「近未来」映画一覧(5ページ目)

ゴーストバスターズ(2016年)の紹介:1984年に公開された同名のオカルトコメディ映画のリブート作。本来はオリジナルのキャストを再結集した続編の予定だったが、脚本の遅れなどで製作が伸びているうちに主要メンバーの一人、ハロルド・ライミスが死去したことによって続編としての製作はキャンセルされ、メンバーを一新した完全新作として製作された。オリジナルを監督したアイヴァン・ライトマンは製作にまわり、俳優としても活躍しているポール・フェイグが新たにメガホンをとった。また、オリジナル版に出演したダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、シガーニー・ウィーバーなどもカメオ出演している。日本語版では、主要4人の女性キャストをお笑いタレントの友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代が担当していることでも話題となった。

ネタバレを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:地球とは違う星、オネアミス王国のお話。王国には王立の宇宙軍が存在しており、「人類初の有人人工衛星」を打ち上げる計画があった。その計画に名乗りを上げたのが、これまでお気楽な人生を送っていたシロツグであった。「エヴァンゲリオン」で有名なガイナックス初の長編アニメ映画で手描きでリアルな描写を実現している。

ネタバレを読む

秘密 THE TOP SECRETの紹介:2016年8月6日公開の日本映画。清水玲子の人気コミックを実写化。死者の脳に残された過去の記憶を映像化できるスキャナーを駆使する警察の捜査メンバーが、謎に満ちた猟奇事件の真相を追う。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『グラスホッパー』などの生田斗真、『ストレイヤーズ・クロニクル』などの岡田将生をはじめ、栗山千明、大森南朋、松坂桃李ら豪華な顔ぶれが揃う。二転三転する展開はもちろん、俳優たちが繰り出す妙演にも注目。

ネタバレを読む

アクセル・ワールドINFINITE∞BURSTの紹介:電撃文庫の川原礫の人気ライトノベルを原作に、2012年に放送されたテレビアニメ「アクセル・ワールド」の完全新作劇場版。ネットワークによって、仮想世界にフルダイブすることが可能となった2040年代の東京を舞台に、いじめられっ子の中学生・有田春雪が、憧れの上級生・黒雪姫によって「加速世界(アクセル・ワールド)」に導かれ、数々の敵や仲間との出会いを通じて成長していく物語であり、数多くのファンに支持されている。本作は原作者本人によるオリジナルストーリーで、テレビシリーズには未登場のキャラクターたちも登場する。

ネタバレを読む

カリキュレーターの紹介:2014年製作のロシア映画。「オーガストウォーズ」のフョードル・ボンダルチュク製作のSF映画。未知の惑星を舞台に、生きて通り抜けた者のいない沼を渡り、“幸福の島”を目指す囚人たちを待つ運命とは。出演は「エスケープ 逃亡者」のイェフゲニー・ミロノフ。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

ネタバレを読む

Mr.インクレディブルの紹介:ピクサーが製作し、ディズニーが配給した2004年のCGアニメーション作品。『アイアン・ジャイアント』『レミーのおいしいレストラン』で監督を務めたブラッド・バードが監督・脚本を担当した。それまでオモチャや昆虫などを主人公にしてきたピクサー社が、はじめて人間のキャラクターを主役にした作品でもある。スーパーヒーローを題材に、ヒーローと社会の関わり合いといった社会的な問題に家族の絆という普遍的なテーマを絡め、子供から大人まで幅広く楽しめる娯楽作としてまとまっている。2004年度のアカデミー長編アニメ映画賞や、アニー賞の全10部門、第31回のサターン賞アニメ映画賞など各種の栄冠に輝き、興行的にも大成功を記録した。パート2の企画も進行中で2017年の公開が予定されている。

ネタバレを読む

メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮の紹介:2015年公開のアメリカ映画。毎日内部の構造が変わる巨大迷路からの脱出を図る者たちの姿を描き、世界中で大ヒットを記録したサバイバルアクションの続編。迷路から外の世界へ脱出したトーマスたちだったが、待ち受けていたのは地球スケールの第2ステージ。彼らはあちこちに仕掛けられたトラップを切り抜けながら、新たな謎解きに挑む。

ネタバレを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションの紹介:2015年11月公開のアメリカ映画。近未来の地球を舞台に、戦うことを余儀なくされた少年少女を待ち受ける過酷な運命を描く、ティーンに人気のスーザン・コリンズの小説をジェニファー・ローレンス主演で映画化したサスペンス・アクション3部作の完結編の後編。独裁国家パネムに対する反政府勢力のリーダーとなったカットニスにさらなる試練が降りかかる。

ネタバレを読む

デジャヴの紹介:2006年のアメリカ映画で、監督は『トップガン』『クリムゾン・タイド』などのトニー・スコット。プロデューサーは『アルマゲドン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多くのヒット作を生み出したことでも知られるジェリー・ブラッカイマー。初めて体験することなのに、何故か記憶があるという現象「デジャヴ(既視感)」をテーマで、細部のディティールを緻密に積み上げられた物語で観る者の興味を最後まで惹きつける作品となっている。

ネタバレを読む

テラフォーマーズの紹介:2016年4月29日公開の日本映画。週刊ヤングジャンプに連載の人気コミックを、鬼才・三池崇史監督が映画化したSFアクション。500年前に火星に放たれた生物の駆除というミッションを課せられた15人の日本人たちが、火星で体験する恐るべき出来事の数々がつづられる。異形の生物たちとバトルを繰り広げる隊員を、伊藤英明や山田孝之らが演じる。

ネタバレを読む

ブレードランナーの紹介:宇宙への移住が進み人間そっくりのアンドロイドが実用化された近未来の世界で、反乱を起こしたアンドロイドと捜査官ブレードランナーの戦いを描く。原作はフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」。1982年米国。監督:リドリー・スコット。試写版では難解で暗い物語が不評だったため、劇場公開時には一般受けするようにハリソン・フォードによるナレーションとハッピーエンドを示唆するシーンが最後に付け加えられた。しかしこれは監督にとっては不本意な変更であり、10年後の1992年に本来の作品に戻すための再編集を行ったディレクターズ・カット最終版が制作された。2018年公開予定で続編の「ブレードランナー2」の制作が決定しており、ハリソン・フォードも出演を予定している。

ネタバレを読む

スノーピアサーの紹介:氷河期となった地球で、永遠に走り続けるモンスター列車”スノーピアサー”を舞台に、生き残った人類の闘いを描く、2013年に公開された韓/米/仏合作のSF映画です。原作はジャック・ロブ、バンジャマン・ルグラン、ジャン=マルク・ロシェットによるグラフィックノベル「Le Transperceneige」。監督/原案/脚本は「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」のポン・ジュノ。製作には「オールド・ボーイ」「渇き」のパク・チャヌクが参加しています。「サスペリア」のアリダ・ヴァリを髣髴とさせる、メイソン役ティルダ・スゥイントンをはじめ、個性的な俳優陣と圧倒的な世界観を堪能していただきたい1本です。

ネタバレを読む

GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊の紹介:第3次、第4次世界大戦後の2029年の日本で、電脳や義体の普及により複雑化した犯罪を取り締まる超法規的極秘機関公安9課(通称:攻殻機動隊)の戦いを描く。原作は士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」。1995年公開。監督:押井守、音楽:川井憲次。公開時は日本よりも海外で高い評価を受け、ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」やリュック・ベッソンの「フィフス・エレメント」などにも影響を与えた。現在ハリウッドでスカーレット・ヨハンソンが草薙素子を演じる実写版映画が制作されている。(2017年公開予定)

ネタバレを読む

イノセンスの紹介:1995年に公開された「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」の続編。少佐こと草薙素子の失踪から3年後、失意のうちに日々を過ごすバトーはガイノイド(女性型アンドロイド)が人間を殺害した事件の捜査に当たることになる。2004年公開。監督:押井守、音楽:川井憲次。第25回日本SF大賞受賞。第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された。当時最先端のアニメーション技術を駆使して作られた圧倒的な映像美と膨大な情報量を有する作品である。登場人物の台詞は古典からの引用が多くやや難解。また当初は「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊2」のタイトルで制作されていたがジブリの鈴木敏夫プロデューサーの強い提案により「イノセンス」となったため、前作を知らずに観た人には用語や人物相関が理解しづらいものとなった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。