「近未来」映画一覧(2ページ目)

アフター・アースの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、M・ナイト・シャマラン監督によるSFヒューマンドラマ。物語の原案はウィル・スミスによるもので、息子のジェイデンとともに主演も務めている。31世紀の宇宙を舞台にした物語で、伝説の戦士である父親とその息子が謎の惑星に不時着し、そこから脱出するために奮闘する姿を描いていく。

ネタバレを読む

素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~の紹介:2012年制作のアメリカ映画。元泥棒の老人と最新型のロボットが、絆と友情を育んていく姿を描いている。ジェイク・シュライアー監督の異色のコメディドラマで、フランク・ランジェラ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

トラベラーズ 次元警察の紹介:2013年制作の日本映画。次元警察官を主人公に、セクシーなヒロインたちが火花を散らす姿をハードに描いた作品。監督は坂本浩一が務め、主演は長澤奈央、木下あゆ美で贈るSFアクション。セクシーなヒロインたちの熱いバトルは見もの。

ネタバレを読む

マッド・ガンズの紹介:2014年公開。近未来を舞台に、砂漠で暮らす家族に起こった悲劇と復讐を描いた作品。監督・脚本・制作は「恋愛上手になるために」のジェイク・パルトロー。豪華な出演陣は「テイク・シェルター」のマイケル・シャノン、「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルト、「マレフィセント」のエル・ファニング、「モールス」のコディ・スミット=マクフィー。

ネタバレを読む

グシャノビンヅメの紹介:百層超の階層都市に住む女子高生ルキノが乗り込んだ大型高速エレベーター”移動機筒”が事故により停止、護送中の囚人により瞬く間に崩壊、”愚者の瓶詰”に成り果てる…という2003年製作のSF・ホラー。監督/脚本は「血まみれスケバンチェーンソー」「少女椿」で知られる山口洋輝。撮影当時22歳の現役大学生で本作が劇場デビュー作。自主制作作品「深夜臓器」で第2回インディーズムービーフェスティバルのグランプリを受賞したことから助力を得て、劇場公開用インディーズ作品として製作された。特殊メイクは「ナルニア国物語」「エイリアンVSプレデター」などで知られるAKIHITO。美術は宮下忠也、音楽は岡田修、no.9、サカタマコトなど。

ネタバレを読む

インフェクション/感染の紹介:2014年制作のアメリカ映画。生物兵器によって感染が広がる世界を舞台に、3組の男女の運命を描いている。フランク・ランジェラ、ジョシュ・ハートネットなど実力派が出演した作品。原題はPARTS PER BILLION。

ネタバレを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年)の紹介:2017年に公開されたアメリカ映画。1980年代に刊行され、その後の数多くのSF作品に多大な影響を与えた日本の漫画家・士郎正宗の『攻殻機動隊』の初の実写映画化作品。1995年にアニメ映画として製作された押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』にも大きな影響を受けている。監督はイギリス出身で『スノーホワイト』でハリウッドに進出したルパート・サンダース。主人公・公安9課の「少佐」役を『アベンジャーズ』で人気となったスカーレット・ヨハンソン、その上司役をビートたけしが務めている。メインキャラクターの日本語吹き替えには、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』やテレビアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』と同じ声優が起用されている。

ネタバレを読む

デイブレイカーの紹介:2009年公開のSFホラー。人口のほとんどがヴァンパイアとなった近未来で、彼らに立ち向かう人間達と協力するヴァンパイアの姿を描いた作品。監督・脚本は「プリデスティネーション」のスピエリッグ兄弟。出演は「ガタカ」のイーサン・ホーク、「プラトーン」のウィレム・デフォー、「マウス・オブ・マッドネス」のサム・ニールなど。

ネタバレを読む

アンドリューNDR114の紹介:1999年公開のSFドラマ。近未来を舞台に、感情をもったロボットが人間を愛し憧れ、人間へと近づきたいと挑戦する姿を描いた感動作品。アイザック・アシモフの小説「バイセンテニアル・マン」が原作。監督は「ホーム・アローン」のクリス・コロンバス。制作には「ネバーエンディング・ストーリー」のウォルフガング・ペーターゼンが参加。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。撮影は「マスク・オブ・ゾロ」のフィル・メヒュー。出演は「いまを生きる」のロビン・ウィリアムズや「ジュラシック・パーク」のサム・ニールなど。

ネタバレを読む

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-の紹介:全世界で1,900万部を突破し、テレビアニメ化もされた川原礫のライトノベル『ソードアート・オンライン』の2017年に公開された完全新作劇場作品。2024年という近未来を舞台に、世界初のバーチャルMMO(大規模多人数同時参加型オンライン)RPG「ソードアート・オンライン」に数多くの若者たちが囚われた事件を解決した主人公・キリト=桐ヶ谷和人が、現実世界で新たなバーチャルゲームを巡る陰謀と対決する物語で、2度に渡って放送されたテレピアニメ版に続くストーリーである。

ネタバレを読む

13Fの紹介:1999年公開。コンピューターソフト開発者が仮想世界を行き来し、現実と混乱していく姿を描いた作品。制作には「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒが参加。音楽は「デイ・アフター・トゥモロー」のハラルド・クローサー。出演は「最終絶叫計画4」のクレイグ・ビアーコや「セレブリティ」のグレッチェン・モル、「24 -TWENTY FOUR-」のデニス・へイスバートら。

ネタバレを読む

ねむれ思い子 空のしとねにの紹介:2014年製作の日本アニメーション映画。新鋭・栗栖直也が7年の歳月をかけ、ほぼ一人で制作した3DCGアニメ。SFサスペンスだがホラーのシーンもあり。幼い頃、事故で両親を失った織音はある事件で警察に追われる身となっていた。突然現れた謎の組織の導きで織音は実験用宇宙ステーションを訪れるが、そこに現れたのは死んだはずの母だった…。

ネタバレを読む

ハプニングの紹介:アメリカで実際にあった怪現象”ミツバチ失踪事件”をベースに、もしそれが人間に起ったら?という恐怖を描いた2008年公開のアメリカのミステリー・SF・パニック映画。製作/製作総指揮/監督/脚本は「シックスセンス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン。音楽は「ダークナイト」「ヴィレッジ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。主演は「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のマーク・ウォールバーグ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。