「オカルト/心霊」映画一覧

ホーンテッド・キャンパスの紹介:2016年公開の日本映画。幽霊が見えてしまう体質のヘタレな大学生が、日々起きる怪奇現象や恋を通して成長していく姿を描く、櫛木理宇原作のミステリー小説を映画化。大好きな後輩こよみのためにオカルト研究会に入部した大学生の八神が呪われたキャンパスの謎に挑む。

ネタバレを読む

デイブレイカーの紹介:2009年公開のSFホラー。人口のほとんどがヴァンパイアとなった近未来で、彼らに立ち向かう人間達と協力するヴァンパイアの姿を描いた作品。監督・脚本は「プリデスティネーション」のスピエリッグ兄弟。出演は「ガタカ」のイーサン・ホーク、「プラトーン」のウィレム・デフォー、「マウス・オブ・マッドネス」のサム・ニールなど。

ネタバレを読む

30デイズ・ナイトの紹介:2007年公開のアメリカ映画。極夜の町を襲った悲劇を描いた作品。スティーヴ・ナイルズの同名コミックが原作。監督は「エクリプス/トワイライト・サーガ」のデヴィッド・スレイド。脚本には「コラテラル」のスチュアート・ビーティーが参加。制作は「死霊のはらわた」シリーズのサム・ライミと「ゴースト・ハウス」のロブ・タパート。主演は「ブラックホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネットと「悪魔の棲む家」のメリッサ・ジョージ。

ネタバレを読む

ギフトの紹介:アメリカの片田舎で暮らす子持ちの未亡人アニーは、運命や悩み事を見る霊能者としても頼られる存在だったが、その能力で行方不明の資産家の娘の遺体を発見した事により事件に巻き込まれていく、2000年米制作のサスペンス・スリラー。監督は「死霊のはらわた」「スパイダーマン」シリーズで知られるサム・ライミ。脚本は「ファミリー/再会のとき」のビリー・ボブ・ソーントンとトム・エッパーソン。主演は「エリザベス」のケイト・ブランシェット。

ネタバレを読む

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリートの紹介:ハロウィンの乱痴気騒ぎで盛り上がるオハイオの田舎町で起こる4つの恐ろしい出来事を描いた、2009年のカナダ/米合作のダーク・ファンタジー・ホラー。製作は「X-MEN」「Dr.HOUSE」シリーズで知られるブライアン・シンガー。本作では監督/製作総指揮/脚本をつとめたマイケル・ドハティ監督の短編アニメ「Season’s Greetings」をベースとしていて、その主人公であった麻袋を被った子供サムが愛くるしくも恐ろしいアイコンとなっている。

ネタバレを読む

イベント・ホライゾンの紹介:西暦2047年。7年間行方不明となっていた最新鋭の重力推進エンジン搭載の超深宇宙探査船イベント・ホライゾン号が海王星付近に突如帰還し、その乗組員救助と調査のため派遣されたルイス&クラーク号のクルーたちが遭遇する恐怖を描いた1997年公開のアメリカのSF・ホラー映画。監督は「バイオハザード」「パンドラム」のポール・W・S・アンダーソン。視覚効果スーパーバイザーは「ブレードランナー」「スター・トレック」(1979年)などで知られ、1980年にはSFファンタジー&ホラー映画協会最優秀特殊効果賞に輝いたリチャード・ユーリチッヒ。

ネタバレを読む

雨の午後の降霊祭の紹介:マーク・マクシェーンの同名原作の映画化作品で、霊媒師の妻が自分の能力を世に知らしめたいがために策略した誘拐計画を、その助手を務めていた夫は阻止できず、ついに実行に移してしまうが…という、1964年制作のイギリスのサスペンス映画。監督/脚本は「紳士同盟」「チャーリー」のブライアン・フォーブス。共同製作はビリー役を務めたリチャード・アッテンボロー。音楽は「冬のライオン」のジョン・バリー。1999年にTVM「降霊KOUREI」(黒沢清監督)としてリメイクされたモノクロ作品である。

ネタバレを読む

30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズの紹介:2010年のホラー映画。ヴァンパイアと人間達との壮絶な戦いを描いた作品。30デイズ・ナイトの続編。スティーヴ・ナイルズのコミックが原作。監督は「JUKAI -樹海-」で脚本を務めたベン・ケタイ。出演は「パーフェクト・ゲッタウェイ」のキーリー・サンチェスや「LOST」のハロルド・ペリノーなど。

ネタバレを読む

ラスト・シフト/最期の夜勤の紹介:2014年製作のアメリカ映画。新人の女性警官が初めての勤務をするのは、閉鎖が決まった警察署。しかしその警察署には1年前に凄惨な殺人事件があり、以後怪奇現象が起きるのを彼女は知らなかった…。

ネタバレを読む

JUKAI -樹海-の紹介:2016年製作のアメリカ映画。富士山麓の樹海に入ったアメリカ人女性が、自殺者の怨念うずまく森で体験する恐怖を描くホラー。日本で教師として働く双子の妹を捜すために青木ヶ原樹海を訪れたヒロインが、呪いの連鎖にとらわれていく姿を映す。小澤征悦が日本人ガイドを演じる。

ネタバレを読む

日本のこわい夜の紹介:2004年公開の「感染」「予言」をはじめとしたJホラーブームに合わせ、TBS系列「水曜プレミア」の特番として制作、放映されたホラー・オムニバス作品。プロデューサーは一瀬隆重、監督は「ほんとにあった!呪いのビデオ」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋、「予言」「おろち」の鶴田法男、「呪怨」「ラビット・ホラー3D」の清水崇、「感染」「シャッター」の落合正幸。物語をけん引する”かたりべ”役を個性派女優白石加代子が演じている。

ネタバレを読む

アンフレンデッドの紹介:2014年製作のアメリカ映画。全編、PC画面上のSNSのみで展開する新感覚ホラー。「パラノーマル・アクティビティ」などのプロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作。自殺した少女の友人たちが、その1年後、PCでのチャット中に次々と謎の死を遂げてゆく。出演は「呪い襲い殺す」のシェリー・ヘニング、「インサイダー」のレニー・オルステッド。

ネタバレを読む

悪魔を憐れむ歌の紹介:宿主を次々と乗り換える邪悪な悪霊アザゼルと完全無欠な正義漢である刑事の戦いを描いた1998年公開のオカルト・サスペンス映画。監督は「真実の行方」「オーロラの彼方へ」のグレゴリー・ホブリット。脚本は「運命の逆転」「アンドリューNDR114」のニコラス・カザン。主演は「トレーニング・デイ」「グローリー」などで数々の賞を獲得しているデンゼル・ワシントン。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。