

ネタバレを読む

マスター・アンド・コマンダーの紹介:2003年公開。太平洋を舞台に、伝説的艦長と少年兵士達との絆と成長を描いた作品。パトリック・オブライアンの小説が原作。アカデミー賞には10部門にノミネートされ、撮影賞と音響効果賞を受賞した。監督は「トゥルーマン・ショー」のピーター・ウィアー。編集は「ピアノ・レッスン」のリー・スミス。主演は「グラディエーター」のラッセル・クロウ。

ネタバレを読む

ショート・タームの紹介:2013年公開。未成年者の保護施設を舞台に職員と子供達との交流を描いている。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で初上映された際は、観客や批評家から熱烈な歓迎をされた。インディペンデント・スピリット賞など海外の多数の賞を受賞、ノミネートした作品。出演は「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン、ミュージカル・テレビドラマ・映画で活躍のジョン・ギャラガー・ジュニアやラミ・マレックなど。

ネタバレを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの紹介:2001年公開。男性から性転換したロックシンガーの数奇な人生を描いた作品。オフ・ブロードウェイで大ヒットしたロックミュージカルを映画化。サンダンス映画祭では最優秀監督賞、最優秀観客賞を受賞するなど、海外の賞を多数受賞した作品。監督・脚本・主演は舞台版と同じく、「ラビット・ホール」で監督を務めたジョン・キャメロン・ミッチェル。トミー役には「シルク」のマイケル・ピットが出演。

ネタバレを読む

ヒューゴの不思議な発明の紹介:2011年公開。父を亡くした少年が、父の遺した機械人形の秘密を巡って少女と共に冒険を繰り広げる姿を描いた作品。ブライアン・セルズニックの小説が原作。アカデミー賞では11部門にノミネートされ、5部門を受賞。他にも多数の海外の賞を受賞したファンタジー映画。監督は「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ。制作にはジョニー・デップも参加。出演は「ガンジー」のベン・キングズレー、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ、「コールドマウンテン」のジュード・ロウ。

ネタバレを読む

少女は自転車に乗っての紹介:女性に対する制約が多いサウジアラビア。少女ワジダは男の子と一緒に遊びたくても、先生も母も女性らしく振舞うように厳しい。ある時ワジダは素敵な自転車に出会い、いつか自分のものにしようと決意する。
メガホンをとったのはサウジアラビア初の女性監督となったハイファ・アル=マンスール。少女を通しサウジの未来への希望を描いた本デビュー作で、世界中から高評価された。2012年ヴェネチア国際映画祭C.I.C.A.E賞、2013年ロッテルダム国際映画祭批評家連盟賞、2014年アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表のほか、多くの賞を受賞。

ネタバレを読む

トム・アット・ザ・ファームの紹介:2013年制作。死別した恋人の葬儀に出席するために向かった男性が、恋人の家族と過ごしていくうちに自らの狂気や彼らの狂気に気づいていく姿を描いた作品。第70回ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。若き天才グザヴィエ・ドランが監督・主演をしたサイコサスペンス映画。

ネタバレを読む

21グラムの紹介:2003年公開。1つの心臓をめぐって出会った二人の男女と、原因を作った一人の男との皮肉な運命を描いた作品。ヴェネツィア国際映画祭で3部門、他にも海外の賞で多数受賞した。監督は「バベル」「レヴェナント:甦えりし者」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演は「ミルク」のショーン・ペン、「インポッシブル」のナオミ・ワッツ、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ。

ネタバレを読む

イントゥ・ザ・ワイルドの紹介:2007年公開。文明からの脱却を目指し、自らの力だけで荒野で生きていく一人の青年の姿を描いた作品。1992年にアラスカの荒野で死体として発見されたクリストファー・マッキャンドレスの生と死に迫ったベストセラー・ノンフィクション小説「荒野へ」を映画化。監督・脚本は俳優としても輝かしい実績のショーン・ペン。出演は「スピード・レーサー」のエミール・ハーシュ、「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハート、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュアート。

ネタバレを読む

ジャンゴ 繋がれざる者の紹介:2012年公開。解放された奴隷と賞金稼ぎが手を組み、生き別れになった妻を取り戻す姿を描いた作品。アカデミー賞では脚本賞、クリストフ・ヴァルツが助演男優賞を受賞した。興行収入は4億ドルを超える大ヒットとなった作品。監督・脚本は「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ。出演は、「Ray/レイ」のジェイミー・フォックス、「レヴェナント:蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオ、「ジャッキー・ブラウン」のサミュエル・L・ジャクソンなど。

ネタバレを読む

東京ゴッドファーザーズの紹介:2003年公開。捨てられた赤ん坊の親探しに頑張るホームレス3人に起こる奇跡の連続を描いた作品。監督は「千年女優」「パプリカ」の今敏。第58回毎日映画コンクールアニメーション映画賞など数々の賞を受賞した。自称元競輪選手のギン、元ドラッグ・クイーンのハナ、家出高校生のミユキの3人のホームレスはクリスマスに捨てられた赤ん坊を発見する。両親を探すために旅に出る3人に様々な奇跡が起こり始める。

ネタバレを読む

SOMEWHEREの紹介:2010年公開。空虚な日々を送るハリウッドスターの父と、離婚した妻と暮らす娘とのひと時の交流を描いた作品。第67回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。監督・脚本は「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ。出演はマレフィセントのオーロラ姫役のエル・ファニングほか。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。