「オカルト/心霊」映画一覧

アマゾネス・プリンセスの紹介:2011年製作のカナダ映画。ダークライジング部隊と異界からやってきた悪魔との死闘を描いた作品。ブリジット・キングスレー主演で贈るSFアクション。ダーク・ワールド(2007年)の続編で、「DARK RISING」シリーズの2作目。

ネタバレを読む

キャンディマンの紹介:キャンディマンの都市伝説を調査していた大学院生が晒される恐怖を描いた1992年のアメリカのホラー映画。クライヴ・バーカーのホラー小説「血の本」収録の短編「禁じられた場所」の映画化作品で自身が製作総指揮を務めている。監督/脚本は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。物悲しい音楽は「クンドゥン」のフィリップ・グラス。ヒロインは「サイドウェイ」のヴァージニア・マドセン。

ネタバレを読む

Virginia/ヴァージニアの紹介:2011年公開のアメリカ映画。殺人事件に熱中する三流作家が、現実と夢の間を行き来する様を描いている。フランシス・フォード・コッポラが監督・脚本・製作を務め、ヴァル・キルマーやエル・ファニングら豪華出演者で贈るホラーファンタジー。

ネタバレを読む

ドント・ノック・トワイスの紹介:2016年製作のイギリス映画。『ザ・マシーン』のカラドッグ・ジェームズ監督とスタッフが手掛けたショッキングスリラー。「自らの喉を掻き切り死亡した老婆が襲ってくる」という都市伝説の残る古い屋敷。女子大生のクロエはある日、屋敷のドアを2回ノックするが、返答はなく…。

ネタバレを読む

図鑑に載ってない虫の紹介:2007年公開の日本映画。ドラマ「時効警察」でヒットを放った、三木聡監督・脚本による脱力系コメディ。伊勢谷友介、松尾スズキ、菊地凛子ら実力派俳優たちが、ユニークな人物に扮して怪演を披露。

ネタバレを読む

サリー 死霊と戯れる少女の紹介:2012年製作のアメリカ映画。ヨーロッパ史上最も衝撃的だった事件、「ポンテクラフトの黒い修道僧」を基に作られた作品。イギリスのヨークシャーに引っ越した家で、少女ら一家が襲われる恐怖を描いている。

ネタバレを読む

THE JOYUREI~女優霊~の紹介:2010年製作のアメリカ映画。日本映画『女優霊』のハリウッドリメイク版だが、原作の日本映画版とは異なるストーリー。謎の幻覚に悩まされている映画監督・マーカスは、それをヒントに映画の構想を練っていた。そんな中、新作のオファーが舞い込み、彼は撮影の舞台であるトランシルバニア高原に向かうが…。

ネタバレを読む

デッド・フレンド・リクエストの紹介:2017年2月公開のドイツ映画。ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のアリシア・デブナム=ケアリー主演のホラー。充実した大学生活を送るローラは、孤独なクラスメイト、マリーナに同情したことがきっかけで呪われてしまう。そして、その呪いはSNSの“友達”に広がっていく。『未体験ゾーンの映画たち 2017』で上映。

ネタバレを読む

アイ・フランケンシュタインの紹介:2014年制作。現代まで生き残った人造人間のフランケンシュタインが、天使と悪魔との戦いに関わる姿を描いている。ケヴィン・グレイヴォーのグラフィック・ノベルが原作。スチュアート・ビーティー監督・脚本、アーロン・エッカート主演で贈る作品。

ネタバレを読む

バチカン・テープの紹介:2015年製作のアメリカ映画。バチカンに保管されている悪魔祓いに関する秘密文書から着想を得たスリラー。ある出来事をきっかけに、25歳の女性アンジェラの周りで恐ろしい事件が続発。それが、彼女に取り憑いた悪魔の仕業と知ったバチカンのブルン枢機卿は、悪魔祓いに挑むが…。

ネタバレを読む

スガラムルディの魔女の紹介:2013年公開のスペイン映画。強盗計画の逃亡中に、魔女伝説で有名な村に迷い込んだ強盗団の脱出劇を描いた作品。バスク地方のスガラムルディに残る魔女伝説をテーマにしたホラー・コメディ。

ネタバレを読む

ブレアウィッチ2 刻印バージョンの紹介:2000年製作のアメリカ映画。大ヒットを記録した映画「ブレア・ウィチ・プロジェクト」の続編。舞台となったバーキッツヴェルには、世界中から観光客が訪れていた。地元で生まれ育ったジェフはその客を当て込み、“ブレア・ウィッチ・ハント”ツアーを企画するのだが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。