「オカルト/心霊」映画一覧

呪怨館の紹介:2014年製作のアメリカ映画。『THE JUON/呪怨』のプロデューサー、スティーヴン・シュナイダーが製作を手掛けたホラー。人里離れた一軒家に引っ越して来たアッシャー家。エヴァンは隣家のサマンサと仲良くなるが、サマンサが家の屋根裏にある“電子音声現象ボックス”を動かし…。

ネタバレを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎の紹介:遠い昔、魔女狩りが行われていた町に住む死者と話せる少年が魔女の災いを阻止する役目を言い渡され、町を救うために立ち上がる。
3Dストップモーションで制作されたアメリカのホラー・ファンタジーアニメ。2013年のアカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネート、アニー賞では2部門を受賞した。

ネタバレを読む

ドライブ・アングリー3Dの紹介:2011年公開のアメリカ映画。カルト教団に愛する娘を殺された父親が、復讐する姿を描いた作品。ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクナーなど豪華な顔ぶれが出演。

ネタバレを読む

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄の紹介:2015年製作のカナダ映画。ハロウィンをテーマにした、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・ホラー。息子の失踪を機に、超常現象の恐怖と戦い、ハロウィンにまつわる恐ろしい過去を探る大学教授の姿を描く。主人公の妻を「プリズン・ブレイク」で人気となったサラ・ウェイン・キャリーズが演じる。

ネタバレを読む

ゴースト・ハウスの紹介:ノースダコタの田舎町の古家で、農業を営みつつ家族関係の修復を図ろうと越してきたソロモン一家。けれど幼い長男ベンは早々に不気味な存在に気づくが話せず、10代の長女ジェスは両親に訴えるが聞き入れられず…という2007年製作のホラー映画。製作は「死霊のはらわた」「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ他。監督は「the EYE」シリーズのパン・ブラザーズで本作がハリウッドデビュー作となった。主演は「トワイライト」シリーズ、「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート。

ネタバレを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーンの紹介:1996年公開のアメリカ映画。凶悪な犯罪者が牧師一家を人質にし、逃亡した先の酒場で遭遇する恐怖を描いている。フロム・ダスク・ティル・ドーンシリーズの1作目。ロバート・ロドリゲスが監督し、クエンティン・タランティーノが脚本を務めた。主演はジョージ・クルーニーで贈るアクション・ホラー。タイトルのFrom Dusk Till Dawnは夕方から明け方までを意味する。

ネタバレを読む

心霊写真(2004年タイ)の紹介:女子大生と付き合うカメラマンが、友人の結婚式の帰り道、女性を撥ねた事から心霊写真に怯え、やがて罪深い過去が明らかにされると言う2004年製作のタイのオカルト・ホラー映画。監督/脚本はパークプム・ウォンプムと「愛しのゴースト」のバンジョン・ピサヤタナクーン。2008年には落合正幸監督の「シャッター」としてリメイクされた。

ネタバレを読む

ラスト・ウィッチ・ハンターの紹介:2015年製作のアメリカ映画。ヴィン・ディーゼルが最強の魔女ハンターを演じるSFファンタジー。呪いにかけられ、800年もの間、戦い続けるスゴ腕のハンターと宿敵の魔女との壮絶な戦いが繰り広げられる。主人公の相棒をイライジャ・ウッドとマイケル・ケインが演じる。

ネタバレを読む

モールスの紹介:2010年公開のアメリカ映画。猟奇殺人事件の起こる町で、孤独な少年と常に裸足の謎めいた少女との、切なくも美しい恋の物語を描いている。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説が原作。スウェーデン映画の「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド版。監督・脚本はマット・リーヴスが務め、コディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ゆめのかよいじの紹介:2013年公開の日本映画。父を亡くし、東京から田舎に引っ越してきた少女が、時を越えてさまよう少女との交流を通して再生していく姿を描いている。大野安之の漫画が原作。監督・脚本は五藤利弘が務め、石橋杏奈、竹富聖花のダブル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ホーンズ 容疑者と告白の角の紹介:2013年制作のファンタジー・サスペンス映画。出会った人に真実を語らせる角を生やした青年が、恋人を殺害した犯人を探す様を描いている。スティーヴン・キングの息子で作家のジョー・ヒルの小説が原作。アレクサンドル・アジャがメガホンをとり、ダニエル・ラドクリフ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

屍憶 -SHIOKU-の紹介:2015年製作の日本&台湾合作映画。『呪怨』 『リング』のプロデューサーが放つ、日台合作ホラー最新作! 恋人との結婚を控えていたTVプロデューサー・ハウは“冥婚”といわれる使者との婚儀の風習を取材していた。ある日、奇妙な赤い封筒を拾った彼はその後、悪夢にうなされるようになり…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。