「映画賞受賞作」映画一覧(6ページ目)

マン・オン・ワイヤーの紹介:2008年公開。1974年、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンターで綱渡りをしたフィリップ・プティの姿を描いたドキュメンタリー映画。第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など世界で多数の映画賞を受賞した作品。17歳のフィリップはワールドトレードセンターの建設を知って興奮していた。綱渡りの芸を始めたフィリップはノートルダム寺院やハーバーブリッジで綱渡りを始め、ついに411メートルの高さのワールドトレードセンターでの綱渡りを思いつく。

ネタバレを読む

HUNGER/ハンガー(2008年)の紹介:2008年公開のイギリスの歴史映画。IRAの囚人による抗議活動を実話に基づいて描いた作品。監督は「それでも夜が明ける」でアカデミー賞作品賞を受賞したスティーヴ・マックイーン。この作品で2008年カンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞。1981年の北アイルランドの刑務所にIRAの囚人達が収監されていた。彼らはボビーをリーダーとして抗議を行うが、看守達の暴力によって制圧される。ボビーは最後の手段としてハンガーストライキを行う。

ネタバレを読む

めがねの紹介:都会から南の島にやってきたタエコが出会ったのは、不思議な人々。奇妙とも言える触れ合いを通し、タエコは忘れかけていたものを取り戻していく。『かもめ食堂』の荻上直子監督の次作で、小林聡美やもたいまさこが再び出演しているほか、スタッフも多く引き継いでいる。ベルリン国際映画祭パノラマ部門マンフレートザルツゲーバー賞受賞作品。

ネタバレを読む

マップ・トゥ・ザ・スターズの紹介:2014年公開。ハリウッドセレブの闇を描いた作品。第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、出演のジュリアン・ムーアが最優秀女優賞を受賞した。出演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア、「イノセント・ガーデン」のミア・ワシコウスカ、「大統領の執事の涙」のジョン・キューザック、「コズモポリス」のロバート・パティソンなど。監督は鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ。

ネタバレを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイスの紹介:1984年公開。ニューヨークに住む若者とハンガリーからやってきた少女との触れ合いを描いた作品。モノクロで撮られた無表情喜劇。監督・脚本を務めたジム・ジャームッシュの代表作品。第37回カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。第19回全米映画批評家協会賞を受賞。

ネタバレを読む

ロルナの祈りの紹介:2008年公開。国籍を取得するために偽装結婚をした男女の間に生まれた愛の奇跡を描いた作品。第61回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。「ロゼッタ」「ある子供」でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が監督・脚本・制作を務めた。「MAGIC EYE」のアルタ・ドブロシ、「つぐない」のジェレミー・レニエが出演。

ネタバレを読む

ある子供の紹介:2005年公開。子供ができた若いカップルの過ちを描いた作品。第58回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール大賞を受賞。監督・脚本・制作は「息子のまなざし」「少年と自転車」のジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの兄弟。「譜めくりの女」「タイピスト」のデボラ・フランソワのデビュー作品。

ネタバレを読む

あるスキャンダルの覚え書きの紹介:2006年公開。15歳の少年と関係を持ってしまった女性教師と、それを知ってしまった初老の女性教師との駆け引きを描いた作品。アメリカ合衆国で実際に起きた事件をモデルにしたゾーイ・ヘラーによる同名小説を映画化した。第79回アカデミー賞では、脚色賞、作曲賞、ジュディ・デンチが主演女優賞にケイト・ブランシェットが助演女優賞にノミネートされた。

ネタバレを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?の紹介:転校が決まっている少女が、同級生と駆け落ちしようと企てる。早熟な少女と彼女に恋する少年たちの甘酸っぱい交流をノスタルジックな映像で綴った恋物語。元々は1993年放送のテレビドラマだったが、監督した岩井俊二がドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞したため、2年後に再編集した作品が映画化された。

ネタバレを読む

しあわせの隠れ場所の紹介:2009年公開。過酷な少年時代を過ごし、ある家族と出会って才能を開花させてNFLデビューを飾ったマイケル・オアー選手の実話を描いた作品。第82回アカデミー賞で作品賞にノミネートされ、主演のサンドラ・ブロックが主演女優賞にノミネートされた。第67回ゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞した。

ネタバレを読む

人生はビギナーズの紹介:2010年制作。新たな人生を謳歌した父の影響を受けながら、人生を模索する息子の姿を描いた作品。オリヴァーは母が他界して、父のハルからゲイである事を告白される。ハルは癌の宣告を受けていたが、服装や本など購入したり、恋人を作ったりと新たな人生を謳歌していた。ハルが亡くなって、オリヴァーは自分には仕事とペットの犬しかいないことに気づく。パーティーで知り合った女優のアナと勇気を出して付き合い始めるオリヴァーだった。

ネタバレを読む

NINEの紹介:2009年公開。フェデリコ・フェリーニ監督の自伝映画「8 1/2」を基にしたミュージカルを映画化して描いた作品。豪華女優陣が演じるミュージカルは圧巻。第67回ゴールデングローブ賞5部門にノミネートされるなど多数の賞でノミネートと受賞をした。世界的な映画監督のグイドは新作の映画の脚本がまったく書けないでいた。私生活が忙しすぎる彼は次第に想像した世界へと溺れていく。

ネタバレを読む

サイダーハウス・ルールの紹介:1999年公開のアメリカ映画。孤児院で育った青年の成長を描いた作品。2000年のアカデミー賞で最優秀脚色賞とマイケル・ケインが助演男優賞を受賞した。孤児院で生まれ育ったホーマーは、堕胎に訪れたキャンディとウォリーの車で離れる事を決意。ウォリーのリンゴ園を手伝いながら、ホーマーは幸せを噛みしめる。ウォリーは戦争に向かい、寂しくなったキャンディとホーマーは恋に落ちる。

ネタバレを読む

タイピスト!の紹介:2012年公開。1950年代のフランスで、タイピングの世界チャンピオンを目指す女性の姿を描いた作品。第38回セザール賞で5部門にノミネートされるなど様々な賞でノミネートと受賞をした。秘書の仕事に憧れを持つ女性が多い時代で、田舎から出てきたローズは保険会社の秘書の面接を受ける。タイピングの速さから雇用してもらえることに。保険会社を経営するエシャールは、ローズのタイピングの才能を輝かせるために特訓を始める。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。