「近未来」映画一覧(9ページ目)

イーオン・フラックスの紹介:2005年制作のアメリカ映画。シャーリーズ・セロン主演のSF映画で、短編アニメ映画、コミックス化されるなどカルト的人気を誇る。アニメ版では主人公は毎回死ぬ構成を取っているが、映画では設定が変更されている。

ネタバレを読む

プラチナデータの紹介:2013年制作の日本映画。東野圭吾の同作品が原作。DNA捜査により犯罪検挙率100%となった近未来の日本を舞台に、DNA情報「プラチナデータ」により犯罪に巻き込まれた科学者と、それを追う刑事の攻防を描いた作品。

ネタバレを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の紹介:1995年よりテレビで放映され、社会現象まで巻き起こったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の、新劇場版全4部作の第一作目。TV版の1~6話のストーリーを踏襲しつつ再構成されているが、作画は完全新作となっている。14歳の少年・シンジが人造人間エヴァンゲリオンのパイロットに任命され、様々な思いを抱えつつも、”使徒”と呼ばれる謎の巨大生命体に立ち向かっていく姿を描いた作品。

ネタバレを読む

アイアンマン3の紹介:マーベル・コミックの代表作を実写化した、アイアンマンシリーズの第3弾。2010年公開映画「アイアンマン2」の続編であり、映画「アベンジャーズ」の1年後という設定。史上最悪のテロリスト”マンダリン”と戦うべく立ち上がった、億万長者にして天才発明家のトニー。彼のアイアンマンとしての最後の戦いが今始まろうとしていた・・・。

ネタバレを読む

マトリックス レボリューションズの紹介:2003年のアメリカ映画。『マトリックス』3部作の完結編。前作のように哲学とアクションを組み合わせたこの映画は、前作『マトリックス リローデッド』で提起された疑問を結論づけようとしている。

ネタバレを読む

風の谷のナウシカの紹介:1984年公開の日本長編アニメーション映画。宮崎駿監督の、長編アニメーション映画第2作である。産業文明を崩壊させた最終戦争「火の七日間」から千年後の世界を描く、近未来SFファンタジー。

ネタバレを読む

リアルスティールの紹介:人間のボクシングが廃れ、より迫力のあるロボットボクシングが主流になった時代設定で、元ボクサーが、息子と共にロボットボクシングの頂点に挑みながら、父子の絆を取り戻していくアクション・エンターテイメントです。

ネタバレを読む

時計じかけのオレンジの紹介:1971年製作のアメリカ映画。スタンリーキューブリック監督が映画化した作品で有名だが、原作者にはとても気に入られていない作品(小説版の完結版の最後の章を映画版に取り入れていないため、ラストが変わってしまうから)。スタイリッシュで奇をてらったファッションなどにも注目。

ネタバレを読む

トム・クルーズ主演の本格SF大作です。「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督とプロダクション・デザイナーが、「猿の惑星:創世記」のプロデューサーがスタッフに名を連ねています。高度1000mにそびえ立つスカイタワーをはじめとした独特なビジュアルデザインが話題となりました。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。